明日私は誰かのカノジョ まとめ

この記事ではサイコミで連載中の漫画、をの ひなおさんの「明日、私は誰かのカノジョ」のネタバレをまとめてお届けします!

1話から最終回まで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

明日、私は誰かのカノジョ1表紙

漫画「明日、私は誰かのカノジョ」を
お得に読むならこちらがオススメ!!

初回登録特典で500円分のポイント

100冊分に使える40%OFFクーポンがもらえる



 

目次

「明日、私は誰かのカノジョ」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

明日、私は誰かのカノジョ1巻【 雪 】

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話

 

明日、私は誰かのカノジョ2巻【 リナ 】

12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話 19話
20話 21話 22話 23話
24話 25話 26話

 

明日、私は誰かのカノジョ3巻【 アヤナ 】

 

27話 28話 29話 30話
31話 32話 33話 34話
35話 36話 37話 38話
39話

明日、私は誰かのカノジョ4巻【 萌 】

 

40話 41話 42話 43話
44話 45話 46話 47話
48話 49話 50話 51話
52話 53話

明日、私は誰かのカノジョ5巻【 ゆあ 】

 

54話 55話 56話 57話
58話 59話 60話 61話
62話 63話 64話 65話
66話

明日、私は誰かのカノジョ6巻【 萌・ゆあ 】

 

67話 68話 69話 70話
71話 72話 73話 74話
75話 76話 77話 78話
79話

明日、私は誰かのカノジョ7巻【 萌・ゆあ 】

80話 81話 82話 83話
84話 85話 86話 87話
88話 89話 90話 91話
92話

明日、私は誰かのカノジョ8巻【 萌 】

93話 94話 95話 96話
97話 98話 99話 100話
101話 102話 103話 104話

明日、私は誰かのカノジョ9巻【 留奈 】

105話 106話 107話 108話
109話 110話 111話 112話
113話 114話 115話 116話

明日、私は誰かのカノジョ10巻【 留奈 】

117話 118話 119話 120話
121話 122話 123話 124話
125話 126話 127話 128話

 

明日、私は誰かのカノジョ11巻【 留奈 】収録予定

129話 130話 131話 132話
133話 134話 135話 136話
137話 138話 189話

最新話が発表され次第、更新します!

「明日、私は誰かのカノジョ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

いつでも安く読みたい

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね


お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!

あわせて読みたい



「明日、私は誰かのカノジョ」1話から最新までのネタバレ

1話ネタバレ

学校の授業で先生から、将来の夢について作文を書くように言われた雪の顔は右半分が包帯に覆われていました。

先生に言われ、作文を書こうとする雪ですが、自分は小さいころから将来どうありたいかなど望みがなく、教師受けがよさそうな内容を書き綴ります。


>>ネタバレの続きはこちらから

2話ネタバレ

昔からずっと寂しい思いをしており、心にぽっかりと大きな穴があいていた雪。

大人になったらその穴は埋まり、寂しくなくなっているのではと期待していましたが、18歳になった今でも状況は変わらず、唯一自分を裏切らないのはお金だと無表情で報酬のお金を見つめます。


>>ネタバレの続きはこちらから

3話ネタバレ

落ち合った二人。

1日貸切したことに驚いたと伝える雪に対し、1日のレンタル代を払うのが手一杯でご飯などよいお店に連れて行くことができないことを申し訳なさそうに伝える壮太。


>>ネタバレの続きはこちらから

4話ネタバレ

ラブホテルが連なる通りに来た雪は戸惑います。

そんな雪をよそに夜はきちんとしたお店を予約したと伝える壮太。

スマホを確認しながら、お店の場所の確認をしていると自分たちがホテル街にいることに気づきます。


>>ネタバレの続きはこちらから

5話ネタバレ

壮太からもらったストラップを眺めながら、先日の壮太とのデートを思い出す雪。

できるだけ自分が雪をレンタルし、雪が仕事を辞めても大丈夫なように支援するという壮太の申し出に対し、雪はその申し出は受けないと率直に伝えます。


>>ネタバレの続きはこちらから

6話ネタバレ

1泊旅行に行くべく、新幹線の入り口で待っている雪の元へ息を切らせながら壮太がやってきます。

新幹線に乗り込む二人。


>>ネタバレの続きはこちらから

7話ネタバレ

宿に着いた二人を出迎えてくれたのは、宿の女将でした。

受付へ案内された壮太は、自分の名前を記入し、その横に雪の名前を書きます。


>>ネタバレの続きはこちらから

8話ネタバレ

ぴったりと並べられている布団を見て、意識しないように別の話を切り出す壮太。

壮太はこの部屋の窓から見える景色が綺麗だと窓を開けますが、あいにく露天風呂で見えた景色とは異なり、真っ暗でなにも見えません。


>>ネタバレの続きはこちらから

9話ネタバレ

アルバムを見ている雪の後ろ姿に、声をかける壮太。

ほんの少しだけ未来の二人といった雰囲気。


>>ネタバレの続きはこちらから

10話ネタバレ

壮太は一時間だけ席を外すから、雪にもう一度考えて欲しいと頼みました。
雪は壮太を真っすぐ見つめ、少しの沈黙のあとにわかったと答え、壮太からの提案を承諾しました。
そして壮太が差し出したチケットとレンタル彼女2日分のお金の入った封筒を受け取りました。


>>ネタバレの続きはこちらから

11話ネタバレ

前回雪とカフェにいた時に声をかけてきた二人組の男に、寂しさから一人でついて行ったリナ。

男たちはすごく気持ちよかったとかリナはセ◯クスが上手いとかかなり満足した様子でご機嫌でした。


>>ネタバレの続きはこちらから

12話ネタバレ

かわいい服を着たリナが、男性に甘えるように腕を絡めて笑顔を見せています。

内心では、男を思い通りにすることなど簡単なことだと冷めた考えを持っています。


>>ネタバレの続きはこちらから

13話ネタバレ

駅前で言葉を交わすリナと飯田の姿がありました。

2人が交わしている会話の内容は、今日も良かったというような、体の関係を持ったことをうかがわせるものでした。


>>ネタバレの続きはこちらから

14話ネタバレ

雪は飯田にはじめましてと挨拶をします。

飯田は、リナがいつも雪の話ばかりしていることや、雪を1番の友達だと話しているということを明かしました。


>>ネタバレの続きはこちらから

15話ネタバレ

リナと飯田との食事会の後、1人電車に乗っている雪。

スマホに1通のメッセージが届きます。

差出人は飯田です。


>>ネタバレの続きはこちらから

16話ネタバレ

大学での講義中、リナは雪のスマホの画面に表示されていたメールのことが気になっています。

雪の働くレンタル彼女の店からの予約確認メールでしたが、リナは雪がレンタル彼女として働いていることを知らされていないため、意味がわからず混乱しています。


>>ネタバレの続きはこちらから

17話ネタバレ

雄大とイルミネーションを見て過ごしたリナ。

久々にデートらしい時間を過ごせたと満足している様子でした。


>>ネタバレの続きはこちらから

18話ネタバレ

行きつけの美容室で髪を整えてもらうリナ。

担当してくれている女性美容師がリナの髪を櫛でとかしながら、今日も可愛いね、人形みたいねだとリナを褒めます。


>>ネタバレの続きはこちらから

19話ネタバレ

昨日リナが雄大に電話をした時、雄大はサークルの飲み会に参加していて騒がしい様子がリナに伝わりました。

女の子の声も聞こえてきて、リナは雄大か自分のいないところで楽しんでいることを知り…。


>>ネタバレの続きはこちらから


20話ネタバレ

そんな自分に引いた?と問いかけました。

ところが、雄大は意外な反応を示します。

どうしてそのことに引くと思ったのかと。


>>ネタバレの続きはこちらから


21話ネタバレ

サークルのメンバーは、遅いなどと言いつつもリナの登場を待っていたようで、歓迎ムードで席に座らせました。

乾杯をすると、隣にいる女子から話しかけられます。

遅れた理由は彼氏とのデートかと尋ねられました。


>>ネタバレの続きはこちらから


22話ネタバレ

リナのバースデーである13日のお店を予約した件を連絡した行き。
待ち合わせ場所で画面を見ながら、いつもだったら秒で返信が来るはずなのに既読すら付かないことに雪は少し訝しみます。


>>ネタバレの続きはこちらから


23話ネタバレ

飲み会の最中、友人たちが
雪はパパ活をしている。
気持ち悪いおじさんと手を繋いで歩いているのを目撃した。
仲間内では有名な話だ
と、雪が言われていたのを、リナは思い出していました。


>>ネタバレの続きはこちらから


24話ネタバレ

リナは、自分の大切な親友である雪が周りの人からパパ活をしているという疑惑をかけられていて、苦しい気持ちを抱えていました。

そんなリナに追いうちをかけるように、サークルのグループLINEで、口元にモザイクがかかっている雪の宣材写真の画像が送られてきましたのでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


25話ネタバレ

とてもきれいな顔立ちなのに雪はいつも萎縮しています。

なんとなく気になったリナが声をかけました。


>>ネタバレの続きはこちらから


26話ネタバレ

雄大の元にリナから会いたいというメッセージが届きました。

雄大はリナの勝手さに呆れ顔です。


>>ネタバレの続きはこちらから


27話ネタバレ

話をしたくてリナを呼び出した雪。
公園で待ち合わせをし、リナは雪を見つけ声をかけます。

するとこちらを向いた雪はいつもの綺麗で可愛らしい雪ではありません。


>>ネタバレの続きはこちらから


28話ネタバレ

リナは雄大の家で過ごしています。

雄大と食事をした後で、台所に立つリナは鼻歌を歌いながらご機嫌な様子で食器を洗っていました。

雄大から日帰りの温泉旅行を提案されたことで、ウキウキした気持ちになっていたリナ。


>>ネタバレの続きはこちらから


29話ネタバレ

あやなちゃんと呼ばれる女性とスタッフと思われる男性がミーティングをしています。

宣材写真を新しくしたことで客が増えたものの、どうやらあやなちゃんはあまり勤務態度が良くなく注意を受けている様子。


>>ネタバレの続きはこちらから


30話ネタバレ

あの子は各パーツの形と配置が最高に良いのに、デブで論外。

あの子は目の形と骨格が綺麗で髪型やメイクをいじれば劇的に垢抜ける。

すれ違う女性を、あやなは心の中で評価しています。


>>ネタバレの続きはこちらから


31話ネタバレ

雪は駅の改札前に立ち、スマホの画面を見ています。

レンタル彼女の仕事の関係で、メイクをしたいと希望する男性の情報を調べていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


32話ネタバレ

美容整形がやめられないあやなはスマホを手にしています。

いつものようにSNSで注目している整形アカウントをチェックしていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


33話ネタバレ

雪はシャワーを浴びながら、レンタル彼女の仕事でデートした時の桧山の言葉を思い出しています。

桧山は、メイクをする男性のことを気持ち悪いと言っていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


34話ネタバレ

予算が少ないと予め伝えていたにも関わらず、雪にデパートのコスメ売り場に手を引いて連れて来られた翼は顔を青ざめるほどに焦りました。

ふと試供用ミラーに映った自分の姿を見た翼。


>>ネタバレの続きはこちらから


35話ネタバレ

ある店の、光差し込む窓際のある席で、あやなはお店の掲示板のスレッドをチェックしていました。

その中に雪の書き込みがないことに気付きます。


>>ネタバレの続きはこちらから


36話ネタバレ

週末、彼氏である光晴に連れられてあやなは、光晴の友人である前田の家を訪ねました。

インターフォンを押すと、前田夫妻があやなと光晴を迎えました。
ハルカは顎のラインがないほどふくよかで、眉毛もぼさぼさ、そばかすもある容姿でした。


>>ネタバレの続きはこちらから


37話ネタバレ

不機嫌な表情を露わにしたあやながどういう意味かと尋ねましたが、その問いを光晴は額面通りに受け取りました。

ハルカは自然体で皆の癒しで、良い奥さんだと。
だからあやなにもそんな風になってほしいと答えました。


>>ネタバレの続きはこちらから


38話ネタバレ

彼氏の光晴が声をかけます。あやなのスマホにメッセージが来ていると。

あやなは顔面蒼白になります。


>>ネタバレの続きはこちらから


39話ネタバレ

あやなはため息を吐くと、先日の事務所でのやり取りを思い出しました。

事務所の人から雪の代わりに仕事を受けないかと打診されたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから


40話ネタバレ

渋谷のとあるファミレスで、翼は声を出してぼろぼろと泣いていました。

その正面にはあやなが座っています。

あやなは少し引き気味で、泣きじゃくる翼の様子を見ていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


41話ネタバレ

泣かせてしまった詫びにあやなが翼を可愛くしてあげると申し出ました。
その申し出に一瞬驚いたメイクの溶けた翼。


>>ネタバレの続きはこちらから


42話ネタバレ

語尾にハートマークがついた、懐石料理を予約した旨と店の情報、そして初デートだと思い浮かれている文面が表示されているスマートフォンの画面から始まります。

桧山からのラインを見ながら、ため息をつくあやな。


>>ネタバレの続きはこちらから


43話ネタバレ

ぐつぐつと炊かれた鍋を挟み、食事をするあやなと桧山。

桧山は、今度1泊で温泉旅行に行こうと誘います。


>>ネタバレの続きはこちらから


44話ネタバレ

雪は事務所の待合室で待ちながらスマホで美容整形のページを流し見、その中で傷跡治療のページを見つけ、スワイプする指を止める。

しばらく傷跡治療のページを無言で眺める雪。そこへ店長が「あ、そういえばさ」と雪に話しかける。


>>ネタバレの続きはこちらから


45話ネタバレ

あやなの自宅の前に、彼氏である光晴が待ち伏せしていました。

予告なく現れた光晴を前に、あやなはうろたえてしまいます。

光晴は駅前で飲んだ後、あやなを驚かせようとして突然訪れたのだということを話します。


>>ネタバレの続きはこちらから


46話ネタバレ

彩のスマホで自分以外の男性と連絡を取っていることを知る光晴。

青ざめた彩は光晴の手からスマホを急いで取り返します。


>>ネタバレの続きはこちらから


47話ネタバレ

あやなは美容整形クリニックの待合室に座り、順番を待っていました。

モニターに美肌治療の映像が映し出されているのを真剣に見つめていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


48話ネタバレ

美容整形のクリニックでばったり遭遇したあやなと雪。

思いがけない場所で、思いがけない相手と出会ったことにお互いに驚きを隠せません。


>>ネタバレの続きはこちらから


49話ネタバレ

カフェのような場所で、向かい合って座る桧山と雪。

桧山は思いつめたような表情で呼び出したことを謝罪し、雪はそれに対し控えめな笑顔で話を聞くくらいしかできないですがと答えます。


>>ネタバレの続きはこちらから


50話ネタバレ

あやなはバイト先の事務所へ、レンタル彼女のバイト代を清算しにいく。

しかし事務所ではあいにく店長が不在のため、今は清算できないとスタッフに告げられガッカリする。


>>ネタバレの続きはこちらから


51話ネタバレ

光晴との出会いを回想するあやな。

ある夜、街中で1人の男性から声をかけられました。

よかったら飲みに行かないかと誘われます。

ナンパをしてきたのは、光晴でした。


>>ネタバレの続きはこちらから


52話ネタバレ

自分の部屋で寝ていたあやな。

目を覚ますと、まずはスマホのメッセージを確認しました。

家に置いてある自分の荷物を全て処分してほしいと。


>>ネタバレの続きはこちらから


53話ネタバレ

お店を辞めなければいけなくなったあやなは、店長に言われた言葉を思い出します。
店長の遠回しな言い方にあやなは苛立ちを覚えます。


>>ネタバレの続きはこちらから


54話ネタバレ

居酒屋で酒を飲みながら、高いテンションで楽しそうにしゃべり続けるあやな。

けれども、雪は自分が見つけた時のあやなは雨でずぶ濡れになっていて、とても普通の状態ではなかったことが気がかりです。


>>ネタバレの続きはこちらから


55話ネタバレ

アヤナにもうちょっと付き合ってと言われて雪が連れられてきた場所はなんと海でした。

海に着いたアヤナは嬉しそうな表情で感嘆の声を漏らしました。


>>ネタバレの続きはこちらから


56話ネタバレ

あやなは過去の回想をしています。

キャバクラの店に立つ初日で、かなり緊張した様子で立っています。

そこでは、彩華という名前で働くことになっていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


57話ネタバレ

雪とアヤナが夕日の美しい海を見に行ってから一カ月が経ちました。

そんな時、雪のもとに翼から自分ひとりでここまでメイクができるようになったという報告が送られてきました。


>>ネタバレの続きはこちらから


58話ネタバレ

萌はとある部屋のベッドの中にいた。

萌は男友達の一人、豪の自宅のベッドの中で体を重ねていたのだ。

行為が終わり、豪は萌との行為が好きと話すが、萌はリナのことが好きなのによく言うと返す。


>>ネタバレの続きはこちらから


59話ネタバレ

ツインテールをリボンで飾り、ピアスをいくつも開け、可愛らしい服装、腕にはリストカット跡がありました。

そんな歌舞伎町に溶け込む格好をまとった「ゆあてゃ」にホストクラブのような場所に連れてこられた萌。


>>ネタバレの続きはこちらから


60話ネタバレ

萌と翼とみっこの三人は気付くと始発が出ている時間までTRAPで飲んでいました。

それに気付いたみっこはお開きだと言い出します。

みっこは自分は店を閉めてから帰るから、翼は萌を送っていってあげてと頼みました。


>>ネタバレの続きはこちらから


61話ネタバレ

萌が行きつけのミックスバー・TRAPで飲んでいると店長であるみっこがまた振られた、と萌に嘆きました。

みっこのその勢いに若干引いている萌が、近いよと窘めました。

慌ててソーシャルディスタンスを取るみっこ。


>>ネタバレの続きはこちらから


62話ネタバレ

TRAPのお店の中で、カウンター席に2人の女性と、カウンターを挟んで男性店員が2人います。

女性客の1人が、店員の一人である翼に同性愛者なのかと問います。


>>ネタバレの続きはこちらから


63話ネタバレ

会ったばかりのゆあに絡まれて、ホストクラブに誘われてしまった萌。

ついさっきまで2人がいた萌の行きつけのバーでは、みっこが萌のことが気になって落ち着かない様子です。

萌のことをけしかけてしまったものの、ホストにハマってしまったりしないかと、後から心配になってきたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから


64話ネタバレ

萌の前に現れたホストは、自称化石ホストの七星でした。

自己紹介で色恋本営鬼枕という用語を使い、萌にがっついてもいいかと迫ります。


>>ネタバレの続きはこちらから


65話ネタバレ

ホストクラブで、ゆあは担当のハルヒに不安な気持ちを打ち明けていました。

同じくハルヒを指名している客、いわゆる被りの存在が気になって暗い顔をしています。

被りが自分よりお金を使う子だったら、自分よりもあの子の方を大事にするのではないかと。


>>ネタバレの続きはこちらから


66話ネタバレ

高層ビルが立ち並ぶ夜の都会の中。
ホストであるハルヒは誰のものにもならないと話すゆあを、静かに見つめる萌。

ゆあはチューハイ缶をストローで呑み、立ち上がり、笑顔で萌に連絡先を交換しようと提案します。


>>ネタバレの続きはこちらから


67話ネタバレ

担当であるはるぴに約束をすっぽかされた後日。
ゆあは仕事に行く途中、はるぴとケンカしたことを萌とラインで話していました。

話がひと段落すると、萌は私は大学へ行くから、ゆあはガールズバーの仕事を頑張ってね、と送っていました。

しかしゆあが向かった先はガールズバーではなくラブホテルでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


68話ネタバレ

ホストクラブの店内で、隣り合って座っているゆあとハルヒ。

ゆあの表情は曇ったままで、2人の間には重い雰囲気が漂っていました。

ハルヒは、自分にとって1番大事なのはゆあだからと言いますが、ゆあはその言葉を信じることができずにいます。


>>ネタバレの続きはこちらから


69話ネタバレ

大学のカフェで、リナに最近どこかに行ったのかと尋ねられた雪は、海に行ったことを話しました。

それを聞いたリナは素直に羨ましい自分も行きたいと言いました。

雪が自分が行ったのはウイルスが流行する前で、ただ海を眺めるだけだったけれどとてもきれいだったと話しました。


>>ネタバレの続きはこちらから


70話ネタバレ

翌日、サークルの飲み会が終わった萌達は居酒屋の前で話し込んでいました。

オンライン飲み会もいいけれど、飲み会は楽しいと盛り上がっています。

面々が帰ると言い出すと、高木は二次会に行かないのかと驚きます。


>>ネタバレの続きはこちらから


71話ネタバレ

萌は自分が他人からどう見られているのかを自覚し、そしてわきまえていました。

きらびやかな女子たちと同じ土俵に立たないよう、距離を置いていました。

しかし、女性らしい恰好、ヘアメイク、化粧をしているリナを見せつけられる度に萌の中の劣等感が刺激され、萌の心中を暗い気持ちで満たしました。


>>ネタバレの続きはこちらから


72話ネタバレ

自分の唯一の居場所であると感じていたTRAPをリナに奪われてしまったと感じた萌は、新宿の街を泣きながら歩いていました。

そして着信のあった楓に電話を折り返します。

数度のコールの後、楓は萌の電話を取りました。


>>ネタバレの続きはこちらから


73話ネタバレ

自分の居場所がないと感じ、同じサークルのリナに対する劣等感や自己嫌悪で涙していた萌。

そんな萌の元に、楓はホストの仕事中にもかかわらず駆けつけてくれました。

萌は楓に申し訳なく思う気持ちから、再び楓に連れられてホストクラブを訪れていたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから


74話ネタバレ

ホストクラブに通っているゆあに、聞きたいことがあるというメッセージを送った萌。

ゆあからはどうしたのと返信がきます。


>>ネタバレの続きはこちらから


75話ネタバレ

ゆあは、自分の部屋の姿見の前であたふたとしています。

いつものツインテールやばっちり決めたメイクと違い、すっぴんで何もせずに下ろした髪であることから、部屋でのんびりしていたことがわかります。


>>ネタバレの続きはこちらから


76話ネタバレ

萌は楓の店を訪れました。

楓は、ハンカチを返すためにわざわざやって来てくれてありがとう、と感謝の気持ちを伝えます。


>>ネタバレの続きはこちらから


77話ネタバレ

パーカー姿の楓が満面の笑顔で、この格好を見せたかったからと萌に来店したお礼を言います。

萌は飲みたい気分だったことと、服が似合っていると話します。

2人は隣に並んで座っており、机の上にはお酒とグラスが並んでいます。


>>ネタバレの続きはこちらから


78話ネタバレ

ゆあから掲示板の存在を教えられた萌は、ベッドの上で必死に掲示板の内容を漁っていました。
そこには楓の様々な情報が行きかっていました。

楓はお金を使う子には色恋営業をする。
楓は寮に住んでいる。


>>ネタバレの続きはこちらから


79話ネタバレ

楓とのアフターから自分のアパートに帰宅した萌。

部屋に入るなり、楓の名前を心で呼び、アパートの部屋の中の玄関先で顔を赤らめ、両手で顔を覆いうずくまる萌。


>>ネタバレの続きはこちらから


80話ネタバレ

もっと楓と一緒にいたいと誓った萌。

そのために高収入のバイトを色々スマホで探すが、全然わからなくて混乱してしまう。

日払い有りで高収入だと夜系の仕事しかないことにガッカリし、けれど支払いもあるので、このままでは困ると切羽詰まっている。


>>ネタバレの続きはこちらから


81話ネタバレ

渋谷のハチコー前でだれかを待つ萌。
お待たせ!と登場したのは同じサークルのリナでした。

リナは萌の手を握り、今日はよろしくと言います。


>>ネタバレの続きはこちらから


82話ネタバレ

スカウトの男に、一日4万円は稼げると言われた萌。

夜系の仕事ならなんでも紹介をする、とスカウトに言われましたが、萌は頬を赤らめ少し汗をかきながら、話を聞くことなく断りました。


>>ネタバレの続きはこちらから


83話ネタバレ

萌は楓にシャンパンを入れ、シャンパンコールの初体験をしました。

楓の隣で浮かれている萌。

シャンパンも入れたことだし、お店の営業終了後に、また一緒にご飯へ行けるのだと期待してしまいます。


>>ネタバレの続きはこちらから


84話ネタバレ

新大久保駅の前で、花柄のワンピースを着て白いバッグを肩に下げて電話をする萌。

相手に自分の服装の特徴を話します。


>>ネタバレの続きはこちらから


85話ネタバレ

オールコールのマイクで、はるぴは被りのおばさんにも優しくできる、靴下裏返しのまま脱がないでとコメントしたゆあ。

被りに牽制しつつ、はるぴとのアフターや枕を連想させる辛口のマイクです。

そんなコメントを聞いたはるぴは、さっきのなんなの、まじでない。と不機嫌そうに文句を言いました。


>>ネタバレの続きはこちらから


86話ネタバレ

ほのかとい言う名前、そして18歳という歳で風俗デビューをする萌。

サイトには口元を隠し、水着姿で少し盛られた写真が載せられていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


87話ネタバレ

萌はデリヘルの仕事を始めたのですが、不安になり楓に電話しました。

そして、楓が電話に出なかったらこの関係を終わらせようと考えました。

電話が鳴る音を聞きつつ思い出していたのは、楓と初めて会った時のことや、店内での笑った顔でした。


>>ネタバレの続きはこちらから


88話ネタバレ

待ち合わせをして、久々の再会をした萌とゆあ。

歌舞伎町の飲食店に入って話をしています。

ゆあは、萌が髪型やメイクを変えてからはまだ一度も会っていなかったので、当然話題はそのことでもちきりです。


>>ネタバレの続きはこちらから


89話ネタバレ

ホストクラブに着いて、同じ卓に座った萌とゆあ。

それぞれの担当であるはるぴと楓も交えて、四人は楽しそうに乾杯をしました。

ゆあもひときわ楽しそうに四人で飲むのは初めてだよね、と。


>>ネタバレの続きはこちらから



90話ネタバレ

お店が終わり、楓とはるぴも合流し、四人はボーリング場へと来ていました。

楓が投げた球がしっかりストライクを決めると、萌はぱっと顔を明るくして楓を褒めました。

投げ終わった楓が三人のもとに帰ってきます。


>>ネタバレの続きはこちらから


91話ネタバレ

萌・楓とゆあ・ハルヒの2組でアフターを楽しんだ後、ゆあたちは家に帰ると言って別れました。

楓は萌に、もし時間があるなら2人で少し歩かないかと誘ってきました。


>>ネタバレの続きはこちらから


92話ネタバレ

楓のバースデーのために入れようとしている高級シャンパンの画像を七星に見せると、七星はすごい!と驚きました。

七星の大きな声に、楓のことを驚かせたいから内緒だよ。と七星のことを口止めします。


>>ネタバレの続きはこちらから


93話ネタバレ

偶然会った翼にずっと伝えたかったことがあるのだと突然言われ、萌は戸惑いました。

翼はその内容を伝えるのに、何から話せばいいのか戸惑いながら、少し長くなるかもしれないけれど大丈夫かと萌に確認しました。
萌はドーナツを片手に、大丈夫だと答えます。


>>ネタバレの続きはこちらから


94話ネタバレ

萌が大学を辞めてしまったことを、リナは雪に電話で報せました。

驚いた様子で、リナが話しています。


>>ネタバレの続きはこちらから


95話ネタバレ

ゆあはハルヒを指名していた被りの客、さなえがネット上に晒した写真をハルヒに送りつけていました。

何これ、どういうことと問い詰めるメッセージと、着信の嵐。


>>ネタバレの続きはこちらから


96話ネタバレ

ハルヒとの言い合いで、ホストの客を風俗の客にたとえられたゆあは逆上します。

恐ろしい形相でハルヒを睨みつけ、自分たちは客の欲求に応えてちゃんと仕事をしていて、客も満足しているのだと反論しました。


>>ネタバレの続きはこちらから


97話ネタバレ

楓と会うために風俗で働くことが既に辛くなってきた萌。

そんな時に母から届いた優しいメッセージで号泣してしまいました。

それでも今日も風俗の仕事があり、次の客の元に向かう前に事務所に立ち寄ります。


>>ネタバレの続きはこちらから


98話ネタバレ

スマートフォンの表示は16:45。
この時間にメッセージの通知があり、萌は目を覚まします。

メッセージは楓からでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


99話ネタバレ

カフェのような場所で、満面の笑顔を向けるゆあ。

昨日の楓のバースデーイベントが、店のアカウントで見たが盛り上がったらしいねと萌に話しかけています。


>>ネタバレの続きはこちらから


100話ネタバレ

クラスの女子の陰口、小さい街の近所の井戸端会議、隣の家のおばさんのおせっかい・・

友達との電話で夜更かしした次の日は、隣の家のおばさんに昨日遅くまで部屋の明かりがついていたけど、勉強してたの?と聞かれた。


>>ネタバレの続きはこちらから


101話ネタバレ

ゆあにとって何もない町なのにお互いが足を引っ張り合い、監視し、牽制し、陰湿な空気をまとう田舎は気持ちが悪いものでした。

そんな気持ちが悪い異常な状態を、当たり前のように受け入れている町の住人達にもゆあは腹立っていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


102話ネタバレ

ゆあの父はあとで電話をすると言っていたのに、結局夜になってゆあから電話をするまで知らんぷりをしていました。

電話の向こうから麻雀をしている様子が伝わり、怒りを覚えています。


>>ネタバレの続きはこちらから


103話ネタバレ

みぽつの家に初体験の話をしに行くと言った朝、ゆあは起きてすぐベッドで俊介にスタンプを送りました。
その前のやり取りでは俊介が今度は東京で会おうとゆあを誘っています。
ゆあもバイト代が出たら行く、と答えていました。


>>ネタバレの続きはこちらから


104話ネタバレ

仏壇に飾られたゆあのおばあちゃんの遺影。
その遺影の前に制服姿で俯いたまま座っていました。
ゆあのその表情はとても暗いものでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


105話ネタバレ

1人取り残されたゆあは、自宅の居間で目を覚ましました。

仏壇に飾られている、穏やかな表情の祖母の遺影を見つめます。

その目は泣きすぎて腫れているようでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


106話ネタバレ

可愛い服を着て、小さなカバンを背負い、地元の駅のホームで電車を待つ、後ろ姿のゆあ。
ゆあから連絡を受け、駅へ行くから待っていてと言ったみぽつは、息を切らしながら駅に到着します。後ろからゆあに声をかけます。


>>ネタバレの続きはこちらから


107話ネタバレ

風俗の待合室で、落ち着かない様子でそわそわしながら、名前を呼ばれるのを待っている男性がいます。

カジュアルな服装にマスクをつけている中肉中背のその男性は、黒髪で30代後半くらいに若く見えますが、40代から50代前半くらいに思えます。


>>ネタバレの続きはこちらから


108話ネタバレ

留奈は心の中で呟きます。

愛や見栄や賞賛をお金で買って満たされている人たちのことを、愚か者と呼んでいます。

その人たちが使っているお金という名の紙切れは、使っているのではなく、実は使わされているのだと。


>>ネタバレの続きはこちらから


109話ネタバレ

伊織(瑠奈)の職場の先輩である菜々美がタバコを片手に、酔っ払った顔で伊織に問います。

その内容は店の客と付き合うのはアリかナシかというものでした。

菜々美は自分だったら絶対にあり得ないと言います。


>>ネタバレの続きはこちらから


110話ネタバレ

扉を開けて入って来た真鍋は、派手な髪色で、若くてイケメン風でした。

喫茶店(風俗の無料案内所)から来た団体客の内の1人ですが、伊織はこの手の客が苦手でした。


>>ネタバレの続きはこちらから


111話ネタバレ

黒髪の若い女の子が、イヤフォンをつけて、スマートフォンでバシモトという放送主のライブ配信を見始めました。

バシモトは挨拶をして、歌枠をやっていくとリスナーに話します。

瑠奈(伊織)の客である真鍋は、このライブ配信者のバシモトなのです。


>>ネタバレの続きはこちらから


112話ネタバレ

二人はグラスをあわせ乾杯をします。

沼黒は伊織の私服を初めてみたと言い、素敵だと褒めました。


>>ネタバレの続きはこちらから


113話ネタバレ

部屋のソファに寝転がり、消えたいと真鍋は呟きます。

そしてメンバーでの反省会のことを思い出すのでした。


>>ネタバレの続きはこちらから


114話ネタバレ

タクシーを待ちながらスマートフォンをいじる瑠奈(伊織)。

昨日デートをした客の沼黒からのメッセージを読んでいました。


>>ネタバレの続きはこちらから

115話ネタバレ【真鍋との店外】

眠ってしまった真鍋を、もう時間だからと留奈が揺り起こします。

ガチ寝をしてしまった真鍋は起こされて飛び起きました。


>>ネタバレの続きはこちらから

116話ネタバレ【神様なんかじゃない】

周りに迷惑をかけていると真鍋は言うけれど、弱みを見せたり頼られたりすることで嬉しいと感じる人もいるんだと思う、そう伝える留奈。

留奈は真鍋のことを人の悪意に触れてこなかった素直な性格でいいと言います。


>>ネタバレの続きはこちらから

117話ネタバレ【本名を訊かれて…】

朝、カーテンの隙間の朝日で目を覚ます留奈。

隣には真鍋がいて、ゴミ箱にはコンドームとティッシュのゴミが入っています。


>>ネタバレの続きはこちらから

118話ネタバレ【留奈とリナと雪の女子会】

お店のHPで菜々美が今日は出勤しちることを確認する留奈。

ラインのトークを遡りますが誘える友達がいない事に気付きます。

しかしその中で留奈はある一人を見つけ――


>>ネタバレの続きはこちらから

119話ネタバレ【お金は裏切らない】

リナが抜けて二人で帰る雪と留奈。

雪は留奈にさっきの話なんだけど、と切り出します。

それはキャバクラについての話でした。


>>ネタバレの続きはこちらから

120話ネタバレ【それぞれの活動】

nevaに誘われて会員制のバーにやってきた真鍋。

メンバーは今回の炎上については気にしていないと話すneva。

もっとやばいことをしている活動者もいるから、今回の真鍋の一件はボヤにもならないと告げます。

掲示板の書き込みなんて8割はでたらめだと言うneva。

しかし2割は本当だと…


>>ネタバレの続きはこちらから

121話ネタバレ【掲示板の書き込み】

真鍋(バシモト)のファンであるぽぽろはSNSのフォロワーに見ないほうが良いと言われていた掲示板を覗いてしまいます。

そこにはバシモトに対してのひどい書き込みが溢れかえっていました。

その内容の酷さに動揺するぽぽろ。


>>ネタバレの続きはこちらから

122話ネタバレ【真鍋と留奈の関係】

真鍋にラインで会いたいと言われて留奈はできないと答えました。

真鍋はそういうつもりで言ったわけじゃないと告げ、食事だけでもと誘います。

留奈はお酒を飲まないなら、という条件でそれを承諾しました。

真鍋も別にお酒を飲まなくていいと言い、二人は昼間にご飯を食べにきていたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから

123話ネタバレ【ネットの怖さ】

真鍋の配信を見始める留奈。

リスナーたちが真鍋に投げ銭をし、真鍋は一人ずつ名前を読み上げてお礼を告げました。

留奈はその配信の状況を見て衝撃を受けます。

これに課金しているリスナーたちってどうしてなのかと考える留奈。


>>ネタバレの続きはこちらから

124話ネタバレ【推しって何?】

サンダルを履き、出かけようとする留奈。

真鍋はもう出るのかと留奈に声を掛けました。

一度自宅に寄ってから行くからもう出ると返す留奈。

そして振り返った留奈はいってきますと真鍋に告げました。


>>ネタバレの続きはこちらから

125話ネタバレ【稼ぎの落ちた留奈】

バシモト(真鍋)のフォロワーを漁っていて、ぽぽろは伊織(留奈)のアカウントを発見します。

ツイート内容を見て、下着姿の写真などを発見し気持ち悪いとぽぽろは口にしました。

こういう人達もバシモトを推しているのかと漏らすぽぽろ。


>>ネタバレの続きはこちらから

126話ネタバレ【ぽぽろの初めての投げ銭】

ジュニとバシモト(真鍋)のASMR配信を聞く留奈。

気持ちいいの?ちゃんと教えて?

そんなセリフとリップ音の数々に、留奈は笑いが耐え切れなくなります。


>>ネタバレの続きはこちらから

127話ネタバレ【限界を迎える留奈】

掲示板で晒されているのを見て、ぽぽろは折角アカウントを作り直したのに!と思います。

掲示板は悪い事しか書かれていないからもう書き込んだり、見たりしないと決意しました。

スマホを握りしめながら、私はお渡し会のチケットが当たってるからもうすぐ生でバシ(真鍋)に会えるんだから!とぽぽろは唇を嚙みしめるのでした――


>>ネタバレの続きはこちらから

128話ネタバレ【真鍋と留奈のお祝い】

レコーディングに参加した真鍋。

レコーディング終了後、メンバーたちはこれでグループのオリジナル曲も二曲目になったと楽しそうに話します。

そしてそのうちグループのオリジナル曲も真鍋に作曲をしてほしいと言う話に…


>>ネタバレの続きはこちらから

129話ネタバレ【暴露された真鍋】

ポケカ面と言う晒し実況者――

有名歌い手との繋がりを匂わせている風俗嬢がいるという相談を受けたから、今回話を聞いていくのだと言います。

その相談相手は、とある歌い手を推しているのだと…


>>ネタバレの続きはこちらから

130話ネタバレ【炎上を知った留奈】

ポケカ面と言う晒し実況者――

有名歌い手との繋がりを匂わせている風俗嬢がいるという相談を受けたから、今回話を聞いていくのだと言います。

その相談相手は、とある歌い手を推しているのだと…


>>ネタバレの続きはこちらから

131話ネタバレ【留奈の反撃方法】

炎上を知り、帰り道にスマホを見ながら涙を流すぽぽろ…

掲示板ではバシモトについてかなりの書き込みがありました。

風俗嬢とつながりがあったなんて気持ち悪い…


>>ネタバレの続きはこちらから

132話ネタバレ【洗脳】

ネヴァに彼女のことをしっかりと守ってあげないと——そう言われたことを思い出す真鍋。

真鍋はそうだよね…と留奈の言ったことを一度肯定します。

留奈は、どうせ書いている奴らは何も考えていないで誹謗中傷をしているのだから感覚麻痺をしているのだと話します。


>>ネタバレの続きはこちらから

133話ネタバレ【真鍋との別れ】

真鍋に洗脳されていると言って、留奈はそうかもしれないと思いました。

金を稼ぐというのは幸せになるための手段——しかしその目的が何時の間にかすり替わっていたと。

しかしどんな綺麗ごとを言ったとしても、生きていくのにお金は必要だろうと留奈は思います。


>>ネタバレの続きはこちらから

134話ネタバレ【干された留奈は…】

予約していた沼黒を迎えた留奈。

沼黒はベッドに座って黙っていました。

留奈は沼黒が掲示板を見たのか、見ていないのか迷っていました。


>>ネタバレの続きはこちらから

135話ネタバレ【弁護士と話した留奈】

弁護士が、掲示板の投稿の内の二件は開示まで行けると思うと告げました。

どちらの投稿も内容はほぼ同じ——ソープランドに勤務する女性が「性病」で「客の個人情報を漏らしている」…そうだとしたら社会的評価が下がり、客は利用しなくなるため、名誉棄損が成立すると弁護士は話します。


>>ネタバレの続きはこちらから

136話ネタバレ【話を聞いた菜々美は】

留奈が弁護士に相談に行ってから一週間後——

留奈は菜々美と会っていました。

話を聞いた菜々美は、そりゃ炎上すると告げます。


>>ネタバレの続きはこちらから

137話ネタバレ【バシを信じられないぽぽろ】

もうバシモトのことなんて前みたいに信じられないとぽぽろは思います。

今まで通りに推せる気がしない…と。

今日だって行かないつもりだった——


>>ネタバレの続きはこちらから

138話ネタバレ【ライブが終わって…】

ぽぽろはSNSに投稿していました。

内容はお渡し会での推しの列が少ないこと。

降りると直接言うつもりだけど、ライブは楽しかったと言うこと…


>>ネタバレの続きはこちらから