花恋つらね ネタバレまとめ

この記事ではディアプラスで連載中の夏目イサクさんのBL漫画「花恋つらね」のネタバレをまとめてお届けします!

1話から最終回まで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

花恋つらね 6表紙


目次

「花恋つらね」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

花恋つらね 1巻

1話 2話 3話 4話
5話

 

花恋つらね 2巻

6話 7話 8話 9話
10話 11話

 

花恋つらね3巻

12話 13話 14話 15話
16話 17話 18話

花恋つらね 4巻

19話 20話 21話 22話
23話 24話 25話

花恋つらね 5巻

26話 27話 28話 29話
30話 31・32話

花恋つらね 6巻

最新話が配信され次第、更新します♪

33話 34話 35話 36話
37話 38話

 

 

 

 

「花恋つらね」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!というあなたは、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録だと無料でお試し利用ができます。

さらに無料ポイントがもらえて、このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録だけで3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪



お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!

あわせて読みたい


「花恋つらね」1話から最新までのネタバレ

1話ネタバレ【歌舞伎の御曹司・松川惣五郎】

東周吾は玉乃屋の御曹司で、7歳の時に松川惣五郎を襲名しています。
朝から歌舞伎演目の出来についてのエゴサーチが悪いことで落ち込んで学校を休むと言い出したため、父親はメンタルが弱すぎると叱ります。

>>ネタバレの続きはこちらから

2話ネタバレ【惣五郎にメロメロにされたい】

源介に好きになってほしいと抱きしめられた惣五郎は、急に好きになれるわけがないと源介を突き飛ばします。
様子を見ていた師匠は惣五郎の上から目線の言い方を指摘し、源介に冒頭を演じて見るよう話します。

>>ネタバレの続きはこちらから

3話ネタバレ【舞台初日】

舞台初日。
惣五郎は昼まで授業に出て舞台に向かうため、友人たちに応援されながら学校を後にします。
これから25日間は平日毎日舞台があるので、昼から舞台に通う生活です。

>>ネタバレの続きはこちらから

4話ネタバレ【惣五郎、源介の部屋へ】

惣五郎は学校の休み時間に一人で嬉しそうに微笑んでいます。
惣五郎の頭の中は昨日迎えた千秋楽では皆に沢山褒めてもらえたことや、失敗することに対するプレッシャーにも勝ったことを考えながら、舞台が好評に終わったことで充実感でいっぱいです。

>>ネタバレの続きはこちらから

5話ネタバレ【源介のヤキモチ】

玉乃屋と手嶋屋の舞台に別所属から一人呼ばれた源介は、最初は一人だから心細いと言っていたものの、惣五郎が気づいた時には既に周りに馴染んでいます。
前回の舞台でもすぐ打ち解けるコミュニケーション能力を披露していました。

>>ネタバレの続きはこちらから

6話ネタバレ【源介の告白に惣五郎は】

稽古中に急に源介に告白をされた惣五郎は、急に告白されても困ると赤くなりながら答えます。
源介は納得をしながらも、諦めるのではなくいつか振り向かせてみせると言います。

>>ネタバレの続きはこちらから

7話ネタバレ【惣五郎と源介の共演舞台】

舞台が始まる前、友人のヒロトと西田から会場入りをしたと惣五郎は連絡を受けます。
それを楽屋が同じ源介に伝えると、二人で手を取り気合を入れるのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

8話ネタバレ【愛の告白じゃなかった!?】

最終公演を迎えて虎の会は打ち上げを始めます。
今回の舞台はチケット完売に加え最終公演では立ち見まで出たという好評ぶりで、仲間たちは皆成功を心から喜んでいます。

>>ネタバレの続きはこちらから

9話ネタバレ【惣五郎の失恋】

家に帰っても悲しみは消えず、惣五郎はベットの中でぬいぐるみを抱きしめながら泣いています。
翌日惣五郎は頭痛と喉をやられたと体調不良を理由に学校を休みますが、忠さんは仮病に気づくも精神的に落ち込む惣五郎に何も言えないのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

10話ネタバレ【惣五郎に避けられる理由がわからない源介は】

源介は惣五郎へ伝えた仕事の相方になってほしいという話をきっぱりと断られ、そのまま夏休みに入って会わなくなってもまだ気持ちを引きずっています。
夏休みに自宅で勉強する源介のところに遊びにきた西田は源介を遊びに誘いますが、源介は乗り気ではありません。

>>ネタバレの続きはこちらから

11話ネタバレ【源介の過去】

源介は風呂の中で、歌舞伎と自分の思い出を回想している。
源介が幼い頃から歌舞伎は源介のすぐ傍にあって、祖母や父を真似て遊んでいた。

>>ネタバレの続きはこちらから

12話ネタバレ【気持ちを自覚する源介】

源介は昨夜の惣五郎からの告白を思い出して、なかなか寝付けなかった。
翌朝、源介はリビングで眠る惣五郎を見つける。
昨夜、惣五郎は源介に告白してキスをしてから部屋に戻ってこなかった。

>>ネタバレの続きはこちらから

13話ネタバレ【伝わらない源介の想い】

源介は惣五郎の腕を掴んで、空き部屋に連れていく。
扉を閉めてから、惣五郎を見つめる源介。
源介は惣五郎のことが可愛く見えて仕方がない。

>>ネタバレの続きはこちらから

14話ネタバレ【惣五郎の気持ちの変化】

源介は惣五郎と舞台に立ちたいと、師匠に頭を下げている。
師匠は今の源介に集客能力があると思っているかと呆れ顔で、源介が目立たない役では満足しないのも見抜いている。

>>ネタバレの続きはこちらから

15話ネタバレ【巡業が始まる】

巡業が始まり、大阪へ向かう新幹線の中。
源介は集合時間が7時30分は早すぎると楽しそうに惣五郎に話している。
源介の隣の席には眠そうなマスク姿の惣五郎。

>>ネタバレの続きはこちらから

16話ネタバレ【源介は男が好きか】

惣五郎の緊張は解けて、舞台は順調に進んでいる。
会場いっぱいの観客も舞台を楽しんでいて、惣五郎もとても楽しい。
自分の出番が終わって、源介に笑顔を向けることが出来た惣五郎。

>>ネタバレの続きはこちらから

17話ネタバレ【巡業中日】

惣五郎はドライヤーで髪を乾かしながら、源介のことを考える。
源介は惣五郎の裸を見た時に、興奮するから煽らないでと言っていた。
実際に惣五郎は源介がしっかり反応しているのを触って確認している。

>>ネタバレの続きはこちらから

18話ネタバレ【両想いになる】

惣五郎は足の痛みを気にしながら舞台をこなす。
出番が終わる頃には冷や汗と息切れで、惣五郎は一人不安な顔をしてしまう。
本日の舞台が終わり、全員集まって解散前の連絡タイム。

>>ネタバレの続きはこちらから

19話ネタバレ【源介の兄の気持ち】

両想いになってから、観客は源介と惣五郎の雰囲気が変わったことに気づく。
舞台をこっそりと観にきた師匠も、それに気づいて一人微笑んでいる。
巡業が終わったら一線を越える約束をした源介と惣五郎は、ホテルに戻るなりキスを交わす。

>>ネタバレの続きはこちらから

20話ネタバレ【文化祭の準備】

10月末、惣五郎は1か月ぶりに学校に登校する。
元々有名人だから男女問わず人が寄ってきて挨拶の嵐。
周りの生徒は、前よりもキラキラとした雰囲気があるのを気づいている様子。

>>ネタバレの続きはこちらから

21話ネタバレ【初めての夜】

深夜の源介の部屋。
源介は惣五郎を押し倒しキスしながら、惣五郎の服を脱がし始める。
惣五郎はここでセックスをするのかと聞くと、源介は頷く。

>>ネタバレの続きはこちらから

22話ネタバレ【文化祭当日】

源介は3日前のことを考える。
ずっと憧れてきた惣五郎の乱れる姿が頭から離れない。
準備不足のまま先走って、惣五郎の後ろを愛撫しようとして、痛さで悲鳴を上げた惣五郎に、源介の母が風呂場まで駆け付けてしまった。

>>ネタバレの続きはこちらから

23話ネタバレ【久しぶりの二人きりの時間】

朝の学校で、惣五郎は大きなため息をついている。
西田は相談に乗ると声を掛けるが、惣五郎は断ってしまう。

>>ネタバレの続きはこちらから

24話ネタバレ【師匠に関係がバレる】

惣五郎の自宅で向かい合う師匠とヒデさん。
ヒデさんは源介と惣五郎が恋仲だと言い、師匠は驚いてしまう。
ヒデさんは証拠写真を見せようとすると、師匠は見たくないと断りを入れる。

>>ネタバレの続きはこちらから

25話ネタバレ【新春浅草歌舞伎1日目】

夜、料亭にて。
雲之介は改めて、師匠の頼みは源介の祖父のような素晴らしい役者に育てることかと確認する。
雲之介は、なぜ一門でもない第三者の師匠が指導を頼むのかと問いかける。

>>ネタバレの続きはこちらから

26話ネタバレ【雲之介に扱かれる源介】

通し稽古を見ている源介と惣五郎。
二人は他の役者の演技を見て、少し自信を無くして口数が減っていく。
そこに雲之介が現われ、稽古は一時中断となり大御所への挨拶の時間になる。

>>ネタバレの続きはこちらから

27話ネタバレ【酷評を引きずる源介】

楽屋で一人、深呼吸をする源介。
雲之介に言われた「つまらない」と言う言葉を思い出し、気持ちを落ち着かる。

>>ネタバレの続きはこちらから

28話ネタバレ【焦り不安を感じる源介】

楽屋で歌舞伎評論家の感想サイトを見る源介。
惣五郎のベタ褒める内容を見て、源介は溜息をついている。
大役を成功させている惣五郎は最近ますます輝いてみえて、源介は焦りを感じていた。

>>ネタバレの続きはこちらから

29話ネタバレ【惣五郎の喝で源介復活】

翌朝自宅ベッドの中、焦りであまり眠れなかった源介。
惣五郎に会いたくないと思ってしまっていた。

>>ネタバレの続きはこちらから

30話ネタバレ【雲之介はふっきれる】

千穐楽当日の昼の部。
舞台は順調で、満席の観客も楽しそうにしている。
源介は舞台上から、観客席に座る雲之介を見つける。

>>ネタバレの続きはこちらから

31・32話ネタバレ【千穐楽の夜のチャレンジ】

自宅の浴室にて。
源介は、惣五郎の裸に触れた時から3か月も経っていると考える。
雲之介の指導でいっぱいだっとは言え、よく我慢したと自分を褒める。

>>ネタバレの続きはこちらから

33話ネタバレ【二人の関係がバレ始める】

源介の部屋にて。
源介の兄は寝起きドッキリをしかけようと襖を開ける。
すると、部屋の中で源介と惣五郎が裸で抱き合って眠っているところを見てしまう。

>>ネタバレの続きはこちらから

34話ネタバレ【卒業旅行で二人きり】

鍵を掛けた源介の部屋、映画を見ながら
源介と惣五郎が夢中でキスをしていると、部屋の外で兄が鍵を開けろと騒いでいる。
二人は驚いて、源介は急いで鍵を開け兄と向かい合う。

>>ネタバレの続きはこちらから

35話ネタバレ【卒業旅行2日目の甘い夜】

沖縄2日目の夜、ヒロトの計らいで源介と惣五郎は相部屋に。
浴室で身体を洗う惣五郎のもとに、一緒に入浴したいと源介が現れる。

>>ネタバレの続きはこちらから

36話ネタバレ【高校卒業後の初仕事】

3月末、次の舞台に向けた全体稽古の始まり。
源介と惣五郎は先日高校を卒業し、役者仕事に集中する道を選んだ。
社会人となった二人の最初の舞台は、4月の大歌舞伎となる。

>>ネタバレの続きはこちらから

37話ネタバレ【恋仲関係がバレた二人】

夜、武市の自宅。
ヒデさんは武市に、文化祭で源介と惣五郎のキスシーンを目撃してしまったことを話す。
映像を想像して焦る武市。

>>ネタバレの続きはこちらから

38話ネタバレ【後継者を残す二人の立場】

源介宅、畳の部屋で向き合う4人。
源介の兄に別れるよう言われ、源介と惣五郎は顔を見合わせる。

>>ネタバレの続きはこちらから



\30日間無料+初回1350PをGET/
>>無料登録で1,350円分の漫画がタダ読みできる♡<<