離縁は致しかねます6

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」6話のネタバレと感想をお届けします!

 

>>30日間無料おためし中<<

漫画2巻分のポイントがタダでもらえちゃう♪


←前話 次話→

離縁は致しかねます!6話のネタバレ

初めて体験するお茶屋での舞子や芸妓たちとの宴で、楽しくお酒を飲み続ける千春。

そんな千春の姿を、瀬田はくつろいだ様子で優しく見つめています。

さて、すっかり楽しい宴をおぼろげに、酔いつぶれ眠ってしまった千春。
目覚めたときは、いつのまにか、布団に入っていたのです。

布団の中から、勢いよく、身体を起こす千春。
そばには、座ったまま、千春を黙って凝視する瀬田。

千春は、ふと自分の服装が変わっていることに気がつくと、瀬田から、千春が酒を飲みすぎ嘔吐したため、自分が着替えをさせたのだと、言われてしまいます。

それを聞いた千春は、自分が起こした失敗に、愕然とし、恥ずかしくなってしまいます。

しかし、酒の残っていた千春は、頭がくらくらとして、今にも倒れそうにうめき声をつぶやくのでした。

そして千春は、瀬田に促されるまま布団に戻って、倒れる様に横になることに。

泥酔し、恥ずかしい姿をさらしてしまった千春は、“あんな場所で酒を飲むのは、初めてだったので、楽しくてつい飲み過ぎてしまった”と、真っ赤になった顔を隠しながら瀬田に伝えます。

“歌ったり、飲んだり、なんて悪いことではない”と、笑みをたたえながら言う瀬田。
そして、眠るためにメガネを顔からはずして、寝床に横になったのです。

瀬田は、千春をお茶屋でおもてなしができたことに満足そうな表情を浮かべて横になっていました。

初めて体験したお茶屋でのできごとに、魅了されたということをため息まじりに瀬田に話す千春。

千春が喜々と話しつづける様子を見ながら瀬田は淡々と語りはじめました。

それは、このお茶屋は実は、瀬田の母親が昔働いていたお店だったという話。

そして、このお店で客として、瀬田の母親と出会ったのが父親。とも告白しました。

瀬田がこのお茶屋を買った理由はそこにあったのでした。

瀬田の父親は、家柄を保つための政略結婚を余儀なくされたため、瀬田の母親は、妾という立場で別宅を設けられ、そこで、生まれたのが瀬田だったのです。

瀬田の話によると、父親は本妻より、妾の母親を愛していたため、本妻のいる家には一切帰らず、妾の母と息子である瀬田、父親と一緒に、本当の家族のように、幸福な生活をしていたんだそうです。

ところが、瀬田を見る周囲の人からは、常に冷たい言葉を浴びていたというエピソードを語る瀬田。

たとえば、瀬田が、会話の中で、“両親”という言葉を出せば、“妾の子供なのに?”、と、いぶかしげで、何かを含むような、嫌な視線を向けられたと、とおいたちによって受けた過去のエピソードについても話してくれるのです。

こんな冷たい周りから受けた仕打ちがあるからこそ、誰にも何も言わせない、その思いだけで、成功者になろうと立ち上がってきた。と語る瀬田。

しかし、成功者となっても、結局は妬みと陰湿な悪口を言われるばかりの状況が増していくだけだった日々。

そしてそんな時に瀬田は千春と出会ったのでした。

初めて千春と瀬田が会った日、瀬田に向かって言った言葉、千春の“間違いではない”。

その言葉を放った千春からは、先入観からの偏見や妬みの無いまっすぐな気持ちが感じられた。

だから自分は不覚にも瞬間で千春に惚れてしまった。と優しい瞳を千春に向けながら話す瀬田。

このお茶屋は瀬田にとって、両親と幸福に暮らしていた思い出の大切な場所。

それを自分で買うことで、思い出の場所を守るという瀬田の考え方は、両親からの大事に育ててもらったことの証明になるはずです。

そして、妾の子として常に偏見の目で見られていた自分を、素直な目を向け続けてくれている千春とは、本物の夫婦になっていきたい。と瀬田は言う。

言葉をつづける瀬田からは、千春の本心では瀬田に夫として仕える気持ちや、身売りと同じ感覚で、仕方なく結婚したという気持ちを持っていることを、瀬田は良く理解しているとも話してくれました。

だから瀬田は、時間がかかってでも良いから、ゆっくりとした歩みで、千春と本物の夫婦になっていくことを望んでいると千春に伝えました。

そして、無言で瀬田の言葉を聞いている千春に向かって、せめて夫として下の名前である“寛志”で呼んでくれることを望んでいると、冗談っぽく愚痴りながら、瀬田は部屋を出て、風呂に向かったのでした。

部屋には一人で残っている千春。
布団の中で横になったままため息をつき、残ったお酒を言い訳にして、
さっきの瀬田の言葉を、本心と思って真面目に受け取らないように自制しています。

しかし顔はほんのりと頬を赤く染まってしまっている千春。

瀬田が言った言葉が頭の中に残ってしまい、心臓の鼓動まで早くなってしまっていました。眠れないほどの動揺をしてしまった千春なのでした。

あの日以来、千春は瀬田から外に連れ出させられることが多くなりました。

ある日のこと千春は、袖や帯にフリルやレースをあしらった西洋風の服装で着飾った姿を梅に見せていました。

梅からは“素敵なお召し物”と誉め言葉をもらう千春。

この日も瀬田と外出するために、おめかしをして、瀬田の帰宅を待っているのです。

いつも瀬田が千春を連れていく場所は事前には教えてくれない秘密の場所。

瀬田が千春に体験させてくれる初めての世界の千春は充分に楽しんでいました。

そんな瀬田をウキウキと待ち焦がれる千春の姿を見て梅は微笑みを隠せません。

“寛志さんはまだ帰らないかな。”と心の中で自然につぶやく千春。

テラスの窓から、思う相手を待ちかねている千春は、夜空を見上げながらいろんな想いにふけっているのです。

そんな想いの中、千春は大切なことを、先延ばしにしていました。

そして、その千春の想いが、瀬田の心を傷をつけてしまう出来事に発展するなんて、この時の千春は、全く想像もしていませんでした。

離縁は致しかねます!6話を読んだ感想

瀬田の育った環境が分かって良かったね千春。
やっぱり苦労して成功した瀬田だからこそ、まっすぐな性格の千春を見抜いたのね。
やっと二人の心が結ばれていくようですね。良かった。瀬田が弱みを見せる相手は、千春だけだと思う。
しかしまだまだ子供の千春。デートを楽しみたいのは分かるけど、そろそろ、瀬田に本心を打ち明けたほうがいいんじゃないの。
瀬田は妾の子と言われ続けて傷ついた話をして、千春を信頼していることが分かるじゃない。
なんで千春ってば、好きって言えないのかしら。
ひょっとしたらこの状態を楽しんでいるのかしら。と疑ってしまった。


←前話 次話→

まとめ

「離縁は致しかねます!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

漫画で読みたい!というあなたに向けて、無料で読む方法を調べました。

「離縁は致しかねます!」をめちゃコミックオリジナル漫画のため、無料ポイントが使えるサイトでは配信されていません。

離縁は致しかねます!を無料で読むことはできませんが、好きな漫画を無料&最安で読める方法があるんです。

実際の方法をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料