離縁は致しかねます9

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」9話のネタバレと感想をお届けします!

 

>>30日間無料おためし中<<

漫画2巻分のポイントがタダでもらえちゃう♪


←前話 次話→

離縁は致しかねます!9話のネタバレ

千春は、秘密にしていた、背中のアザを、寛志にやっと打ち明けることができただけでなく、寛志から、背中のアザを愛おしむように接吻そして熱い抱擁を受けました。

そして、千春は、寛志に対して感じていたわだかまりが解け、ホッとした気持ちになっていくことに気がつきます。

さらに、寛志との結婚が、借金のカタがきっかけだったにしても、千春には良い結果になっているのではないか、とも思うほどに。

それでも、千春は、過去の思い出、まだ寛志と結婚する前に会ったある男性とのことを思い出していました。

それは、“巽”という男性と千春の関係。

千春には、この巽に思いを寄せていた過去があります。
だからこそ、「もし、借金のカタなどという、問題が無くて、巽という、思いを寄せる人と結婚していたら。」と想像を巡らせるのでありました。

そうして千春と巽が親しい関係だった頃の思い出を、映画の様に心に映し出していくのです。

千春が思い出していたのは、実家で、昔、過ごしていた頃のこと。

千春の弟である進次郎と共に、勉強部屋で学んでいた時、突然、部屋に入る父親から、巽が来た、と伝えられ、嬉しそうな表情で、巽がいる客間へと急いで向かった千春。

千春は居間にいる巽を見つけると、巽の名前を呼びました。

名前を呼ばれた巽が思わず振り返って見ると、そこには、喜々とした顔の千春の姿。

巽は千春を見て満面の笑みを浮かべると、その笑顔に応えるように、巽に対して千春もほほ笑みを返します。

千春は、「巽が予定している海外渡航の準備で忙しいはずではないですか。」と巽に尋ねると。
巽は、「既に渡航先への準備は終わっていて、自分が渡航するだけだから。」と千春に答えます。そうして、二人は、お手伝いさんが運んでくれた、お茶を飲みながら楽しい会話を続けるのでした。

巽は千春の幼なじみの様な男性。
巽の家は千春の実家の近所にあり、通う学校も近隣に有りました。

しかし、千春と巽がいくら親しい間柄と言っても、家柄や生まれ育った環境は全く異なっていたため、それを千春は十分理解し、遠慮がちに巽との関係を続けていたのです。

巽は、医者になるという目標に向かって、海外で医学を学ぶことを決意するような、勇気と、決断力、行動力、そして誠実さ全てを備えた完璧といっても過言でない魅力的な男性。

そんな、巽は千春の憧れの人だったのです。

千春は、巽が医師になるための海外渡航などの行動に、
「巽の父親から許してもらえたことを、良かった。」と話します。
それは、千春は巽の実家について良く知っており、父親がすんなりと巽の行動を許すとは思えず、つい、「良かった、」と言ってしまったのです。

それを聞いた巽からは、「もし医者になることはできても、家業を引き継ぐこと。それが、実家から出された条件。その条件を受け入れたから許してもらった。」と返事が返ってきました。

そして、千春は巽から、つい最近、巽の耳に入ってきたことを尋ねられます。

それは、千春の縁談が、破談になったという話。

その話を、遠慮がちに尋ねながら巽は、千春のこれからについて心配するそぶりをみせるのです。

千春は、ばつが悪そうな表情で、「とりあえず、また父親が別の縁談を取り付けてくれるだろう」という、憶測でしかない言葉を巽に返し、その場を取り繕いました。

ところが、巽から意外な言葉が千春に投げかけられることに。

巽は、憤った様子で、気持ちをあらわにして「縁談相手の神経はどうなっているのか。千春みたいな、可愛いさと魅力がある人間に対して縁談を破談にするなんて。」と感情的に言葉を続けます。

そしてさらに、感情が収まりきらなかった巽は、思わず、「自分が、縁談の相手として、千春の許嫁になりたかった。」と千春への気持ちを吐き出すのです。

この巽の発言に、恥じらいを感じってしまった千春。ほほを赤らめ、巽に対して目を合わせることが出来なくなってしまいました。

そんな時でした、千春は、この会話によって自分の身体にある秘密、あの忌まわしい背中のアザについて思い起こさせてしまったのです。

そのため千春は、巽の自分に対する気持ちを理解し、真実を話そうと考え、巽に背中のアザの事を、告白することに。

背中にあるアザを縁談の相手に、打ち明けたところ、その相手が、身体にアザがある自分を拒否し始め、破談となってしまった。と、千春は、正直に巽に話します。

それを聞いた巽は、千春を、冷静なまなざしで見つめ続け言った言葉。

千春に巽は「背中のアザを見せて欲しい。」と言ってきたのです。

千春は驚き、戸惑いで、呆然と巽を見ていると、
その千春の表情で理解したのか、巽は言い訳のように
「医学的な意味で検査するような気持ちからでた言葉」と理解を求める発言をする巽。

それを聞いても、やはりためらいつつ、困惑する様子の千春を見て、巽は、
「共に過ごせる、今のうちに、千春の事を全部把握しておきたい。軽い気持ちで言ったつもりはない」と、真に迫った表情で、千春にアザを見せる様に促します。

千春は「巽にアザを見せることで、巽も縁談相手と同じように、自分を拒絶するようになってしまったらと考えると、背中のアザを見せることは、できない。」
と、頑として拒否するつもりだったのです。

ところが巽は、「自分はアザを見ても、千春を拒絶しない。だから信頼して欲しい」と千春に懇願します。

巽の強い説得と懇願する姿に根負けした千春は、仕方なく、背中から着物をはだけるように脱ぎ、アザを巽に見せたのです。

ついに、アザを見ることができた巽は、驚きの行動にでます。

巽は、アザを見せてむき出しになった千春の背中から包むようにしっかりと抱きしめたのです。そしてそのまま、アザを見せてくれたお礼と、アザを持つ千春へ気の毒に感じるという、優しさあふれる配慮の言葉を、耳もとでささやいたのです。

それから、巽は、「海外に言って成長した人間として日本に戻り、父親からも認められるために頑張っていく。それから、絶対千春の事を迎えにいく」と、千春への決意を固めた気持ちを言葉にして、伝えました。

千春は、巽を「待ちます」と言葉を返したものの、千春の気持ちは、「巽の家柄や、自分の実家と比べると、あまりにも差が有り過ぎる。いくら、巽が千春との結婚を望んでも、永遠に叶うことのない願い。」であることを理解しているのです。

そして、巽の思いを知ったうえで、千春は、巽の言葉に、現実的状況を重ねて悲しみの気持ちのまま受け入れたのでした。

それから数年後、千春は、巽から便りや連絡も一切途絶えてしまったことをほんのすこしだけ寂しく感じつつ、寛志との外出に備えて、洋服を着替えていました。

千春の身支度があまりにも遅すぎて、待ちくたびれた寛志は、とうとうイラつきながら部屋に入ってきました。そして、千春の身支度に時間をかけすぎなことを、とがめたのでした。

それを、聞いた千春は、洋服を慌てて着替え、「すぐに準備をしますから、居間で皆さまと会話を楽しんで待ってください」と、寛志に訴えます。

身支度に時間がかかる千春に対して、寛志はため息まじりに、女性はなぜ、皆それほどまで身支度に時間をかけてしまうのか。と言う寛志。

その言葉に過去に女性の身支度でも待たされた経験があるのかと、言葉の意味を疑う千春。

しかも、その言葉は、居間にいた男性達や、梅まで聞こえてしまって、千春という嫁に向かって言う言葉ではないと、寛志は皆からあきれられてしまいました。

無事に身支度を終えた千春と寛志は、歌劇を鑑賞するために劇場に向かいます。

開演を待ちながら着席していた千春と寛志でしたが、さきほどの出来事も有り、お互い、顔を合わせることなく言葉も交わさず、無言のまま。

この状況に耐え切れられなかった寛志は、千春へのさきほどの無礼な言葉に対して、謝罪の言い訳をするために、千春に話かけるのですが、その瞬間、知人の白石という人物に呼ばれ、千春と話ができなくなってしまいます。

寛志は、白石から、となりに座る千春の存在を尋ねられ、妻である、ということを答えようとした、まさにその時、千春自ら、わざわざ立ち上がり、妻です、と、礼儀正しく、微笑みながら、白石にむかって自分を紹介する挨拶をしたのです。

「素敵な奥様ですね。」と寛志に、千春を褒める言葉を述べる白石。
その言葉に寛志は、恐縮ですとの返事で応えましたが、この時の千春の社交辞令に対する態度を見て、気持ちの切り替わりの変化に、驚愕していたのでした。

白石が席に戻って行った後、寛志と千春も席へ着座し開演を待っていました。

寛志は千春に「愛想良くふるまうことができるようだ」と白石に千春が見せた態度を感心するように、伝えるのです。

その言葉に対して千春は、「自分は寛志の妻としての当然の役割りを果たしただけ」と、落ち着いた表情で応えます。内心では照れも有ったのですが。

思いもかけず、千春から“寛志の妻として、”と言われた寛志。

その言葉を聞いて、喜びと嬉しさを感じる寛志は、ますます千春に対しての愛情が隠せなくなり、つい顔に満面の笑みを浮かべてしまうのでありました。

離縁は致しかねます!9話を読んだ感想

巽もいい男だし、寛志もいい男。
内面も外面も全てがパーフェクトなイケメン二人に好かれる千春が羨ましすぎる。

でも本当に愛し合ってたら、背中のアザなんて関係ないよね。
受け入れることはできるはずだもの。
でも、まさか、過去に千春が巽に背中から抱きしめられていたなんて。
それから、巽とは別離になってしまったとはいえ、その時の千春の気持ちを考えると、こんな気持ちの私を置いて海外に行ってしまうなんてって、て凄い悲しみだったんじゃないかな。

愛し合っていても一緒になれないこの展開を見て、運命て残酷なのか、それとも、逆に、二人にとって良い結果になるように導かれるための、試練なのか。と思いつつ、千春は、今巽に再会したら、どうなるんだろう。とドキドキして次の展開を楽しみにしています。


←前話 次話→

まとめ

「離縁は致しかねます!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

漫画で読みたい!というあなたに向けて、無料で読む方法を調べました。

「離縁は致しかねます!」をめちゃコミックオリジナル漫画のため、無料ポイントが使えるサイトでは配信されていません。

離縁は致しかねます!を無料で読むことはできませんが、好きな漫画を無料&最安で読める方法があるんです。

実際の方法をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料