離縁は致しかねます ネタバレまとめ

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」のネタバレをまとめてお届けします!

1話から最終回の結末を迎えるまで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

離縁は致しかねます! 表紙



 

「離縁は致しかねます!」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話
29話 30話 31話

 

「離縁は致しかねます!」を無料または最安で読めるサイト一覧

「離縁は致しかねます!」は、めちゃコミックでしか読むことができません。

めちゃコミックで1話のみ無料で読むことができ、
2話以降は、50ポイント(50円)かかります。

離縁は致しかねます!を無料で読む方法はありませんが、

でも、

好きな漫画をタダ読みできるやり方があるんですよ。

 

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太

どっちも無料登録だけで3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪



お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!

あわせて読みたい


 

「離縁は致しかねます!」1話から最新話までのネタバレ

1話ネタバレ

主人公の千春は地主の家に産まれて今まで何不自由なく暮らしていた。
28歳になって嫁ぎ先もない娘なのに、愛してくれる父親のことを有り難く思ってる。
朝、千春は部屋から出て下りていくと父親と弟が朝食を食べていた。

>>ネタバレの続きはこちらから

2話ネタバレ

千春は父親と共にパーティーに出席することに。主催は本間家。
千春はもはや、気持ちは全くのりきではなかった。
さらにそこには、父親から話をしてはいけない、とくぎを刺された男、瀬田がいたのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

3話ネタバレ

秋晴れの良き日に千春は瀬田の妻になりました。
非常識な男性との結婚ですが、父の縁談だし助けるために仕方ないと自分を納得させています。

>>ネタバレの続きはこちらから

4話ネタバレ

千春が部屋にお茶を出しに行ったら、中には体格の良い男性たちが机を囲んでいました。
その中心にはこの家の主人である瀬田がいます。
千春は確か父が話していた瀬田が成りあがった良くない商売ではないかと、ふと頭に浮かんでしまいます。

>>ネタバレの続きはこちらから

5話ネタバレ

千春は、“幸せにする”という瀬田の言葉を聞いて、戸惑いを感じていました。
まさか、瀬田の口からそんな言葉が出るなんて、思いもよらなかったし、千春の人生には、幸せにするなどと言ってくれる人が現れるなんて想像もしていなかったから。

>>ネタバレの続きはこちらから

6話ネタバレ

初めて体験するお茶屋での舞子や芸妓たちとの宴で、楽しくお酒を飲み続ける千春。
そんな千春の姿を、瀬田はくつろいだ様子で優しく見つめています。

>>ネタバレの続きはこちらから

7話ネタバレ

寛志から、「本物の夫婦になりたい」、と言われた千春。
しかし、その言葉が、寛志の本当の気持ちかどうかを未だ分からずにいます。

>>ネタバレの続きはこちらから

8話ネタバレ

千春に、「ある秘密を、隠していたことを、許す」と言った寛志ですが、「ただし、ここで、今、秘密を打ち明ければ」と、許すための条件を言ってきたのです。

そして、寛志は、「あの男性、千春の元許嫁から、千春の秘密について、あえて、詳しく知ろうとしなかった、千春本人から、その秘密について、直接打ち明けて欲しい。」と寛志は自分の気持ちを伝えます。

>>ネタバレの続きはこちらから

9話ネタバレ

千春は、秘密にしていた、背中のアザを、寛志にやっと打ち明けることができただけでなく、寛志から、背中のアザを愛おしむように接吻そして熱い抱擁を受けました。
そして、千春は、寛志に対して感じていたわだかまりが解け、ホッとした気持ちになっていくことに気がつきます。

>>ネタバレの続きはこちらから

10話ネタバレ

千春の口から、「寛志の妻として」という言葉が出て来るとは思わなかった寛志は、嬉しさで、ニヤニヤとした笑顔が止まらなくなっています。

いつもの冷静な寛志からは、想像できないほどの笑顔を見せたので、千春は、少し驚いた様子で、不思議そうに、「どうしたのですか」と、寛志に尋ねてみたのでした。

>>ネタバレの続きはこちらから

11話ネタバレ

ここで、千春は自分の生い立ちについて思い出し始めます。

千春の母親は、既に他界しています。そして、妻である千春の母親と死別した父親は、周りから再婚するようにとの勧めもありましたが、結局再婚をしないままの人生を選びました。

>>ネタバレの続きはこちらから

12話ネタバレ

「寛志と離縁をするつもりはない。」と巽に宣言した千春。
納得していない様子の巽に、巽の申し出を断る訳を話しています。
それは、巽が留学のため海外に向かう前に、自分の背中のアザを見せた時のこと。

>>ネタバレの続きはこちらから

13話ネタバレ

千春は、リビングで、見知らぬ女性が肌もあらわな姿で、寛志に迫る姿を見てしまい、混乱した気持ちのまま、寛志の家をほぼ飛び出す様に、街に出ました。

そして、寂しさや嫉妬の様な、憎悪なのか分からない複雑な気持ちのまま街を徘徊している時、
突然、「奥様では?」と千春の事を知っている様子の女性に声をかけられてしまったのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

14話ネタバレ

お座敷では、千春をかばってくれた芸妓の女性が、客の一人から、「寛志がいなくなってしまった。どこかにいるのか。」と聞かれています。
女性は、寛志を具合が悪いことにして、自宅に戻ったと客に説明をしています。

>>ネタバレの続きはこちらから

15話ネタバレ

千春は寛志への恋しいと思う気持ちが、段々と大きくなっているこの頃。
寝床で寛志は急遽、「仕事で出張へと九州まで2週間ほど出かけて来る。」と千春に言います。
千春は、2週間も出張することに、少し疑問を感じ、仕事の詳しい内容を尋ねていました。

>>ネタバレの続きはこちらから

16話ネタバレ

「寛志が出張から戻って来た。」と思って、馬車に近寄った千春。
しかし、馬車からは、なぜか巽が姿を現すのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

17話ネタバレ

寛志は千春に出会う以前に、恋人であった女性との過去の出来事を思い出していました。
その記憶とは、恋人の父親から、「娘と交際させることはできない」と言われたこと…。

>>ネタバレの続きはこちらから

18話ネタバレ

初めて出会った千春に心惹かれてしまった寛志。
そして寛志は、千春を傷つけたくないと思うようになってしまいました。

>>ネタバレの続きはこちらから

19話ネタバレ

千春は寛志の家から飛び出し、実家に戻ってから既に1カ月も経過しています。
千春の去り際に寛志が
「次に千春がいなくなっても探すこともなく、迎えにいくこともしない。」と言った言葉が本当だったと、少しやりきれない思いを抱える千春。

>>ネタバレの続きはこちらから

20話ネタバレ

デザートのアイスクリームを目にした瞬間、寛志との思い出を重ね合わせていた千春。
それに気づいた巽は、アイスクリームを引き下げてもらって、代わりのものを注文しようとしてくれます。
千春は「またこれを食べてみたいと思っていたから」と微笑みながら巽に言うと、嬉しそうにアイスクリームを口にほおばって食べ始めました。

>>ネタバレの続きはこちらから

21話ネタバレ

突然実家を訪れた、お手伝いの梅から、自分に寛志との関係を修復をまかせて欲しい。
と言われた千春ですが、とまどいを隠せません。そして、梅の話をゆっくりと聞く事にしました。

>>ネタバレの続きはこちらから

22話ネタバレ【全ての真相】

梅との画策で、寛志のもとへと、堂々と帰ることができた千春。

意を決して、今までのことを、何もかも話すようにと、寛志に懇願する千春。

千春は、どんな事実であろうと、受け止められる心の準備があると、寛志への寛大な気持ちを打ち明けます


>>ネタバレの続きはこちらから

23話ネタバレ【梅の過去、ほんとうの名前】

お手伝いさんの梅から、花嫁修業のような、料理指導を受けていた千春。

皮むきの手ほどきを、してもらったりと、わきあいあいと仲むつまじく、

まるで、母が娘に、料理を教えている様子だったのですが。


>>ネタバレの続きはこちらから

24話ネタバレ【次郎の子供と再会】

突然、次郎が亡くなってしまう不幸な目に遭ってしまった静子。

離婚を切り出され、戸惑いつつ、次郎との別れを了承しなかったことを、今になって悔やんでいます。

そして、まだ、主であったこの家の当主は次郎。


>>ネタバレの続きはこちらから

25話ネタバレ【千春、謎の女性と意気投合】

千春が、寛志の元へ、夜入り前のお話です。

大正時代の女性達は、まだ高等な教育を受けることはおろか、社会的進出も、まだまだ認められていませんでした。

そして当時の女性は、地位のある男性と結婚して、生涯、夫に尽くす良い妻になることが、幸せとの考え方が、一般的。

ですが・・・


>>ネタバレの続きはこちらから

26話ネタバレ【千春、女性活動に参加をする?】

寛志と一緒に参加したパーティで、外に出て少し休んでいた千春に近寄り、寛志を侮辱するような言葉を吐き、千春と口論になった男性、

さらには、千春を突き飛ばすという暴力行為までエスカレート。


>>ネタバレの続きはこちらから

27話ネタバレ【寛志に史子の事を問いただす千春】

女性が自由に生きるための社会活動の代表である平岡史子の活動を見学していた千春、

そこで、史子に夫である寛志を紹介すると…。史子は、寛志に驚いて、久しぶりと言ったのです。つまり、二人はお互いに知っている仲なのか?

といぶかしがる千春。


>>ネタバレの続きはこちらから

28話ネタバレ【寛志への手紙を渡された千春】

千春の社会活動参加にあまり良い顔をしない寛志。

千春が集まりに行こうとすると、集会に集まる人たちのことを嫌味たっぷりに皮肉ったり、千春は、史子と自分の関係を探りに行っているのではないかといぶかしがる始末。

千春個人の感情で参加するべきではない、とまで言う寛志です。


>>ネタバレの続きはこちらから

29話ネタバレ【寛志と強く結ばれると思ったが…】

史子から寛志への手紙を託されてしまった千春。

手紙の内容も、きちんと、この目で確かめないまま、自宅に持ち帰ってきました。

寛志にも手紙を渡せなかった千春。


>>ネタバレの続きはこちらから

30話ネタバレ【史子のもめ事に巻き込まれる千春】

史子と寛志の関係を、勘ぐって気に病むほどの千春。

このまま自分、史子とのさらに、つながりを持つようになれば、もっと辛くなるはず。と考え、史子との接点を断つ決意をします。

そのため、史子が行っている社会活動へは今後一切参加をしない、史子へ宣言することにしたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから