あなたをもっと感じたい~ストーキング・ラブ~6

この記事では吉沢蛍さんの「あなたをもっと感じたい~ストーキング・ラブ~」6話のネタバレと感想をお届けします!

あなたをもっと感じたい~ストーキング・ラブ~ 1表紙


←前話 次話→

あなたをもっと感じたい6話のネタバレ

lunaである飯田香月と亜美は、タクシーで山内高原に向かっています。

どこで何をしてきたのか、バッグに入っている大金は盗んだんじゃないのか、亜美は問いただしました。

お金がないからキャッシングすると、香月は言っていたのです。

私のお金だと、香月は主張しました。

これが片付いたら失ったものを全て奪い返すと、香月は強く噛み締めて言いました。

香月の口から血が垂れました。

亜美はゾクッとしました。

香月は運転手にコンビニに入るように頼み、亜美には外で待ってるように言いました。

香月は三津谷涼介に入金するのを忘れていたのです。

ここで香月たちが涼介と留美を追っていることを気づかれたら台無しです。

コンビニ。
香月が大金をATMに入れたので、亜美は注意しました。

取引限度額を超えているというアナウンスが流れました。

涼介と留美が大金を手にしたら逃げるかもと、亜美は忠告しました。

納得した香月は少額を入金することにしました。

亜美はコンビニの外に出て、双子の留美に電話しました。

lunaが大金を持って現れたことを、亜美は伝えました。

留美は、亜美が高額の入金を止めたことをなじり、すぐに入金させるように言いました。

亜美は、もうやめるように、lunaに関わらないように忠告しました。

しかし、留美は聞く耳を持ちません。

お金はlunaが勝手に貢いでるだけ、捕まるのは向こうだと、留美は言い放ちました。

涼介には自分がついてるから大丈夫、涼介がlunaに狙われるのは嫌でしょと、留美は脅すようなことを言いました。

亜美は怒り、電話したことを後悔しました。

電話越しに涼介の歌声が聞こえました。

香月が亜美を呼びました。

電話の向こうで、ここで歌わないでと留美が涼介に怒鳴っています。

亜美は香月に、タクシーに戻ることを促しました。

香月は涼介の声が聞こえたことを不思議がりました。

香月はスマホを取り出し、涼介の曲を聴かせました。

全てを失った時、涼介の声が自分を救ってくれたことを、香月は打ち明けました。

涼介が恋しいから幻聴が聞こえてきたと、香月は考えました。

歌ってほしい、辛いことを忘れたい。

香月はそう呟きました。

タクシーは走り出しました。

lunaはピュアで自分と似ていると、亜美は思いました。

亜美も留美に酷いことをされたと思い込んでいる香月は亜美に同情し、何をされたのか質問しました。

回想。
亜美は嬉しそうに涼介の曲をイヤホンでまた聞いています。

亜美は留美に涼介の曲を勧めました。

興味はないと留美は答えました。

高校を卒業したら東京に行って涼介のライブに通いたいと、亜美は言いました。

留美が涼介と付き合っていたので、亜美は愕然としました。

亜美の片思いの相手に興味があって見に行ったら涼介にアタックされたことを、留美は亜美に自慢げに打ち明けました。

留美はいつもそうだと、亜美は留美を責めました。

亜美は涼介のCDをゴミ箱に捨てました。

自分が冷めたら留美も気が済んで冷めると、亜美は考えたからです。

しかし。
涼介のパトロンがストーカー化してきたことを留美は亜美に伝え、追い払うのに協力してと頼み込みました。

亜美は突っぱねました。

涼介が怖がってる、涼介に何かあったらどうすると、留美は亜美に凄みました。

亜美は留美のことが嫌ですが、留美の言いなりになっている自分はもっと嫌です。

香月が呼んだので、亜美は回想から覚めました。

亜美のスマホが鳴っていたことを、香月は教えました。

亜美がスマホを見ると、留美のフェイクのSNSの更新通知でした。

その通知を見た香月は、亜美のスマホを覗き込みました。

SNSの記事には、荒らされた車内の写真がアップされています。

車上荒らしに遭ったこと、自分と彼の財布の中身を盗まれたこと、カードも使い込まれたことが書かれていました。

これはlunaの大金を狙ったでっち上げだと、亜美は察しました。

亜美は香月に何か言おうとします。

その直後。
写真の車のサイドミラーに映っているのは海であること、レシートに「外坂海岸通り店」と書いてあることを、香月は指摘しました。

山内高原の傍に海はありません。

亜美は大笑いしました。

大金に目がくらんで焦ってアップしたと、亜美は嘲りました。

大金のことをどうして留美が知ってるのか、香月は尋ねました。

留美は運転手に、Uターンして指定する住所に行くように頼みました。

亜美は香月に謝罪し、騙そうとしていたことを白状しました。

亜美は何をしてるのか、留美は考えています。

留美は亜美に頻繁に連絡を入れるように言いましたが、既読さえつきません。

亜美たちはもう山内高原に着いているはずです。

lunaにコテージを見に行かせて、亜美は大金を持って立ち去る予定です。

あとは連中が始末してくれます。

大金が入ったバッグを抱えた亜美に迫る手を留美は想像し、電話をかけようとします。

別室で涼介がギターを鳴らしたので、騒音を立てないでと留美はまた注意しました。

涼介は反論しました。

電話中だと、留美は返しました。

どこに電話してるのか、涼介は問いただしました。

妹だと、留美は答えました。

前は2人は仲良さそうに見えなかったので、涼介は不審に思いました。

騒音と言われたことで傷ついたと、涼介は訴えました。

外出もアルバイトもギターも駄目と言われたことで、涼介は文句を言いました。

涼介は後ろから留美の胸を掴み、首筋に口づけ、ベッドに連れ込みました。

それどころではないので、留美はやめるように注意しました。

涼介はふてくされ、lunaでも抱きたいと冗談を言いました。

留美は激怒しました。

チャイムが何度も鳴ります。

インターホンの画面を見ると、亜美が映っています。

亜美は大金が入ったバッグを見せました。

留美は大喜びでドアを開けました。

亜美の後ろから笑顔の香月が現れました。

留美と涼介は仰天しました。

あなたをもっと感じたい6話を読んだ感想

涼介の声が聞こえた後、香月の病んでるような目が普通の目に戻ったのが印象的でした。

亜美が大笑いした時、亜美が留美と繋がっていることが香月にバレるかもと思ってびっくりしました。
その直前、亜美は香月に本当のことを言おうとしていたようでした。

留美が本格的な犯罪を計画しているので驚きました。
留美は香月をボコボコにさせるつもりでしょうか。
亜美に窃盗をさせるつもりだったなんて酷いです。

留美への当てつけでしょうが、lunaでも抱きたいと涼介が言い出したことには仰天しました。

すごくいいところで終わったので、次話が気になってたまりません。
留美と涼介が香月を殺そうとしないか心配になりました。


←前話 次話→

まとめ

「あなたをもっと感じたい~ストーキング・ラブ~」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛14冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛6冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると全巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料