リビングの松永さん4

この記事ではKC デザート連載・岩下 慶子さんの「リビングの松永さん」4話のネタバレと感想をお届けします!

リビングの松永さん 1表紙

 

\2巻無料で読める♪/
>>無料登録してみる<<

リビングの松永さん最終回をタダ読みする♪


←前話 次話→

リビングの松永さん4話のネタバレ

松永さんとデート

翌朝、かわいいとは無縁の松永さんが発した言葉が気になって、全然眠れなかったミコ。

運良く日曜日だったため、学校への支障はないととりあえず起きることにします。

昨日と同じ服装のまま洗面台に向かうと、下着姿の松永さんが歯磨きをしていました。

思いがけない姿に驚いたミコは、その場から急いで立ち去ります。

いつもは上半身裸なのに今日はパンイチ!と内心ドキドキが治りません。

どんどん服を脱いで過ごす松永さんに戸惑いながら、二度寝をしようと試みます。

それでも昨日のかわいいやつだな、との発言が気になり眠れないミコ。

このままだと日常生活に支障をきたしてしまうと思ったミコは雑念を払うため、じっくり煮込むカレーを作ろうとリビングに向かいます。

挨拶をしながらリビングに入ると松永さんと松永さんを膝枕にしている健太郎がいます。

昨日はよく眠れたか?との松永さんの問いにミコはぐっすり眠れたと嘘をつきます。

松永さんの全然起こしても起きなかったとの発言に、健太郎はミコを誰が運んだのかと切り込みますが、松永さんは知らないと軽く受け流します。

2人がじゃれあっているのを横目にミコは雑念を払うようにカレー作りに取り掛かります。

そこへ松永さんがミコに、可愛い装丁の案をいくつか見せ、意見を求めます。

今時の女子高生がいうかわいいとはどうかと見せていきますが、どれもいまいち可愛いとは言えず、松永さんはずれていると伝えるミコ。

その発言にかわいいとはなんだと頭を抱え、悩む松永さん。

自分にはかわいいの感覚がないと絶望します。

そんな彼の姿を見たミコは、昨日の私に対してのかわいい発言はなんだったんだと一緒に落ち込みます。

暗い2人を見た健太郎は、考えすぎてわからなくなってきているから2人で出かけて見つけてきたら、と提案します。

松永さんはその提案にのり、一緒にでかけようとミコを誘います。

ミコは承諾しながらも2人で外出できることにドキドキします。
すると健太郎がミコに近づき、小声で松永さんとデートできてよかったねと声をかけます。
その発言に思わず赤面するミコ。

そうではないと必死に否定しますが、健太郎には声が届いていません。

昨日の出来事もあり、調子がくるうと戸惑うミコですが、松永さんと出かけるために着替えなおします。

2人で駅に向かっていると松永さんが本屋に行こうと提案します。

着替え直したミコは気合入れすぎたかなとドキドキしていると、通り過ぎる女性が松永さんを見てかっこいいと噂しているのを聞きます。

思わず松永さんの横顔を見つめるミコ。

確かに普通にしていると結構かっこいいなと思います。

昨日の発言のこともあり、考え込んでいると松永さんからエスカレーターに乗るぞを声をかけられます。

ミコを先頭にして乗り込むとミコの前にいたカップルがキスをし、いちゃいちゃし始めます。

突然の出来事に気まずいと後ろを振り返ると、至近距離に松永さんの顔があり、慌てます。

姿勢を崩してしまったミコを松永さんが抱き止めます。

さっきから何をやっているんだと注意する松永さん。

ちゃんと前を見て乗れとミコの頬を両手で挟み、おでこで軽く頭突きします。

仕事に打ち込む松永さんに

再び急接近したことに内心落ち着けないミコ。

ドキドキを抑えながら本屋さんに到着します。

各々で“かわいい”の参考になる本を探してこようと提案する松永さん。

ミコは雑誌や少女漫画などを重点的に探していきますが、どこから攻めれば良いのかわからず、悩みます。

ふと、松永さんの姿が見当たらないことに気づいたミコは彼を探します。

松永さんは以前自分がデザインした本を見ていました。

そのデザインを見たミコはかっこいいと言葉を漏らします。

その言葉を聞いた松永さんは得意げに、デザインした数々の本をミコに紹介していきます。

松永さんってすごいんだと改めて感心するミコ。

この前見たダサいデザインは迷走していただけなのかもと思いながら、一つの本に目が留まります。

その本はふんわりした雰囲気のデザインがなされていました。

じっとその本を凝視していると、このデザインが好きなのか?と松永さんに問いかけられます。

ミコはどこが気に入ったのか擬態語で説明しますが、松永さんにうまく伝わらず、困惑させてしまいます。

説明が難しいと感じるミコですが、このデザインは美味しそうな感じがすると自分が見て感じた気持ちを伝えます。

ミコはうまく伝わっていないかな、と焦って補足しますが、松永さんは納得した様子でミコの言いたいことがわかる、と理解してもらいます。

その言葉を聞いたミコは安堵の表情を見せます。

どこか腑に落ちた様子の松永さんはこうしてはいられないと急いでミコを引っ張って帰宅します。

ミコはせっかくおしゃれしたのに、と少し残念そうです。

帰宅した2人。松永さんは早速新しいデザインを作成し始めます。

その過程をミコに確認してもらいながら進めていくと、なんとなく自分の中でデザインが固まってきた様子の松永さん。

ミコに改めて付き合ってくれてありがとうと感謝の気持ちを伝えます。

ミコは約束だったからと彼の優しい表情を見ながら答えます。

ちょっとだけだけど松永さんの役に立てたかなと安心するミコに、松永さんは自分の部屋にこもって作業を進めると伝え、自室に戻っていきます。

そんな彼の背中を見て、ミコは心の中で応援します。

翌日、学校から帰宅するといつもリビングにいる松永さんの姿はなく、猫のサバコが1人でいます。

軽くサバコと遊び、ふと共有のホワイトボードを見ると、仕事に集中したいからしばらく引きこもると松永さんからメッセージが書かれているのを見つけます。

ミコは松永さんが頑張っているから自分も頑張ろうと、家事にとりかかります。

食事を終え、食器を片付けていると朝子とあかねが一緒に帰宅し、ケーキをみんなで食べようとミコを誘います。

意外な組み合わせの2人を見たミコは自分の知らないことがまだまだあるんだなと思います。

朝子、あかね、凌、ミコでケーキを食べていると、朝子がメンバーによって食事や遊びのブームが変わることを教えてくれます。

なっちゃんがいた時はお酒ブームだったとミコを除く3人が話していると、知らない話についていけないミコはぼーとした表情を見せます。

そんな表情を見た朝子は知らない話をしてごめんねと謝罪します。

ミコは特に気にした様子を見せず、自分がここにきた時のようにみんなにも初めましてがあったんだなと思いにふけます。

人が変わるといろんな歴史があるんだと思い、ふと恋愛もあったのかなと考えます。

翌日、学校から帰宅するとおかえりと声をかけられます。

2人だけのたこ焼きパーティー

おかえりとの言葉にハッとするミコ。

目の前に久しぶりに見る松永さんが立っていました。

突然だったため、無言になってしまったミコに松永さんがただいまは?と聞くと、ミコは嬉しさから何度もただいまと興奮して答えます。

ミコが装丁はできたのかと問いかけると、昼にできたから見て欲しくて待っていたと松永さん。

彼のデザインした装丁を受け取ったミコはすごくかわいいと感動します。

お世辞ではないかという松永さんに、正直な気持ちだと興奮して伝えます。

そんな彼女の姿を見た松永さんは安堵した様子で、よかったと声を漏らします。

そして、ミコがいてくれてよかったとの言葉にミコは心から嬉しそうな表情を見せます。

仕事がひと段落したことで、松永さんは今晩は自分がご飯を作ると気合を入れます。

ミコは仕事後で疲れている松永さんのことを考え遠慮しますが、松永さんはお礼がしたいと張り切ります。

他のみんなにも声をかけようとラインで招集をかけますが、急なことで誰も参加できないとの返信に落ち込みます。

みんなは参加できないけれど、2人でたこ焼きを作ることにした松永さん。

ミコは松永さんが用意したたこ焼き機に興奮します。

自分のために準備してくれたことに内心大喜びのミコ。

松永さんに熱い指導をされながらたこ焼きを作っていきます。

しかし、ミコの手際の悪さを見かねた松永さんは結局、自分で焼いていきます。

以前みんなでよく作っていたから慣れているとの言葉を聞いたミコは、自分もシェアハウスの仲間入りができたみたいで嬉しいと伝えます。

その言葉を聞いた松永さんは、ミコはとっくに自分たちの仲間だと伝えます。

受け入れてもらっていることに喜んでいると、松永さんから出来上がったたこ焼きを食べろと渡されます。そのまま松永さんがもっているたこ焼きを口にするミコ。

熱々のたこ焼きに悶絶し、お皿にいれろという意味を勘違いしてしまったことに恥ずかしく感じます。

初たこ焼きの美味しさを記念に撮ろうとスマホを取り出すと、松永さんは以前あげたストラップをミコがそのままつけていることに気づきます。

かわいくないから外せと松永さんは伝えますが、ミコは顔を赤らめながら嫌だと答えます。

ミコは外したくないと正直に伝えますが、松永さんはかわいくないのになぜ付け続けているのかと困惑します。

ミコの好意に気づかない松永さんは、自分への情けで外しにくいからつけているんだと強く伝えます。

ミコにストラップを渡せと言いながらミコの脇にチョップをくらわせていると、ミコはバランスを崩し転げそうになります。

松永さんがあぶない、とミコの腕をぐっと引き寄せるとそのまま反動でミコの頬に唇が触れてしまいます。

偶然の事故に赤面する松永さん。

わざとではないと謝罪します。

ミコは松永さんのころころ変わる態度に困惑しながらも、自分の本当の気持ちに気づきます。

松永さんのことが好きだと分かってしまったミコは自分の思いを止めることができず、松永さんに自分の気持ちを伝えてしまいます。

リビングの松永さん4話を読んだ感想

急展開!!
ミコは松永さんと関わりながら、彼に対するドキドキする感情が恋愛感情だということに今まで気づかずにいました。

しかし、度重なる彼との接触に、ついに自分の本当の気持ちに気づいたミコ。そこからの展開が早くて驚きました。

私だったら、感情を伝えた後、どういう展開になってもシェアハウスで一緒に住むことを考えたら、安易に自分の気持ちを伝えることなんてできないと思います。

ミコが純粋だからこそ、先のことを考えずにそのまま止まることができず、突っ走ってしまったんだなと思うと若いな〜とおばさん目線で考えてしまいました。

松永さんがミコの言葉にどう反応するのか?!なんとなく展開は見えてるけど、うまくいってほしいなと思います。

←前話 次話→

まとめ

「リビングの松永さん」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛4冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると5巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料