リビングの松永さん8

この記事ではKC デザート連載・岩下 慶子さんの「リビングの松永さん」8話のネタバレと感想をお届けします!

リビングの松永さん 1表紙

 

\2巻無料で読める♪/
>>無料登録してみる<<

リビングの松永さん最終回をタダ読みする♪


←前話 次話→

リビングの松永さん8話のネタバレ

ミコが合コン!?

夏休みの補習終了後、ミコは友達に松永さんに言われたことについて相談します。

前回、松永さんから家族として思っていると言われましたミコ。

この発言に友達は松永さんはミコを大切には思っているけれど、恋愛としては見ていないんだと指摘されます。

その指摘に悲しそうな表情をするミコ。

大切に思われているのは嬉しいけれどそこから発展しないことを複雑に感じていました。

ミコの友達りっちゃんは、そもそも10歳も下の学生を恋愛対象として見るのか?と指摘しますが、もう1人の友達マホに制服パワーは最強だからこの先どう転がるか分からない!と断言されます。

友達に年の差のことを言われたミコは、恋愛として見てもらえないよな、と肩を落とします。

2人は中途半端に手を出されて遊ばれるよりは大切にされているのだからいいのでは、とミコを励まします。

自分にもその幸せを分けてほしいと訴えるマホに、今いい感じになっている男性がいたのではと問いかけるミコ。

その言葉を聞いたマホは嬉しそうに、その男性と今度ご飯にいくことになったと告げます。

展開が進んでいることに驚くミコに、マホから急にお願いをされます。

マホが気になっている男性は2人きりではなく、グループなら会おうと提案してきたようでした。

ミコとりっちゃんに一緒について来てほしいとお願いするマホ。

りっちゃんは彼氏がいるからと断りますが、マホの決死の説得に折れます。

一方ミコは合コンみたいだなと困惑しますが、マホの恋のために協力してあげなくては、と気合をいれます。

帰宅すると、松永さんに補習は無事に終わったのかと問いかけられます。

ミコは高得点をとったテスト用紙をどや顔で見せます。
そんなミコを素直に頑張っているなと褒める松永さん。

ミコは照れながらも嬉しそうな表情を見せます。

家事も勉強も一生懸命頑張るミコ。

そんなミコの姿を見た松永さんはたまには遊びに行けば?と提案します。

リビングにずっといるなとの指摘に、ミコは反論しますが、ミコがいると自分も仕事をサボらないから別にいいと柔らかい表情で呟く松永さん。

ミコは松永さんを目の前にすると片思いはどう頑張ればいいんだろうとぽつりと思います。

ミコは自室で明日の合コンに向けて、服装を考えます。

悩みながら松永さんはどんな人が好みなんだろうと、彼のことばかり考えてしまいます。

1人で考えていても決まらない、とミコはリビングにいる朝子に服装のアドバイスを求めにいきます。

ミコの大人っぽい服装をしたいとの要望に、朝子は大人っぽくしてグループでどこに行くの?と問いかけます。

この発言を聞いた健太郎は、まさか合コンか?!と驚きます。

吃っているミコを松永さんは無言で見つめます。

そんな中、朝子は気合が入ると興奮気味に自室に服を選びに戻ります。

朝子が自分の服をミコに次々と着せ、松永さんと健太郎に意見を聞きます。

健太郎はかわいいと褒めますが、松永さんは嫌な例えばかりし、最終的に全部ちんちくりんで似あわないとばっさり言い切ります。

その発言に朝子は反論しますが、松永さんは気にする様子なく、ミコに補習が終わった途端すぐ遊びかと嫌味を言います。

たまには遊べと言ったのは松永さんではないかと怒るミコ。

松永さんも負けじと難癖をつけますが、ミコはなぜそこまで言われるのかと反抗します。

不穏な雰囲気で合コンに行ったミコは…

合コンへ行くことに対して怒る松永さんに反抗するミコ。

最終的に松永さんから合コンでもなんでもいけと吐き捨てられます。

そんな松永さんの態度にムッとしたミコは、私服を準備してくれた朝子に礼を言い、その場を去ります。

ミコの背中を見て朝子はどうしてそこまで言うのか、と松永さんに問いただします。

健太郎も小夏がいたときと態度が違うと批判します。

そんな彼らの言葉に松永さんは何も言わず、うつむきます。

ミコは自室に戻りながら、自分が頑張っていることを褒めてくれた松永さんを思い出し、なぜここまで批判されないといけないのかと彼の態度の変化に困惑します。

合コン当日。

ミコはオシャレをし、玄関へ。

リビングにいる松永さんに自分が今日行く場所、会う人について伝えますが、松永さんは門限を守ればいいと冷たく言い放ちます。

そんな松永さんの言葉にふてくされながら謝るミコ。

元気なくいってきますと挨拶して出て行くミコの後ろで、松永さんはミコが言っていた行き先を密かにネットで調べます。

調べながら、自分の気持ちと行動が矛盾していることに頭を抱えます。

そんな彼の行動などつゆ知らず、ミコはせっかくの夏休みだから楽しまないとと気持ちを切り替えます。

待ち合わせ場所に男性3人がやってきました。

ミコとりっちゃんはマホが気になっている男性とうまく行くようにこっそりと励まします。

食事をするお店に到着し、全員で乾杯をします。

いよいよ始まった食事会にミコは緊張しますが、気になっていた男性とマホがスムーズに会話をしている姿を見てりっちゃんといい雰囲気だとこそこそ話します。

そんな2人の姿を見た1人の男性が2人だけでこそこそ話すのは禁止と茶々をいれます。

彼の小学生みたいな行動に笑うりっちゃんとミコ。

ミコはマホが楽しそうにしていてよかったと心から安心します。

一方、シェアハウスでは健太郎と凌と松永さんがお酒を飲んでいます。

松永さんは時計の針がもうすぐ22時をまわるのを見てカリカリします。

そんな松永さんに、健太郎は合コンが楽しくてミコが門限を破るのではないかと茶化します。

松永さんはそんなことはしないと反論しますが、健太郎は親でも彼氏でもないのになぜイライラしているのかと指摘します。

もうすぐ22時になるとスマホで時間を確認するミコ。

その横で、りっちゃんが彼氏から大量のメッセージがきていると焦ります。

快く合コンに送り出してくれたりっちゃんの彼氏も内心不安に思っていたようです。

ミコは愛されているんだよと目をキラキラさせますが、りっちゃんは信用されていないんだと答えます。

そんな2人の関係を羨ましがるミコ。

門限を守ればいいと冷たく言い放った松永さんを思い出し、自分はやっぱり対象外なんだと落ち込みます。

これ以上を望むことは贅沢だと思ったミコは、せめて心配かけないようにしないといけないと意気込みます。

食事会が終わり、男性陣から二次会はカラオケに行こうと誘われます。

門限があるからと断るミコに、マホはもう少しいてほしいと懇願します。

マホのことは応援したいけど、松永さんに心配をかけたくないミコは謝ります。

あとは自分で頑張ると言ったマホに、挨拶をし、急いでシェアハウスに向かうミコ。

みんなが自分のために決めてくれた門限は守らないとと走っていると、リュックを背負っている人とぶつかってしまいます。

そのリュックに松永さんからもらったストラップが引っかかり、切れて道路の溝に落ちてしまいます。

突然のことに驚くミコ。

ストラップを取るべく、金網を上げようとしますが、重くて動きません。

焦っているミコに電話がなります。

ストラップを諦められないミコは門限に間に合わないと絶望します。

門限に間に合わなかったミコに松永さんは

ストラップを溝に落とし、門限にも間に合わないと絶望するミコ。

溝の前で落ち込んでいると電話が鳴ります。

鳴り止まない電話をとらず、俯いているミコの前からおいと声がかかります。

その声がする方をみるミコ。

前からスマホを片手に、松永さんが走ってやってきました。

ミコの名前を呼びながら走ってくる松永さんを見たミコは、合わせる顔がないとうつむきます。

そして、膝を地面につけたまま、門限を破ってしまったことを何度も謝ります。

うつむき、謝るミコの姿を見た松永さんはミコの頬を両手で掴み、顔を近づけ、大丈夫かとと心配します。

時間になっても帰らなかったのは、わざとではないんだろと言う松永さん。

門限を破ってしまったことを怒らず、自分の心配を一番にしてくれた松永さんを見てミコは安心した表情を見せます。

そして、松永さんからもらったストラップを溝に落としてしまったことをポツリと呟きます。

急な告白には?と驚く松永さん。

松永さんは自分の足元の溝を見て、落ちているストラップを確認します。

そして、仕方ないなと両手で金網を強く引っ張り、外します。

外している間にミコに早くストラップを取るように促します。

自分がどれだけ頑張っても外すことができなかった金網を、あっけなく外した松永さんに驚きつつも、ミコは慌ててストラップを取ります。

無事に取れたストラップを急いで松永さんに掲げて見せ、お礼を言います。

それを確認した松永さんは金網を元に戻そうとします。

しかし、金網が思っていたよりも重く、勢いがついてしまったため、バランスを崩してしまいます。

松永さんはミコを巻き込み、地面に倒れこんでしまいます。

痛みでそのまま立ち上がることができない松永さん。

ミコは突然の出来事に驚きつつも、松永さんに覆い被さり、けがはないかと声をかけます。

松永さんはその問いに答えることなく、頭を抱え、ため息をつきます。

ミコはそんな松永さんの表情を見て、迷惑をかけてばかりだと落ち込みます。

自分は彼のためになにかしてあげたいのに、いつも助けてもらってばかりだと、松永さんに何度も謝ります。

そして、こんな子どもが松永さんを好きになってしまっても何もならないし、うまくいくはずがないと感じます。

ミコは泣きそうになりながら、もう2度と心配かけないと松永さんに伝えます。

そんなミコの発言に、松永さんは彼女の首に腕を回し、顔を赤らめながら心配させてほしいと伝えます。

松永さんの突然の行動に驚くミコ。

松永さんは再度ミコを強く抱きしめ、自分はミコの心配をしたいと訴えます。

抱きしめられたことに顔を赤らめつつも、ミコはその発言を聞いて戸惑います。

一方、シェアハウスでは一緒にお酒を楽しんでいたはずの松永さんが突然出て行き、健太郎と凌が2人寂しく、彼の帰りを待っていました。

テレビを見ながら、松永さんは大丈夫かなと2人で心配します。

しかし、心配しつつもなかなか帰ってこない松永さんを、健太郎は遅いと文句を言います。

リビングの松永さん8話を読んだ感想

ミコに冷たくしつつも、やっぱり彼女のピンチに駆けつけてくれた松永さん。

そんな彼の姿をかっこいいと思いつつも、恋愛対象外でも、少なくとも松永さんに迷惑かけないように、心配かけないようにしたいミコの心の葛藤に切なく感じました。

ミコの気持ちを知らない松永さんですが、彼女の謝罪を聞いて思わず心配したいんだと本音が漏れました。

それが恋愛として好きだから、かどうかはわかりませんが、少なくともミコのことが気になって気になって仕方がないんだなと思いました。

ミコの気持ちが上がったり下がったりする展開が続いていますが、着実に松永さんの気持ちがミコに近づいている場面が見られるようになり、ドキドキが止まりません。


←前話 次話→

まとめ

「リビングの松永さん」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛4冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると5巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料