三森さんのやらしいおくち ネタバレまとめ

この記事ではrasuさんの「三森さんのやらしいおくち」のネタバレをまとめてお届けします!

1話から最終回まで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

三森さんのやらしいおくち 1表紙



「三森さんのやらしいおくち」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

1巻

1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話

2巻

9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話

 

3巻

17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話

最新話が配信され次第、更新していきます♪

「三森さんのやらしいおくち」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!というあなたは、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛6冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる

⇛2冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録だけで8巻無料で読めるってことだね

半額で読める!

サービス名 特徴


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪



あわせて読みたい
お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!


「三森さんのやらしいおくち」1話から最終回までのネタバレ

1話ネタバレ【とんでもない歯科医】

会社員の三森誠は歯科医院で診察を受けながら、早く終わって欲しいと強く願っていました。
何故なら、口の中を触られるたびに声が出てしまうからです。
子供の頃、学校で受けた歯科検診の時の記憶が頭の中によみがえってきます。

>>ネタバレの続きはこちらから

2話ネタバレ【迷いと恐怖】

特別な相手を作らずに生きてきた三森にとって、先週この歯科医院で自分の身に起こった出来事は、まさに青天の霹靂でした。
隠し続けてきた性癖がバレてしまった上に、あんなことをされて後ろで達してしまうなんて。
自分の性的嗜好がわからず頭を悩ませながら、三森はあの時の歯科医師に対する文句を呟きました。

>>ネタバレの続きはこちらから

3話ネタバレ【再会とはじまり】

自宅で風呂に入りながら、三森は樹の歯磨き指導を思い出しながら歯ブラシを握っていました。
言われた通りに歯ブラシを動かしながら、樹のことや樹とのキスを思い出した三森は、気が付くと自分自身を慰めていました。

>>ネタバレの続きはこちらから

4話ネタバレ【セフレ】

樹と初めて体を重ねてから一ヶ月。
週末になると樹と体を重ねることが、三森の日常になっていました。
樹との行為は気持ちがよく、三森がどれだけみっともない声で喘いでも、口から唾液を溢れさせても、樹はすべて受け入れてくれます。

>>ネタバレの続きはこちらから

5話ネタバレ【デート】

樹が買って来てくれたソフトクリームを受け取りながら、三森は言いました。
あまり見ないで欲しいと。
けれど、ソフトクリームを食べながら、体を震わせてしまう三森を樹はじっと見つめています。

>>ネタバレの続きはこちらから

6話ネタバレ【樹への気持ち】

次の日、三森は、あの日の樹の傷ついた顔を思い出しながら自宅のベランダで煙草を吸っていました。
その後ろの部屋の中では、あやがソファに座りながらピアスを付けていました。

>>ネタバレの続きはこちらから

7話ネタバレ【気持ちと体】

あのまま診察室で体を重ねてしまいたい気持ちを我慢して、樹の家へと向かった二人は、靴を脱いですぐ、玄関先でキスをし、体を重ね始めました。
立ったまま後ろに触れられ、三森は漏れる声を抑えることが出来ません。

>>ネタバレの続きはこちらから

8話ネタバレ【樹の想い】

樹はスーパーで三森と買い物をしながら、幸せを感じていました。
初めて三森の家に行くことになり、一緒に食事を作るために買い物をしているという状況が、恋人らしくて嬉しいのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

9話ネタバレ【辻英司】

樹の自宅への道を歩きながら、三森は二つ繋がった家の鍵を見つめていました。
一つは自分の家の鍵、もう一つは樹の家の鍵です。
樹に合鍵を渡した時の、嬉しそうな顔がよみがえってきて、三森は頬を緩めました。

>>ネタバレの続きはこちらから

10話ネタバレ【辻の想い】

次の日の朝、二日酔いで目覚めた三森は昨夜、自分がどうやって帰宅したのか何も覚えていませんでした。
不機嫌そうな樹に、迷惑をかけたことを謝ると、自分は何もしていないと言いながら、樹が抱き付いてきました。

>>ネタバレの続きはこちらから

11話ネタバレ【浮気】

一週間後、辻との出張の日、新幹線に乗った三森は隣の席の辻との間にコートや鞄でバリケードを作って座っていました。
あの日から一週間ずっと三森は辻を警戒し、避けながら過ごしてきたのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

12話ネタバレ【告白】

出張を終えた三森は、樹に会うのを避けるようなメッセージを送り自宅に帰りました。
しかし、樹は既に三森の家に来ていて、三森を出迎えてくれたのです。
早く会いたくて来てしまったと嬉しそうに言う樹。

>>ネタバレの続きはこちらから

13話ネタバレ【樹の決意】

一週間後、遠方で仕事関係の学会に参加していた樹は、あの日の三森とのことを考えて頭を抱えていました。
三森を泣かせたかったわけでも、謝らせたかったわけでもありません。
けれど樹には、あの時、三森に何を言えばよかったのかがわかりませんでした。

>>ネタバレの続きはこちらから

14話ネタバレ【仲直り】

夜遅い時間になっても三森に送ったメッセージが読まれないことを気にしながら、樹は三森の家の前で三森が帰宅するのを待っていました。
そこへ、一台のタクシーが止まり、中から三森と辻が降りてきたのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

15話ネタバレ【離れたくない】

三森は樹の体に乗り上げると自分からキスをし、体を押し付けて言いました。
まだしないと言うのか、と。
真っ赤になった顔を掌で覆った樹は…

>>ネタバレの続きはこちらから

16話ネタバレ【ずっと一緒に】

樹と初めての温泉旅行にやって来た三森は、離れにある部屋へ着くなり、豪華な部屋風呂を見て、すぐに入ろうと樹を誘いました。
大浴場の話をしてくる樹に、三森は服を脱ぎながら大浴場には行けないだろうと返しました。

>>ネタバレの続きはこちらから

17話ネタバレ【新しい生活】

樹の家へと引っ越してきた三森は、樹と共に荷解きをしていました。
大体の片づけを終えた三森は、引っ越し業者が来るのを待つ間、休憩することにしました。
三森が床に座り込み一息吐くと、樹も隣に座ってきます。

>>ネタバレの続きはこちらから

18話ネタバレ【初めて見る顔】

ある日の帰宅後、樹は三森の脚に頭を乗せ、じゃれつくようにしながら、その日あった最悪なことについて話していました。
なんと、樹の歯科医院に偶然、辻がやって来たのです。
通院にならなくて良かったとしみじみ思いながら三森に慰めて貰っていると、スマートフォンにメッセージが届きました。

>>ネタバレの続きはこちらから

19話ネタバレ【不安と傷】

その日、三森は樹と一緒に新生活に必要な物を買いに出ていました。
買い物を終え喫茶店に入り、注文に行ってくれた樹を席で待っていると、樹のスマートフォンがメッセージを受信したのです。
何度も鳴る受信音に思わず視線を向けた三森は、ついメッセージの一つを読んでしまいました。

>>ネタバレの続きはこちらから

20話ネタバレ【辻、再び】

職場でパソコンに向かいながら、三森は大きな溜息を吐きました。
思い出すのは樹の悲しそうな顔です。

>>ネタバレの続きはこちらから

21話ネタバレ【証明のキス】

三森の抵抗も空しく、辻の唇が三森の唇に触れそうになった瞬間、部屋の扉が勢いよく開き、一人の男性社員が入ってきました。

>>ネタバレの続きはこちらから

22話ネタバレ【自分以外に触らせていいところなんてない】

抱き締めてくれる樹の腕の中から顔を上げると、辻が大胆なことをすると溜息を吐きながら、自分の時もその可愛い表情をして欲しかったと呟くように言ってきました。

その言葉に三森が口を開こうとすると、それよりも先に樹が辻に向かって怒鳴ったのです。


>>ネタバレの続きはこちらから

23話ネタバレ【樹の誕生日】

スマートフォンのカレンダーで日付を確認した三森は、ひとしきり考えを巡らせると、樹に向かって言いました。

もうすぐ誕生日だろう、何か欲しいものはあるか、と。


>>ネタバレの続きはこちらから

24話ネタバレ【愛の印】

約束の樹との食事の日、料理を食べ終えた三森は緊張に胸を高鳴らせながら、手の中にある小さな箱を握り締めていました。

ホテルでディナーをして、指輪を渡すというベタな流れに恥ずかしくなりつつ、取ってあるホテルの部屋で二人きりになってからでもいいのではないかと思いながら樹を見つめた三森は、樹ならきっと、と思い直し覚悟を決めることにしました。


>>ネタバレの続きはこちらから

25話ネタバレ【マンネリ防止】

何やら雑誌を覗き込みながら話に花を咲かせている部下の女性たちの元へ向かっていた三森は、話しているその内容に思わず足を止めました。

長い付き合いのカップルは、いつも同じ場所だとマンネリになってしまうかもしれない、旅行やいつも行くラブホテルをたまには変えてみた方がいいなど、性的なことを話していたからです。


>>ネタバレの続きはこちらから


\30日間無料+初回1350PをGET/
>>無料登録で1,350円分の漫画がタダ読みできる♡<<