ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました1

この記事ではいしだ 絵里さんの「ネクラには刺激が強すぎる キラキラした弟が2人もできました」1話のネタバレと感想をお届けします!

ネクラには刺激が強すぎるキラキラした弟が2人もできました 1表紙

 


←前話 次話→

ネクラには刺激が強すぎる1話のネタバレ

結は幼い頃、母親から育児放棄(ネグレクト)を受けていた。

お風呂にも入れてもらえず、同じクラスの子たちからは臭いと言われていた。

出張ばかりで家にいない父にいてほしくて母はおかしくなったのだから仕方がないと思っていた結は、その母から汚いから触るなと手を払われた。

13年後、結は17歳になり残念な父と二人暮らしをしていた。

朝食中、父が再婚すること、結には弟ができ、来週から一緒に暮らすことという一大ニュースを軽々しく報告する父。

結は了解を得てからやれと父にご飯を投げつける。

結には友達がいない。

登校すると丹羽という女の子が元気に挨拶してくるが、結にとっては友達でもなんでもなくちょっとしたストーカーだと感じている。

丹羽は挨拶を無視する結に、無視とかキュンキュンするからと怯まずに笑う。

弟はもう来たのか、何歳なのか、お姉ちゃんと呼ばせるのか、

弟が羨ましくて妬いちゃうし呪っちゃうと結に付きまとう丹羽。

丹羽は結がこんなだから心配だと言う。

結は毎朝机といすを綺麗に拭いているが、それを見て同級生たちが潔癖症だと揶揄する。

しかし結にとっては潔癖症とは少し違った。

結が虐待を受けていたのは2.3か月で、帰宅した父がすぐに気づき母親は病院へと連れていかれた。

心配げに結の頬を触る父に対して、自分は汚いから触っちゃだめだと思う結。

それ以来、同級生たちに手洗い後のハンカチを使っていいと渡されても、

お菓子を食べようと誘われても、おかずを交換しようと言われてもすべて断ってきた。

そんな自分には友達なんてできるはずがないと思っていた。

そんな結に構わず近づいてくる丹羽は変人だと思う。

丹羽が一緒に帰ろうと誘いに来る。

帰り道、自分に構って何が楽しいのだ、変人だと丹羽に言う結。

その言葉にキュンキュンしながら、その世の中に希望を持っていない死んだ魚のような眼がたまらないと恍惚の表情を浮かべる丹羽。

結は丹羽を振り切って帰ろうとして人にぶつかってしまう。

それはネクラにとっては最も苦手なキラキラした人種でイケメンの2人だった。

口が悪い方は紫と呼ばれており、軽い方は冬吾と呼ばれていた。

家はどのへんか、送って行こうかと手を差し伸べる冬吾の手を、すかさず間に入った丹羽が払って私のに触んなと怒る。

一触即発の冬吾と丹羽をよそに結をじっと見つめる紫。

紫は顔を近づけると結のことを割と本気で可愛いと言う。

ガオに似ていると言う紫にたしかにと言う冬吾。

ガオはぬいぐるみのようだった。

紫が結に血が出ていると触ろうとすると、丹羽はその手も払い、

結は潔癖+対人恐怖症だからお触りNGだと言う。

そのキーワードにもしかして長谷倉結かと聞く2人。

家に帰宅するとヘラヘラした父が弟は2人だと言ってなかったかと言う。

彼らは結の弟になるようだった。

まだ籍は入れていないと言うものの、母となる文子さんと弟達も同居を開始するようだった。

冬吾は17歳、紫は16歳だが、自分よりでかい弟に最悪だと思う。

転校してきて早速話題になる弟達。

名字も違うし大丈夫だろうと思っていると、冬吾がお昼を食べようとやって来る。

キラキラオーラを振りまく冬吾は王子キャラが身についていると自分で言う。

牽制する丹羽をよそに、結は一人でいるのが好きなのか、寂しくないのかと聞く。

そこへ紫がやって来る。

結にちょっかい出すなと言いつつ、結に冬吾はアホだから誤解されやすいが

本当にただの天然だからと言い、少し赤くなりながら嫌いにならないでと言う。

その反応に結を含め、周りの人がみんなぶち抜かれてしまう。

ちなみに冬吾は紫のことを溺愛しているとのこと。

結は冬吾の寂しくないのと言う言葉を反芻しながら、どうして冬吾の方が辛そうな顔をしていたのだろうと思う。

家で夕食時、文子の料理をデパ地下で買ってきたから美味いと口々に言う兄弟。

文子は結が大皿で食べられないからだと言うが、兄弟たちは結の皿に自分たちの苦手なものなどを乗せていく。

文子に怒られる兄弟をよそに、気を遣って打ち解けようとしてくれているのは分かるが、

自分は汚いし仲良くしてくれなくていいから入ってこないでほしいと思う。

紫が結のコップを間違えて飲みそうになると、結は慌ててそれを払い、

紫に食事などがかかってしまう。

すぐに冷やした方がと慌てる父。

謝らなきゃとドキドキする結に、冬吾は結の潔癖症は理解したいと思っているし、

今のは不注意だった紫が悪いと言いつつも、紫を傷つけるのはダメだと冷静に言う。

結は頭では謝らなければと思うのに、口では理解してほしいなんて頼んでないしほっといてほしいと吐き捨てて家を出て行ってしまう。

冬吾は父に結はただの潔癖症じゃないだろうと問う。

結は潔癖症ではなく強迫性障害なのだと答えた。

結は幼い頃の虐待のせいで自分が汚いと思い込み、そのせいで自分に触ると周りにそれが移ってしまうと考えているのだと言う。

投薬治療もなかなか効果が出ず、生活に支障がない範囲なので気長に改善されるのを待っているのだと言う。

父は結はとても優しい子なんだよと微笑み、2人に結をよろしく頼むと伝える。

公園まで走ってきた結は紫が自分のバイキンを飲み込んで大丈夫だっただろうかと思う。

汗と震えが止まらず、久しぶりに発作になるも薬を持っていない結。

結はその場に倒れこみながら、自分はやはり人と関わってはいけないのだと思った。

ネクラには刺激が強すぎる1話を読んだ感想

タイトルや表紙の感じ、ライトなキャラクター達の割になかなかヘビーなテーマだったな。

4歳のときに母親にネグレクトされて自分を汚いと思い込んでしまい、そのまま成長したってなんて切ないんだろう。

お父さんが自分のバイキンのせいで死んじゃうって、泣きながら4歳児が言ってるのを想像するとこっちまで泣けてくる。

でも結の周りの人間たちがちゃんと結を理解して優しく関わってくれているのが救いだったな。

丹羽も父も強迫性障害の結を丸ごと受け止めてる感じで。

強迫性障害の子がいきなり他人と暮らすのはなかなか荒療治だと思うけど、

冬吾と紫もいい子達そうだし、この出会いが結にとってプラスになるといいな。

←前話 次話→

まとめ

「ネクラには刺激が強すぎる」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛8冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると全巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料