プロミス・シンデレラ19

この記事では、話題の大人気漫画・橘オレコさんの「プロミス・シンデレラ」3巻に収録されている19話のネタバレと感想をお届けします!

プロミス・シンデレラ3表紙


←前話 次話→

プロミス・シンデレラ19話のネタバレ

昨日見ました、茶房で洸也さんと抱き合ってるとこ、と千葉が言う。

ひえー見られてたーと内心焦る早梅。

それは、あの・・となんとか言い訳をしようとするが、お客様も見てるかもしれないのにあんなところで、と千葉に言われてしまう。

洸也さんは元々ああゆう人ですけど、桂木さんはどうして抵抗しないんですか?付き合ってないんですよね?と千葉の質問攻めに、付き合ってません、すみません、と答える早梅。

壱成様のことはどう思ってるんですか?と千葉が聞く。

まさかの質問にキョトンとした表情をしてしまう早梅。

どうも思ってません、ときっぱり答える。

逆に即答とか怪しくない?と千葉と松野に思わせてしまう。

壱成の気持ちを試したんじゃないか、わざと洸也に抱きついたんじゃないか、と千葉が言う。

松野も加勢するかのように、そんな中途半端なことをしたら壱成も洸也もかわいそう、と三人が話していると呼んだー?とドアを開けて洸也が入って来た。

すると、松野も千葉もお疲れ様でーす、仕事に戻らなきゃー、とそそくさとその場を立ち去っていった。

仲居二人にバイバーイと言いつつ、待たせたな、早梅、とカッコつける洸也。

お疲れ様です、近いです、と距離を取ろうとする早梅。

昨日のことでなんか言われた?と洸也が尋ねる。

あんなとこで抱き合うなって言われました、と早梅も素直に答える。

確かに目立つよね、あそこ、今度は場所変えよっか、と冗談混じりで話す洸也に人も変えてください、ときっぱり答える早梅。

それで仕返しってなんだったんですか?と聞く早梅に、早梅ちゃんとイチャイチャして壱成にヤキモチを妬かせようと思ったんだ、と答える洸也。

ヤキモチって・・・それじゃまるで壱成が私のこと好きみたいじゃないですかーと笑いながら答える早梅に、がんばれ壱成くん、と心の中で思う洸也。

二人が会話しているところに藤田さんが通りがかる。

またおしゃべりか、と怒鳴られてしまう二人。

昨日急に常連様の予約が入って忙しいんだ、と言う藤田さんに、もしかして西園寺様・・・と尋ねる洸也。

そうだよ、と答える藤田さんに、なんだかまずいといった様子の洸也。

藤田さんも桂木さんは特に気をつけな、と早梅に注告をする。

え?と戸惑う早梅に、アンタ受け流すってことが苦手なようだからね、「我慢」だって時には必要なことだよ、大人なんだからね、と藤田さんが言う。

くれぐれも失礼のないように、と言ってその場を立ち去る藤田さん。

大丈夫かなあと心配する洸也。

雑巾を絞り、廊下の窓ガラスを磨いている早梅。

改めて自分が我慢が苦手な人間だということを考えている。

ちゃんと意識しなきゃ、と自分に言い聞かせる早梅。

掃除をしている早梅の背後で誰かがヒソヒソと話す声が聞こえる。

早梅が視線を向けると、仲居二人がパッと顔をそらして歩いていく。

ガマンガマン、と言い聞かせる早梅。

掃除を終え、従業員専用の休憩室らしきところにきた早梅。

お疲れ様です、と坂村さんが早梅に声をかける。

早梅もお疲れ様です、と答える。

桂木さんも休憩ですか?仕事どうです?慣れてきました?と聞く坂村さんに、はい、初日に比べたらだいぶ・・・と笑顔で答える早梅。

千葉さんたちに何か言われてたみたいですけど大丈夫ですか?と坂村さんが尋ねる。

さっきの見てました?と早梅も気まずそうな笑顔で答える。

元々キツめの子たちなんで気にしない方がいいですよ、桂木さん、仕事覚えるの早いし根性あるし嫉妬してるんですよ、と優しく話す坂村さん。

藤田さんもたまに鬼に見えますよね、と冗談混じりで楽しそうに話す坂村さん。

坂村さんの可愛い笑顔に見とれる早梅なのでした。

坂村さんのことをもっと聞こうと早梅が話そうとした時、休憩中申し訳ないが西園寺様がお見えになった、お出迎えに行くよ、と藤田さんがやってきた。

旅館前。

高級車が止まり、車からヒョウ柄のハイヒールを履いた女性が降りてくる。

女性の両脇には、セミロングヘアの美少年が二人。

その女性がファサっと帽子をとる。

サングラスをかけた二重アゴのどしっとした趣の女性。

いらっしゃいませ、西園寺様、とずらりと旅館のスタッフがお出迎えをする。

そこには悦子もいる。

お変わりないようで、と声をかける悦子に、あなたも元気そうね、悦子さん、と西園寺さんが答える。

悦子がその場にいたことに驚く早梅。

西園寺様は、15年以上前からの常連様で若手男性俳優事務所の女社長なんです、超お金持ち、と早梅の横にいた坂村さんがこそっと教えてくれる。

キョロキョロと周りを見渡し、成吾は?と尋ねる西園寺様。

生憎、成吾は外に出ておりまして・・・と答える悦子。

いつ戻るのかしら?と聞かれ、本日中は難しいかと・・と答えた悦子に、なんですってえ?とサングラスを外しながら言う西園寺様。

成吾に癒してもらうためにきたのに、だったらもう帰ろうかしら、と言い出す西園寺様をまあそう言わずに・・と悦子がなだめる。

昨日の時点で確認してから来るべきだったわ、と文句を言いながらも悦子と歩いていく西園寺様。

西園寺様にとって、成吾は大のお気に入りらしく、今までは必ず成吾がいたのだが今回はその本人が不在なことで旅館のスタッフたちには不安な空気が流れていた。

旅館の一室で、男性スタッフを前に、お前たちだけで十分やれる!と喝を入れている悦子。

いつもより襟元を開けろ!と言われ、ばっと襟元を開ける男性スタッフたち。

そんな男性スタッフのそばを、食事を運びながら通りがかる早梅と坂村さん。

毎回こんな風に館内の男性スタッフが駆り出されてホストクラブ状態になるんです、と言う坂村さん。

ホスト行けよって思うんですけど旅館で働く和装男子が好きなんですって〜と言う坂村さんに、へえ〜〜と聞いている早梅。

はあ〜とため息をつきながら、お付きの美少年にもたれかかる西園寺様。

退屈ねえ、お料理はまだなの?私の到着時間は伝えていたはずなのにどうしてこんなに遅いのかしら?と言われ、焦る男性スタッフたち。

ちらっと男性スタッフの方に目をやり、アナタずーっとそこに立ってるってことは何かやってくれるのかしら?と言う西園寺様。

話しかけられた男性スタッフは、僕ですか?と困っている。

芸でもやってくれるのか、と言われる男性スタッフ。
少しの沈黙の後、男性スタッフも渾身の一発芸をするが、全くウケない。

悦子も心配そうに部屋の外で見守っているが、どうやら女性はこの部屋には入れないらしい。

成吾に連絡をしても無理だろうし、と悦子がぼやきながら携帯の画面を見ていると、そこには壱成の子供の頃の写真が待ち受けがめんに表示されていた。

代わりがおったぞ!と喜んだ声で言う悦子。

食事の準備をしている早梅の元に松野と千葉がやって来る。

その料理を部屋の中まで運ぶようにって大女将からの伝言です、と千葉が言う。

でもさっきまで男性スタッフが部屋の外まで取りに来て・・・と答える早梅に、男性スタッフは接待に集中させるんですって!と必死に答える千葉。

ほら料理が冷めちゃいますよ、新人なんだから口答えせず指示に従ってください、と千葉が早梅をぐいぐいと押す。

ちょっと・・・と早梅も言い返そうとするが、ぐっとこらえ、がまんがまん、と自分に言い聞かせる。

失礼いたします、お料理をお持ちしました、と早梅が部屋の襖を開ける。

西園寺様がギロッと睨む。

何なのアナタ、配膳担当変わったの?と西園寺様が言う。

担当が忙しそうだったので私がここまで運ばせていただきました、すぐ下がりますので、と答える早梅を睨みつける西園寺様。

やだ、縁踏んでるけど?と西園寺様が言う。

縁・・ですか?と早梅が不思議そうに言う。

なんのことだかさっぱりって顔ね、と西園寺様が呆れた様子で答える。

畳の縁はこの旅館の格式を表しているの、それを仲居が踏むなんて考えられないわ、と話す西園寺様。

こんなマナー知らずに料理を運ばせるなんてここも落ちたものね、と言いながらお付きの美少年にまたもたれかかる西園寺様。

今のここには、アナタくらいの仲居がちょうどいいのかもしれないわねえ、とさらに嫌味を言う西園寺様。

申し訳ありません、以後気をつけます、と早梅も謝罪する。

おまけにここの坊やたちは私にため息をつかせてばかり、芸ができるというからやらせてみればちっとも笑えない、と男性スタッフのダメ出しまで始まる。

それを聞きながら、我慢我慢、と言い聞かせている早梅。

アナタがやるべきことは芸ではなくお客を喜ばせることじゃないの?違うからしら?と男性スタッフに近づき、ダメ出しをする西園寺様。

さっきから返事のひとつもないけど、と言われ、小さな声で申し訳ありません・・と言おうとする男性スタッフの言葉に被せるように、きーこーえーなーいーわーよー、と言う西園寺様。

旅館に対する不満が爆発し始める西園寺様。

成吾以外は接客のプロフェッショナルだとは思えない、アナタいい年してそうなわりに空っぽの人間に見えるわ、お客のためって何か理解してる?アナタのような人材しか育たないなんて立派な館が泣いてるわよ、と止まらない西園寺様の嫌味に、あの、お料理が冷めてしまいますので、と言う早梅。

なんですってえ?と早梅を睨みつける。

襖の外からその光景を眺めている松野と千葉。

壱成の通う高校。

ポケットに入れているスマホの着信が鳴る。

スマホを取り出し、画面をみると“ババア”と表示されている。

チッと舌打ちする壱成。

んっだよクソババア!と言いながら電話にでる壱成なのでした。

 

プロミス・シンデレラ19話を読んだ感想

松野と千葉にハメられちゃった早梅。
やっぱりなんか仕掛けてくると思ってました。

坂村さんのサバサバした感じや冗談混じりで楽しそうに話す姿は素敵ですね。
あまり坂村さんについての描写は今のところありませんが、早梅的には彼女のことを気に入ってそう。

職場にこう言うサバサバした女性って大抵一人はいますよね。
そういう人がいてくれるからこそ助かってる人もいると思うな。

西園寺様のラスボス感がすごい。
それに怯むことなく、挑んだ早梅もすごい。(語彙力)
我慢できるのか、早梅。

悦子が壱成に電話をした様子。
壱成が旅館に来るのかな?絶対に和装似合うだろうな〜。
壱成が早梅のピンチを助けに来てくれる展開が楽しみ!


←前話 次話→

まとめ

「プロミス・シンデレラ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛5冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると8巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料