プロミス・シンデレラ20

この記事では、話題の大人気漫画・橘オレコさんの「プロミス・シンデレラ」3巻に収録されている20話のネタバレと感想をお届けします!

プロミス・シンデレラ3表紙


←前話 次話→

プロミス・シンデレラ20話のネタバレ

坂村さんが茶房に洸也を訪ねてやってくる。

手の空いてるスタッフがいるかと聞くが、もうみんな引っこ抜かれて俺しかいないよ、と洸也に言われる。

茶房の責任者でもある洸也に抜けられるわけにもいかず、茶房をあとにする坂村さん。

そう言われると気になる洸也。

ちょっと覗いてきてもいい?とスタッフに声をかける洸也。

なぜ早梅が部屋の中にいるのかと目を疑う悦子。

料理はここまででいいと言っておいたはず、この部屋に女が入ってはならん!と、目の前の光景が信じられない様子。

西園寺様が、聞こえなかったわ、もう一度いいかしら?と早梅に言う。

早梅もお料理が冷めてしまいますのでお話しはそのあたりにされてはいかがでしょうか、と気まずいながらも答える。

実際、心の中では、我慢しろって言われたばかりなのに私のバカ、と自分の発言に後悔している早梅。

お料理を食べるタイミングなんて私の好きにさせてくれないかしら、今この坊やとお話ししてるの、と西園寺様に言われてしまう。

温かいうちに召し上がっていただけるとシェフも喜びます。
お話しはあとになさっても、と目をそらしながらもめげない早梅。
そんな早梅の発言に、生意気な子ね、と西園寺様が言う。

悦子が襖の外から心配そうに眺めている。

アナタ見ない顔だけど最近入った子かしら?と聞かれ、先週入社したばかりです、と答える早梅。

襖の外では悦子と吉寅が何かの準備をしている様子。

そういえば昔アナタにそっくりな子がいたわ、と話し出す西園寺様。

自分の立場もわきまえずあれこれ言いだしてきてね、最終的にその子はここを辞めることになったけど、と西園寺様が話したあとに、早梅がそれが何か?と答える。

全く動揺しない早梅に、面白いじゃない、と西園寺様もなんだか楽しげな様子。

すると、失礼いたします、と悦子が襖を開ける。

一人追加したいものがいるのですがよろしいでしょうか、と言う悦子に興奮気味で成吾が来他の?!と答える西園寺様。

しかし、悦子は謝罪した上で、成吾はやはり本日中に戻るのは厳しいので・・・と話しながら、悦子の隣に座っている壱成を紹介する。

髪をセンターで分け、きっちりと着物を着て座っている壱成。

壱成・・・?と西園寺様も驚く。

早梅や仲居の松野と千葉もいつもと違う壱成の姿に驚きを隠せない。

悦子に入れ、と言われ部屋に入っていく壱成。

そんな壱成に口パクで何してんのよ、と早梅が言うが壱成は知らん顔をする。

高校で悦子からの電話に出た壱成。

なんの用だよババア、と怒りながら電話にでる壱成に悦子が、早梅からの電話だと期待したから怒ってるのか?と茶化して答える。

ちげーよ、バカ、と顔を赤くしながら言い返す壱成に、今すぐ旅館に来い、仕事させてやる、と悦子が真剣に言う。

誰が旅館なんかに、と言おうとする壱成に、昨日、壱成が旅館に行ったのを知っていたように、一度入ったんだからそんなに抵抗はないだろう、と悦子に言われる。

二度と行かねえよ、と電話を切ろうとした時、旅館で今日一日働くならお前に貸してる42万をチャラにしてやる、と言われ止まる壱成。

成吾も父親もおらんぞ、と悦子が付け加える。

それでも、行かねーっつってんだろ、切るぞまじで、と言う壱成に、お前と話したい奴がいるんだと悦子が電話を代わる。

早梅かなと期待している壱成をよそに電話に出たのは洸也。

わかるかな?改めて初めましてだね、と話す洸也。

えーっと、と洸也は言いながら悦子の“あおって、あおって”と言う指示に従い、今日来てくれなかったら早梅ちゃんに昨日の続きしちゃおっかな〜と冗談混じりで話す。

そのあと、悦子が電話に代わり、よく考えて決断せい、と言って電話を切られる壱成。

壱成は学校から姿を消した。

と、回想しながら表情で“いろいろあった”と早梅に伝える壱成。

早梅も“そっか”と反応する。

襖の外から悦子と洸也が顔を覗かせ、42万ぶん働いてもらうぞーと楽しそうにしている。

こっちへ来なさい、と西園寺様が壱成に言う。

悦子に、余計なお喋りはするな、アホがバレる、お客様の言う通りにしていればいい、話す時は敬語じゃぞ、と言われた壱成は無言で近づく。

すると、満面の笑みで、大きくなったわねえ、壱成ちゃん、と大喜びな様子の西園寺様。

おばちゃんのこと覚えてな〜い?3つか4つの時に何度か会ってるんだけど、と話す西園寺様の表情はまるで別人なくらいに笑顔で早梅は呆然としてしまう。

知らねっす、と何の愛想もなくズバッと答える壱成に、そうよねえ、小ちゃかったもんね〜と嬉しそうに話す西園寺様。

突然、ぐいっと壱成の手を引っ張り、会いたかったわ!と抱きしめる西園寺様。

わしゃわしゃと壱成の頭を撫でながら、今日は来てよかった〜と話している。

その光景を間近で見ている早梅は、笑いを堪えられずにいる。

壱成が抱きしめられながらも襖の外にいる悦子に視線を送る。

悦子も口パクで、“ばっちり”と合図する。

覚えとけよ、あいつら、と思いながらされるがままの壱成。

部屋を後にしようとする早梅。

着物の裾に引っかかり、つまずきそうになるのを洸也に助けられる。

その光景を見ていた壱成がブチっと切れる。

あのセクハラ野郎—!とキレた壱成は、無意識に西園寺様の胸を鷲掴みにする。

壱成の豹変っぷりに戸惑う西園寺様だったが、久しぶりの再会なんだから顔を見せて、と壱成の顔を両手で持ち自分の方に顔を向けさせる西園寺様。

壱成の綺麗な顔立ちを見て、お芝居とか興味ない?と聞く西園寺様に、ねえわボケ、と返す壱成。

あまりの発言についていけない西園寺様だったが、なんでもねっス、と壱成が言う。

悦子が心配そうに襖の外から眺めている。

それにしてもよく似てるわ、卒業したらここに入るんでしょう?これなら成吾がいない日でも楽しめそう、と話をする西園寺様に、あいつの代わりとか勘弁してくれよ、と言う壱成。

どうして?仲でも悪いの?あんなに仲良しだったのに、と聞かれ、いくつん時の話だよ、と答える壱成。

もしかして、親が離婚した時にもめたの?と西園寺様が聞く。

もしそうなら気にすることはないわ、あれは誰のせいでもないんだから、と知ったように話す西園寺様。

お母さんとは元気にやってるの?私も久々に会いたいわ、と西園寺様が言った途端、食事台をガシャんと叩く壱成。

そいつの話しないでくれよ、胸糞悪いからさ、と壱成がさらにキレる。

俺はあの女ととっくに縁切ってけど、血の繋がりだけはどうにもならねえから困ってんだよな、忘れたと思えばアンタみたいな過去に関係のあった連中が記憶をほじくりかえしてきやがる、と話す壱成。

襖の外では悦子が他の男性スタッフに指示を出し、男性スタッフが壱成を抑えかかる。

もう思い出したくない、と言う壱成。

西園寺様に襲い掛かりそうになる壱成を洸也が止めに入る。

てめえ、とさらに怒りを爆発させようとする壱成に後ろから早梅が壱成の頭を抑え、床に叩きつける。

放せ、くそ早梅!と叫んでいる壱成をよそに洸也が自己紹介も兼ねて西園寺様の対応に入る。

ケガはないけど混乱しているわ、と話す西園寺様。

洸也も謝罪する。

その横で早梅が壱成を押さえつけながら、何するつもりだったのよと怒っている。

おどかそーとしただけだっつの、と答えている壱成。

西園寺様の手の汚れを拭き取りながら、大きな会社の社長様はパワフルで若々しい、魅力的ですね、と話す洸也。

西園寺様の手を握りながら、30代半ばのおっさんじゃあお相手務まりませんかね?と切ない表情でアピールし、西園寺様の心を射止めることに成功する洸也なのでした。

壱成と一緒に部屋を立ち去ろうとする早梅に、そこのあなた、と声をかける西園寺様。

あなたはまだ残っていなさい、と言われる早梅。

私ですか?と確認するが、そうよ、と言われてしまう。

気まずそうにする洸也と早梅。

すると、今日は変わり者と飲みたい気分なの、とまさかの発言をする西園寺様。

その場にいた早梅、悦子、洸也、他のスタッフも驚く。

説教されるとでも思ったの?大方誰かに意地悪でもされてこの部屋に入って来たんでしょ、と話す西園寺様。

もともとこの旅館が好きだったと話し始める西園寺様。

和装男子が好きなわけでもなく、女性に部屋に入ってきて欲しくないわけでもないと言う。

早梅のような新人にきつく指導して以来、徐々に女性が部屋に入らなくなり、女将がいなくなり、悦子が復帰した時にはこの旅館はもうこんな状態だった、と話す。

以前と比べるとおもてなしを履き違えている部分もあってつまらない気持ちになったこともあるが、それでも通うのは、片岡成吾が私の好きだったおもてなしの心を引き継いでいるから、彼だけが人と人との会話を楽しませてくれる、彼に会えるだけで有意義な休日を過ごせたという気持ちになるわ、と満足気に話す西園寺様。

それだけで十分来る価値はありそうと思っていたけど、今度からはもっと楽しめそうね、と早梅のことを見ながら話す。

そう言われ、嬉しくなる早梅。

洸也とも目を見合わせる。

そんな洸也と早梅の二人の姿を後ろから見ている壱成はとても悔しそうにしているのでした。

 

プロミス・シンデレラ20話を読んだ感想

早梅がかっこいい。
女としても女からも好かれるタイプだと思う。
(女の敵も作ってしまいがちだけど)

早梅の性格は敵も作りやすいけど、味方になってくれる人もたくさんいるんだろうな。
私もそんな人になりたい。

西園寺様みたいな人って、私の主観的には実際、世の中に結構いると思う。
勘違いされている人というか、本当はそこまで嫌な人でもないのに、周囲が気を使うあまり嫌な人、めんどくさい人扱いされちゃう人。

壱成のキレっぷりは久々だった気がする。
よっぽど暗い過去というかややこしい家庭で育ったのかな。

お兄さんとの確執。
お母さんのこともすごく嫌いそうだし。
家族が敵ばかりじゃ大変だろうに。

それでも悦子と洸也の作戦にまんまとのせられちゃう壱成はやっぱり可愛んですけどね。


←前話 次話→

まとめ

「プロミス・シンデレラ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛5冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると8巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料