プロミス・シンデレラ26

この記事では、話題の大人気漫画・橘オレコさんの「プロミス・シンデレラ」4巻に収録されている26話のネタバレと感想をお届けします!

プロミス・シンデレラ4表紙


←前話 次話→

プロミス・シンデレラ26話のネタバレ

朝、壱成の自宅にて。

リビングのテーブルで何かを一生懸命書いている壱成。

それをソファに座りながら見つめる悦子。

メモには、今までのミッションのように、1.映画に行く、2.買い物に行く、3.ネズミーランドに行く、4.水族館、5.動物園、6.なんかうまいもん食いに行く、と書かれている。

しばらく、自分の書いたそのメモを見つめながら、急すぎるか?と心配する壱成。

でも、あいつには悪いことしたし、その詫びだって言えばそんなおかしくは・・と頭の中で悶々と考える壱成。

それを後ろからそーっと覗こうとする悦子。

覗くなクソババア!と照れながら隠す壱成。

ゲームは終わったと聞いたがのう、と悦子が言う。

借金はもうねえよ、それはあいつとも話ついてる、今書いてんのはただの遊びだ、悪いか、と照れながら言う壱成。

そんなことせんとデートにも誘えんのか、情けないのう、と悦子に言われてしまう壱成。

デデデデートじゃねえし、と顔を真っ赤にして言う壱成。

すると、壱成——!と大きな声で早梅が呼んでいる。

ビクッとする壱成は思わずメモもくしゃっとする。

今から仕事行くんだけどその前にちょっと・・・悦子さんもいいですか?と早梅がリビングに入ってくる。

改めてこの前の件を謝る早梅。

掛け軸の借金の件については壱成と話がついているが、そうするとなおさら私がここに置かせてもらう意味がなくなってしまって、と話し出す。

完全に私が甘えてしまっている状態でこのままズルズルいくのはよくないと思うんです、と続ける。

自分で計算して、このまま仕事を続ければだいたい半年で引っ越し費用は貯まるので半年の間だけここに置かせてもらってもいいですか?と早梅が尋ねる。

半年と言わずもっとゆっくりしていけばいい、と悦子が言うが、でもこんな歳なんでさすがに自立しないと、と早梅が答える。

ここでお世話になっているうちは生活費も入れさせてください、仕事も始めたしそこはちゃんとしないとと思ってるので、と早梅が言う。

話しているうちに時間が過ぎ、仕事の時間なので行かなきゃと早梅は家を出ようとする。

去り際に、壱成、今日は早番だから18時には帰ります!と宣言していく早梅。

もたもたしてられんのう、とお茶をすすりながら悦子が壱成に言う。

半年だと・・・!と壱成も内心焦るのでした。

仕事へ向かいながら、公園で色々あったあの日から三日が経った、と考えながら歩く早梅。

あの日、家に帰ると悦子は遅い時間にも関わらず居間にいて、「ひどい格好じゃ」と笑いあとは何も言わず、壱成が不器用ながら吉寅に謝っていた姿を見た早梅。

その後学校ではケンカした友達となんとか和解し、それ以来イジメもしていない、と壱成が言っていたのを聞いた。

間に合った、と旅館にたどり着く早梅。

その時、ざりっと誰かが歩く音を耳にして振り返るとそこには成吾が和装姿で立っていた。

成吾を見た瞬間、あれ、この人どこかで、と心当たりがある様子の早梅だったが、おはようございます、と言われ、はっ、と我に返り、おはようございます!と言いながらお辞儀をする早梅。

最近入社された桂木さん・・・ですよね?と成吾が聞く。

早梅も自己紹介をする。

すると、やっぱりそうでしたか、私はこの旅館の副社長を務めている片岡成吾といいます、よろしくお願いします、と成吾も挨拶をした。

壱成のお兄さんだ、道理で見覚えあるわけだ・・と心の中で思う早梅。

よろしくお願いします、と言いながら時間忘れてたと気付き、私着替えてきます、と言って急いでその場を後にしようとする早梅。

すると、成吾が朝礼のあと少し時間いいですか?と早梅に尋ねる。

なんだろう、と思いつつ、はい、と答える早梅。

壱成のお兄さんだったのか、顔は似てるけど雰囲気が全然違うなあ、と思いながら着替えに向かう早梅。

おはようございます、とスタッフの部屋を開けるとバタバタと準備をしている他のスタッフ(仲居)たち。

入念に化粧をしている千葉の姿も。

おはようございます、と坂村さんが早梅に声をかける。

いつもよりみんなの出勤が早いことを尋ねる早梅。

成吾様が出勤の日はみんなこうなんです、普段と雰囲気全然違うんですよねー気が引き締まるというか、と話す坂村さん。

ほう、一体、どんな方なんだろう、とその話を聞いて思う早梅なのでした。

それでは朝礼を始めたいと思います、と藤田さんが言う。

本日の予約状況から、と朝礼が始まる。

早梅を含め、仲居たちはメモを取りながら聞いている。

藤田さんからの伝達事項の共有が終わり、社長と若旦那に新人の紹介を・・・桂木さん、と藤田さんが早梅に引き継ぐ。

はい!と緊張しながら返事をする早梅。

二週間ほど前に入社しました、桂木早梅です、よろしくお願いします、と言いながらお辞儀をする早梅。

よろしくお願いします、と成吾が答える。
挨拶ができたことにホッと一安心しながら、隣の方はもしかして壱成のお父さんかな、と早梅は思う。

藤田さんが社長、若旦那からなにかありましたら・・と朝礼を進める。

社長は何も言わず、成吾が、では私から少し、と発言する。

旅館を空けている間、藤田さんから日報を受けていたと話す成吾。

特に大きな問題はなかったようで皆さんありがとうございます、と成吾が言う。

ただ一点だけ西園寺様がいらっしゃった際、研修中の桂木さんが配膳とお話相手を担当されたと聞きました、と成吾が言い、ギクっとする早梅、千葉、松野の三人。

新人であってももちろん大事な従業員の一人ですが入社してから三ヶ月間はまずプロになる訓練に徹底していただき接客はその後・・という規則があります、と話しを続ける成吾。

なぜそのような流れになったのかおおかたは藤田さんから電話で聞いています、と言われ千葉と松野が藤田さんの方に顔を向ける。

皆さん、お客様第一に考え行動しましょう、と成吾が言う。

規則とはお客様に最高のサービスを提供するために過去にここで働いてきた方々が考え抜いたルールです、それを破るということはお客様のことを考えていないに等しいこと、もう一度初心に返り接客のプロとしての自覚を持ち本日も一日励んでいきましょう、と朝礼をまとめる成吾。

それを聞きながら、間違いない、呼び出された理由これだ、とずーんと落ち込む早梅。

朝礼の後、桂木さん、と成吾が呼び出す。

呼び出しをされている早梅を見て、クスクスと笑っている千葉と松野。

成吾の後を歩く早梅。

どうぞ入ってください、と言われ部屋に入る早梅。

部屋に入り、早梅の顔を見つめ、僕のこと覚えてますか?と突然尋ねる成吾。

予想とは違う質問に、・・・え?と驚く早梅なのでした。

 

プロミス・シンデレラ26話を読んだ感想

早梅をデートに誘うのも今までのサイコロゲームのように書いている壱成、可愛いですね。
いきなり素直になんてなれないですよね。

でも半年しかないよ!もたもたしてたらまた早梅が出てっちゃうよ、とまるで壱成のお姉ちゃんかにでもなったような気分になりました。

成吾がいよいよストーリーに本格的に絡んできましたね。

しかも早梅とは昔から知り合いだった説?成吾とまで仲良くしてたらまた他の仲居さんに目をつけられちゃいそうだけど大丈夫かな。

しかも成吾と明も繋がりがありそうだし、壱成と早梅の関係も気になるけど、今後どうなっていくのか楽しみです!


←前話 次話→

まとめ

「プロミス・シンデレラ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛5冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると8巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料