プロミス・シンデレラ28

この記事では、話題の大人気漫画・橘オレコさんの「プロミス・シンデレラ」4巻に収録されている28話のネタバレと感想をお届けします!

プロミス・シンデレラ4表紙


←前話 次話→

プロミス・シンデレラ28話のネタバレ

じゃあ、ちょっと出かけてきます、とロングスカート姿の早梅。

今までスカート姿の早梅を見たことのない壱成、悦子、吉寅は衝撃を受ける。

気をつけてのう、と言う悦子に、そんなに遅くはならないと思うので、と挨拶をして家を出て行く早梅。

呆然と眺めている三人。

そーっと扉の下から覗き込む壱成。

誰と約束しとるんじゃ早梅は、スカートなんて初めて見たぞ、と悦子が言う。

知人と外でメシ食うんだってよ、と壱成が答える。

男じゃ、と悦子が壱成に言う。

なんだか今日はわしも外で夕飯をとりたい気分。吉寅〜車出してくれんかのう、と悦子が叫ぶ。

俺も行く、と小さい声で言う壱成。

車を出す吉寅。

見失ったのう、と悦子がボソッと言う。

女っぽい格好してた、あいつ・・と早梅の姿を思い浮かべる壱成。

男・・?いつの間にそんな・・それっぽい気配全くなかっただろ、と焦る壱成。

まさかまたあのセクハラ野郎か?それとも誰か別の・・いや、男と決まったわけじゃねえ、職場で仲良くなった女友達の可能性だって・・と一人で考え込み始める壱成。

すると、悦子が、お!あの車は確か成・・と言いかけ、衝撃を受ける悦子と吉寅。

そんな二人に気づかず、やっぱスカートってのが引っかかる、今まで夜に外出することだってなかった、相手が誰かまで聞くべきだったか・・と考えている壱成に、壱成、現実を受け止めるんじゃ、と悦子が深刻な表情で言う。

こちらスパークリングワインでございます、とウェイターがグラスにワインを注いでいる。

そんな緊張するなよ、と成吾が言う。

いや、まさかここまでのお店とは、と早梅は完全に緊張しきっている。

あんまり来ない?と聞く成吾に、あんまりというか初めてというか、どうやって食べるのこれ、と答える早梅。

早梅は左利きだっけ?と聞く成吾にうん、と答える早梅。

じゃあナイフを右手で持って、と言う成吾にさすがにそれくらいはわかるよ!と少し怒る早梅。

はは、悪い冗談だよ、と成吾が笑って答える。

そんな早梅と成吾の二人が座るテーブルのすぐ後ろに座る壱成、悦子、吉寅の三人。

どういうことだ?なんであいつと早梅が一緒に・・なんでこんな親しげなんだよ、と壱成は完全に焦っている。

飲み物どうする?同じもの?と聞く成吾に、あ、いや、私はこれで、あとはお水で大丈夫かな、と答える早梅。

もう酔ったのか?と聞かれ、酔ってはないけど、と答えながらお金が、と心の中で思う早梅。

まさか支払いのことなんて気にしてないだろうな?と成吾に言われ、ギクっとする早梅。

勘弁してくれ、今日は俺に格好つけさせてくれよ、と成吾が言う。

料理も足りなかったら遠慮せず追加注文しなよ、と言われ、ほんと大人っぽくなったなあ、10年前とは雰囲気が全然違うや、と成吾を見つめながら早梅は思う。

ところでなんであの家に早梅がいるんだ?旅館で働くことになった経緯も気になるし、と言われ、あーえっと・・それには色々と理由が・・と早梅は説明をした。

説明を終えた後、あの家でお世話になっている分、旅館の仕事も頑張りたいなと思っていますとお辞儀をする早梅。

少しの間の後、色々大変だったんだな、と答える成吾。

それにしてもあいつ、離婚して家を出てきた女性に対してゲームって、考えられない、と言う成吾。

お辞儀をしていた頭を上げ、それはいいの、結果色々助けてもらってるから、と言う早梅に、ちっともよくないよ、と頭を抱え答える成吾。

めちゃくちゃやってばっかりだ、いつになったら成長するんだか、と言う成吾の後ろで壱成がその発言を聞いている。

早梅はしばらく何かを思った後、成長してると思うよ、と成吾に伝えた。
たった二ヶ月しか一緒にいないけどその中でも大きく変わった気がする、私はそう感じるな、と言う早梅に、ずいぶんとあいつのことよく見てるんだな、と言う成吾。

そんな二人の会話を聞いている壱成。

あいつの考えていることはよくわからないが早梅があの家にい続ける理由って何だ?ゲームも終わって何かに縛られている訳でもない、金に困っているなら俺が貸してやってもいい、と成吾が真剣な面持ちで言う。

いや、それは・・と口ごもる早梅。

他にあの家を出られない理由があるのか?とまた聞かれ、ないよ、私がいたいだけなの!と早梅が強く答える。

あまりの自分の発言の勢いに、ハッとする早梅。

あ、でもあそこは成吾の家でもあるもんね、成吾が出てけって言うなら今すぐ出て行く!本当に!、と焦って話す早梅。

あいつか・・と成吾がボソっと言う。

壱成に気があるのか、と成吾が尋ねる。

まさか、と答える早梅。

それを聞きながら白目になる壱成。

まず向こうが私のことそういう対象で見てないでしょ、10コ年上だよ?私、とあっさり答える早梅。

その後ろで壱成を慰めている悦子と吉寅。

向こうじゃなくて早梅は?早梅自身はどうなんだよ、と成吾がまた尋ねる。
ないよ、と答えながらも目をそらす早梅。

そうか、まあそうだよな、と成吾が言う。

その後ろでさらにショックを受け落ち込んでいる壱成。

安心したよ、と成吾が言う。

え?と早梅が聞き返すが、いや、なんでもない、とはぐらかされてしまう。

しばらく考え事をするかのように黙り込む成吾に、なに?と尋ねる早梅。

すると、しばらく会わないうちにキレイになったな、と早梅を見ながら言う成吾。

赤くなる早梅。

そういうこと言う奴だったけ?と言う早梅に、どうだったかな、と答える。

後ろの席で、悦子があやつら、昔何かしらの関係にあったようじゃのう、とコソコソと話している。

気づくと、壱成はいなくなっていた。

夜の街を一人で歩く壱成。

”壱成に気があるのか?”と聞かれ、”まさか”、と答えていた二人の会話を思い出しながら歩く壱成。

いや、知ってたし、そんなん知ってたけど、実際口に出されるとダメージでかいっつーか、年の差なんてどうやったって埋まんねえししかも相手はあのクソ野郎、どうしろってんだよ!と考えながら歩いている。

えー!うっそでしょ!と大きな声でパチンコで騒いでいる男性が一人。

負け犬はおとなしく家に帰ろう、じゃーねおっちゃん、また来週、と言いながら店を出ようとしているその男性、店の外を歩く壱成を見つける。

おんやあ?と壱成を見つけて嬉しそうな洸也だった。

 

プロミス・シンデレラ28話を読んだ感想

明らかにスカートを履いていつもと違う格好の早梅を見て、尾行する三人が可愛い。
悦子は完全に楽しんでますよね。
それに気付きつつ、一生懸命な壱成がまた健気で高校生って可愛いなと思いますね。

成吾は一体、早梅をどうしたいんだろう?壱成とは一緒にいてほしくないのかな?
壱成と成吾の関係は、壱成が一方的にすごく嫌っているのかと思ってたけど成吾もやっぱり壱成のことは嫌いなのかな。

なんやかんやで可愛い弟とかって思ってそうかなと思っていました。

早梅はモテますね〜。
まあ女性の私から見ても気持ちいいくらいにサバサバしてるし素敵だと思いますね♪


←前話 次話→

まとめ

「プロミス・シンデレラ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛5冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると8巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料