離縁は致しかねます18

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」18話のネタバレと感想をお届けします!

 

>>30日間無料おためし中<<

漫画2巻分のポイントがタダでもらえちゃう♪


←前話 次話→

離縁は致しかねます!18話のネタバレ

初めて出会った千春に心惹かれてしまった寛志。

そして寛志は、千春を傷つけたくないと思うようになってしまいました。

そこで寛志が考えたのは、千春の実家の土地を狙う本間に、計画を取りやめてもらうように交渉を決意。

寛志は、本間に対して、「千春の実家への土地に代わりに別の土地を用意するつもりなので、千春の実家の土地を手に入れる計画から手を引いて欲しい。」と申し入れをします。

ところが、本間は、突然に寛志がそんな要求をしてくるなど、納得できないといった表情で、「吉川(千春の父親)が抱える負債はどうするつもりだ?」と、寛志に問いかけます。

その負債に対しても、寛志は「自分が負担するつもりです」と答えました。

それを聞いた本間は、何かを企むかのごとく、すこし考え込んだあと、
「寛志の頼みであれば、断ることは出来ない。」と一瞬、了承するそぶりをみせましたが、欲深い本間はさらに条件を追加してくるのです。

その条件とは、寛志が所有する山陰地方の製鉄所を本間に譲る。ということ。

「そこまで、条件をつけるのか」と、本間の欲深さに戸惑いを見せる寛志。

それに業務が順調に進んでいる製鉄所を本間に譲るのは、寛志にとっても相当な損失です。

とはいえ、これほどまでしないと本間という男がこれ以上自分しつこくつきまとってくるのも迷惑だと判断した寛志。

結局、製鉄所を手放す決心を固め、「本間との決別用、手切れ金と考えなければ」と自分に言い聞かせ、しぶしぶ了承することにしました。

それを知った寛志の周囲の知人達からは、

“寛志が失う利益の損失が多すぎではないか?
他に別の良い方法があったのではないかと、”

寛志が起こしたこの行動に、納得できないといわんばかりにぐちぐちと不満をぶつけられるというありさま。

さらには、“吉川(千春の父親)に負債を負担するための言い訳をどう伝えようと思っているのか。”

と、千春の父親の負債分を寛志が払うことになったことにまで、いちいち口出しをしてきます。

それに対して寛志は、不敵な笑みを浮かべ、「考えていることがある」と答え、そして

あのパーティで千春と出会った日の事を思い出しています。

寛志は「迎えにいくから諦めて待って」と千春に断言した約束を守るべく、

「父親の借金のカタに自分に嫁げと言っても受け付けないかもしれない、気の強い女性だったから・・・」と、

吉川の娘、千春を借金のカタに嫁にもらうと考えていることを、さりげなく周囲にほのめかす寛志。

“あの吉川の娘を借金のカタとして嫁にもらうなんて。”と知人たちは驚きを隠せませんでした。

寛志はこんな理由で千春を嫁にもらうことになったという事実を、千春に知られたら、去っていくだろうとは予感はしていました。

ところが、実際にそれが起こってしまったら、寛志は自分のそんな考えが浅はかだったことを知り、千春が去った今、猛烈な後悔と寂しさで、気持ちは落ち着かず自暴自棄な様子。

千春を失ったと思った寛志は、どうしようもなくすさんだ心持ちで過ごしています。

一方その頃、実家に戻ってきた千春。

嫁に行く前まで過ごした実家で、再び元と同じ様な生活をし始めること。

ある日、外出する父親を、実家の生活のまま、普段通り見送っていた千春、
そんな時でした「千春が実家に戻ったと聞いた」と巽が突然訪れます。

巽はてっきり千春が寛志と離縁をしたと思い、意気揚々と駆けつけたのですが、

千春の父親から、「実は、あの男(寛志)が出張の間だけ期限付き」と、

千春が実家に戻ったのは、離縁したわけではないことを知り、期待を裏切られたといわんばかりに落胆する様子の巽。

そうして、父親が外出して、千春と巽は二人っきりで会話ができる状況に。

巽はここぞとばかり千春に話を切り出します。

「あれ以来、千春のことがどうなったのかずっと気になっていた」と言う巽。

千春は自分を心配してくれていたのに、連絡をしなかった事を詫びると、

巽は「寛志が吉川の土地を本間と狙っていた。という話は噂話だったということだよね」と、巽は、千春が離縁をしていない、ということを知り、噂話であって欲しい。と本心から思っている様子を見せました。

ところが、千春は、

「勝手に寛志の家から出てきたのは出張だからではない、あの噂話が事実であったことを本人から聞いたから、」

と、巽の噂が真実であったことを告白。

さらに千春は、実家に戻った本当の理由を父親には何も言っていない。とも巽に説明をしました。

巽は、驚いた様子で、「寛志が出張でというのは嘘?」と尋ねると、

巽から寛志のことをを悪く言われたくない千春は、

「寛志が起こした事は何か理由があるのかもしれない、事実だと知って、自分も気持ちがパニックになり、最後までこの話がどうなったのか聞けていない」と、言い訳がましく巽に伝えると、話を続けます。

「寛志が実家の土地を奪う計画は自分と出会う以前の話で、自分と出会ってからは計画を変更したのだと思う」と千春は言い張ります。

この言葉には、そうであって欲しいという千春の気持ちが込められていました。

しかしそんな千春の思いをさえぎるように巽は、

「それは間違いだ」と巽は強く言い放ちました。

そして、「もし寛志が千春への好意がどんなにあっても、千春を騙してまで、自分の嫁にしようとしたことは、犯罪でしかない。」と千春が考えている寛志の人物像をきっぱりと否定する発言をします。

巽の犯罪だという強い言葉を聞いて、うろたえる千春ですが、なぜか、巽の言葉を信じ始めます。

そしてとうとう
「寛志行ってきたことはこの吉川家だけの話ではなく、他にも騙して、悲しませた家族や人々がいるに違いない。
だから、巽が言っていることも、あながち間違いではない」と考えるようになり、

千春は、表情を曇らせて、どんどん落ち込んでいったのです。

そんな千春の姿を見ていた巽は、

「気持ちを混乱させるようなことを発言をしてごめんね。だからこそお願いです。自分が千春ちゃんを支える存在になりたいと思っている。」と、千春に再び求婚をしたのでした。

離縁は致しかねます!18話を読んだ感想

やはり噂は本当だったのか。と巽は納得していますが、ここぞとばかりに求婚するのは卑怯ですね。
人の弱みにつけこむという感じがします。
たとえそれが、純粋に千春を守りたいと思っていたとしても、理解できません。

それに、今回で分かったことは、やはり寛志の思惑の中には、千春や家族を本間の魔の手から救ってあげたい。という気持ちが最初からあったのでは。
なぜなら、利益を得られる製鉄所まで、本間に譲ってしまうほどだったのだから。

それにもし、寛志が千春を嫁にしなければ、再びあの強欲な本間のことだから、吉川家の財産を根こそぎ奪い取りに来たかもしれません。
つまり、千春を嫁にしたのも、結局は吉川家を守ってくれる存在が寛志だったからだと信じたいです。

寛志の過去がどうであれ、吉川家を守ったのは事実です。
そのことに早く千春は気づいて欲しい。

卑怯者の巽より、寛志のほうが絶対千春を守れるはずだから。巽のプロポーズなんて、千春は断るべき。さあ、どうする千春。
巽を選ぶのか、はたまた、寛志との結婚生活を継続するのか、次回がとっても気になります。

←前話 次話→

まとめ

「離縁は致しかねます!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

漫画で読みたい!というあなたに向けて、無料で読む方法を調べました。

「離縁は致しかねます!」をめちゃコミックオリジナル漫画のため、無料ポイントが使えるサイトでは配信されていません。

離縁は致しかねます!を無料で読むことはできませんが、好きな漫画を無料&最安で読める方法があるんです。

実際の方法をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料