離縁は致しかねます19

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」19話のネタバレと感想をお届けします!

 

>>30日間無料おためし中<<

漫画2巻分のポイントがタダでもらえちゃう♪


←前話 次話→

離縁は致しかねます!19話のネタバレ

千春は寛志の家から飛び出し、実家に戻ってから既に1カ月も経過しています。

千春の去り際に寛志が

「次に千春がいなくなっても探すこともなく、迎えにいくこともしない。」と言った言葉が本当だったと、少しやりきれない思いを抱える千春。

「万が一、寛志の離縁状が届いたら…」と毎日不安な気持ちで、郵便受けを確認する千春でしたが、寛志からの離縁状はおろか手紙さえも届く気配はありません。

「離縁状が届いていない。」ということに、どこかで安心する千春。

それもそのはず、千春のゆれる心は、寛志への想いが断ち切れないままなのです。

そんな時に巽から「千春を支えたい」とプロポーズの言葉を伝えられた千春。

千春は「自分へ配慮をしてくれる気持ちに感謝します。でも今、自分自身の心が波を打っているままでは、どなたとも結ばれることはできない」

と丁寧に巽からの申し出を断りました。

しかし巽は「千春ちゃんがそう考えるのは、分かっているし、千春ちゃんの心を傷つけた、罪滅ぼしのために支えさせて欲しい。」と千春が断ることは、当然だと予想していた様子です。

さらに巽は言葉を続け、

「留学前に千春ちゃんのアザを見て、“可哀想”と言ってしまった。この言葉は医師を目指す人間としてありまじき言葉だった、自分が恥ずかしい」

と巽は千春への懺悔の言葉を必死に伝えています。

千春は、巽が本心から自分への詫びを入れている姿を感じ、その真剣さに少し戸惑うのです。

そして、千春は、「あのことは、全く気にしてはいない」と、千春のために自分を責め続けている巽を慰めました。

しかし巽は、自分が許せないという感じで、

「自分はあんなひどい言葉で千春ちゃんを傷つけた。だからこそ罪滅ぼしの意味でも、千春ちゃんの心が落ち着くまでは、支えさせて欲しい。これは、自分のためでもあるから」と、引き下がる気持ちが全くありません。

あまりにも巽が必死で訴えるので、千春は結局、巽に押し切られる形で申し出を受け入れざるを得なくなってしまいます。

こうして千春は実家に戻っただけでなく、巽との関係も昔と同じようになり、気持ちも段々と落ち着くように。

近頃では千春は巽と一緒に日々を過ごすことも多くなり
本日は、巽と街で会う約束をしているところです。

街を楽しそうに歩いている千春と巽。
その姿は、まさに夫婦か恋人同士の様子。

巽は、千春に「こんなに頻繁に千春ちゃんを連れていくのは、おじさんにおこられないかな」と千春の父親への気遣った言葉を告げると、

千春は「父は、寛志と離縁して、巽と結ばれることを望んでいる」と巽に父親の本心を告白。

巽はその言葉に、少し照れたように、顔を赤く染めています。

そして千春に、「いまだに寛志のことを父親に話せていないかどうか」を尋ねると、

「家族にも、父親にも、これからも伝えるつもりはない」ときっぱりと答えた千春。

それから、「最初から計画をされていたと知った父親をさらに傷つけることになってしまいます。」と真相を話さない理由を話す千春。

また寛志が放った言葉を引き合いに出して、千春は、「損失が出たということは無いから」と淡々と言い放ったのです。

そんな千春に巽は寛志への怒りはおさまりません。

そしてついに、「損失より千春の心が大切」と訴えようとした瞬間

千春の口から、「離縁のための理由は、他の理由で寛志に伝えようと思う」と巽に告白をしました。

「ついに、離縁を伝える」と千春が言った言葉に巽は驚きを隠せません。

千春は、「信頼関係が無くなってからこれ以上寛志との夫婦生活を続けていくのは無理と考えた。」

と、巽に離縁を決心した理由を、話していたのですが、不思議に心中では、別の自分が放った言葉に思えてしまって、矛盾を感じるほど気持ちは混乱しています。

しかし、これが一番最良の正しい選択だと自信を納得させることに。

そして、気分を変えるため巽に「歌舞伎を見る予定ですよね」とこれからの予定を尋ねました。

すると巽は、「歌舞伎を見る予定だったけど、今人気が有り過ぎて、席を取りにくい舞台のチケットをもらったから、それを見ないか」と、提案して、その舞台のチケットを千春に見せると、

なぜか、ハッとした表情で黙り込んでしまった千春。

その舞台とは、千春と寛志が以前、一緒に見た舞台だったのです。

一瞬でうなだれた千春の様子を見て、何かを理解した巽は

慌てて、「やはり、歌舞伎を見よう」と結局、最初から予定だった歌舞伎を見に行くことに。

その道中、気分を変えて、喫茶店に入る巽と千春。

千春は注文を巽にお任せしています。

そのため巽は千春のためにあるデザートをこっそり注文していました。

喫茶店の中で、ゆっくりと会話できる状況になった二人。

千春は巽に「せっかく取れたチケットを無駄にしてすみません」と謝るのですが、
巽は、「今度また違うのを観劇しにいこう」と優しく微笑みながら千春に、言葉をかけてくれるのです。

そんな巽の寛容なふるまいに、千春は、「巽とあの舞台を見に言っていたら、過去の想いでを書き換えることができたかも。」

と考えてしまい、そんなことを思う自分が嫌になり罪の意識を感じてます。

その時、巽が千春のために注文していてくれたデザートが運ばれましたが、そのデザートに千春の目は釘付けに。

それは、アイスクリームでした。

巽は、千春に、「千春ちゃんは甘い物が好きだったよね、これは今流行らしいんです。」と、誇らしげに説明をしていましたが、千春は喜ぶどころか、押し黙ったまま。

実は、千春は、以前に寛志が、今の巽と同じような言葉で、千春にデザートを勧めてくれたことを思い出していたのです。

巽は、ところどころで見せる千春の呆然とした表情で、寛志との想いでの場面を重ねていることに気がつき始めました。

アイスクリームで寛志を思い出させてしまった巽は、「これは失敗した」という思いの一心で、店員に頼んで、新たに別の物を注文しようとしていました。

離縁は致しかねます!19話を読んだ感想

巽と出かけても常に千春の想いの中には、寛志の存在が大きいのですね。
つい重ねてしまう思い出がいっぱいありすぎ。すごく切ないです。
千春が、自分自身で納得させようと自問自答するのは、いじらしい。

巽も寛志への思いを断ち切らせようと必死に頑張っていますが、やはり巽は寛志の代わりにはなれない。

千春の心は寛志から、弁解の言葉を待っているようにも感じます。
やはり、寛志が自分の家族を不幸にするような人間には到底見えない、と。

だから寛志を軽蔑する気持ちはまだ一切持てないのでしょう。

しかし、仕事のできる寛志が、この状況で、弁解することにもっと頭を働かせることができるんじゃないか。と納得できない私です。

騙すことができるなら、人の心を掴むテクニックも逆にあるはずですよね。

でもプライドが高そうだから、弱みを見せられないのかな。と悪者扱いされてしまった寛志に同情してしまいました。


←前話 次話→

まとめ

「離縁は致しかねます!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

漫画で読みたい!というあなたに向けて、無料で読む方法を調べました。

「離縁は致しかねます!」をめちゃコミックオリジナル漫画のため、無料ポイントが使えるサイトでは配信されていません。

離縁は致しかねます!を無料で読むことはできませんが、好きな漫画を無料&最安で読める方法があるんです。

実際の方法をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料