離縁は致しかねます21

この記事では山口恵さんの人気漫画「離縁は致しかねます!」21話のネタバレと感想をお届けします!

 

>>30日間無料おためし中<<

漫画2巻分のポイントがタダでもらえちゃう♪


←前話 次話→

離縁は致しかねます!21話のネタバレ

突然実家を訪れた、お手伝いの梅から、自分に寛志との関係を修復をまかせて欲しい。
と言われた千春ですが、とまどいを隠せません。そして、梅の話をゆっくりと聞く事にしました。

一方そのころ、寛志はというと…、「自分がどんな人間であれ、千春を幸せにすると断言した以上は、千春に対する誠実な態度で、自分の千春への思いを分かってもらえるだろう。と」いう考えが、浅はかだったと後悔していました。

それだけではなく、事実を知った千春が寛志に別離を宣言することを怯えて暮らしていた自分。それほどの千春への思いを自分が持っていたことを、はっきりと知ることになるのですが…。それはあとの祭りです。

結局、千春は、寛志から去っていくことになってしまいました。

今となってしまえば、千春の存在が寛志にとってどれほど大切だったか、気づいてしまう寛志。

後悔の思いと千春への恋しさで、呆然自失の日々を過ごしています。

さて、話は千春の実家に戻ります。

「おまかせください」と自信たっぷりに千春に言った手前、梅には一体どんな企みがあるのか気になる千春。

梅が言うには、千春が寛志の元から去り際に言われた「探すことは無い、迎えにさえ行かない」の言葉が、
寛志の本心なのかどうかを寛志に直接尋ね、確かめてくる。とのこと。

それでも、言葉の意味は、寛志の本心そのものではないか。と千春は疑心暗鬼に梅に問いますが…。

梅は、千春の言葉を軽く受け流すようにこう答えたのです。

「人間というものは、時には、本心とは違う言葉を口に出すのですから」と言って、

さらに、「自身の心の中で、それが、大きすぎる大切な存在であればさらに本当の気持ちを出せなくなるはず」と、千春を勇気づける返事をした梅。

梅は続けて、「それに寛志様は、気を使わないでいい存在の私にだったら、本心を教えてくれるはず、」と梅は自分にまかせてください。と、千春に太鼓判を押しました。

あまりの梅が必死に、寛志と自分の仲をとり戻そうとしている姿に少し申し訳なく感じる千春。

千春は梅に「どうしてそんなにも、自分のためにしてくれるのですか」と聞くと、

梅は、「私は家庭というものに恵まれておりません。ですから、私にとって寛志様は家族や自分の子と同じ様な存在なのです。だからこそ今、私の一番の願いは、寛志が幸せになること。」と梅は、千春に言って、

「もし、私が、寛志様の本心を聞き、その寛志様のお答えによっては、千春様は戻って来てくださいますか。」と千春に戻る意思があるのかどうかを尋ねてきました。

その梅の提案を聞いて、何かをひらめいた様子の千春。

そこで、千春は自分の考えた“ある作戦”を実行するために梅に手助けを頼むことにしたのです。

そうして、夜が来ました。ここは寛志の家。

ぐっすりと眠っている寛志の部屋に、人が入ってくる気配。

千春が戻って来たのか?と驚いて目を覚ます寛志。そして、飛び上がる様に起きると、
千春と呼んでみます。

しかし起き抜けでぼやけた目をこすって良く見ると、そこには梅の姿。

寛志はがっかりした様子で 「なあんだ、梅さんかあ」と小さく愚痴ったのです。

そんな寛志の言動を見た梅は「この寛志が暮らす家には、今、私と寛志様しかおりません。どなたがいると勘違いされていらっしゃったのですか。」と梅は寛志をからかうように言いました。

その返事に「物取りが入って来たと思ったんだ」とまたもや、去勢を張るように本心を偽る寛志。

そんな素直になれない寛志に業を煮やした梅は、ついに、

「寛志様、いい加減自分の気持ちに素直になって、千春様をお迎えに行くようにしてください」と、いわば説教気味に寛志を責めたてます。

ところが寛志は、無表情のまま「千春は自分から好んで出ていったのだから、自分はどうすることもできない」とつっぱねるように反論する始末。

その答えに梅は、「あんな言葉を聞いたら、誰でも出て行ってしまいたくなります。」と千春をかばって、全ての原因は寛志にあると言わんばかりになじります。

梅の気迫に根負けした寛志は、とうとう、本心を告白することに。

寛志は、あんなことを言ったのは、実は、「賭けであった」というのです。

「というのも、千春の性格を考えると、自分があれだけの言葉を強く言えば、きっと、千春がこの家を出て行くことはないだろう。」と思っていた。寛志は、ついに本心を梅に白状します。

そして、困惑して頭をかいたり、顔を覆いながら、「ところが、千春が、振り返るどころか、去り際に捨て台詞まで吐かれ出て行ってしまった。」と、
そして、「賭けは大負けした。」と予想もしない状況にしてしまった結果を、“賭けに負けた”という表現で、

梅に悲しそうに告白する寛志。

悲嘆に暮れる寛志の姿を、面白がるように笑って見つめる梅。それから、梅は、「それでは、私はこれで用がすみましたので」と、嘆く寛志を背にして、そそくさと部屋をでていってしまいました。

その梅の行動に納得がいかない寛志は、「自分を起こしておいて、何が用が済んだだよ。」と去っていく梅に不満をつぶやいていたのですが。

すると、再び、部屋の扉を叩き、誰かが自分の部屋に入ってくる様子。

「一体、梅はなんで、何回も部屋に入ってくるつもりだと、」と梅がまた、入ってきたと思った寛志。

梅に対してそんな小言を、つぶやきながら、扉に近づくと、そこには、なんと千春が佇んでいたのです。

梅のたくらみに気がついた寛志。梅にしてやられた、と思いつつ、平静を装った寛志は千春に、

「なぜ戻ってきたんだ」とあくまでも冷静に尋ねます。顔は真っ赤に蒸気させながらでしたが。

そんな寛志の顔を見ながら、千春は、「私が勝ちました。その賭けに。今後の夫婦の未来を賭けていたのです。」と寛志に勝ち誇ったかのように言っています。

寛志の本心を聞くと言う梅に千春が考えた、ある作戦とは、それは、

「梅が寛志に本心を聞き出しているとき、自分もそばで、聞いていたい」という願いを梅に持ち掛けたのでした。

それを承諾してくれた梅。

そして千春は、「もし、寛志の答えによっては、自分は離縁をするつもりだった。そうすればあきらめもつくはず」と千春の決断を伝えたのです。

この真相を全て聞き悟った寛志。

すべては、梅と千春による、自分の本心を聞き出すための仕組まれた計画だったことを理解すると、

「梅と千春で、手を組んで自分を騙したということだな。」と、怒ったふりをして、千春の身体を抱き寄せてきました。

千春は「梅さんは悪くなくて、自分が計画したと」と梅をかばうと、寛志は、「言わなくても分かっている、」と、千春をさらに強く抱きしめるのです。

寛志に抱き締められながら、泣きじゃくる千春。

千春は寛志に「今までのことを全て素直に、本当の事を話して欲しい」と事実を告白してくれるように懇願したのでした。

離縁は致しかねます!21話を読んだ感想

梅さん、本当に素晴らしいです。家政婦以上の存在なんですね、寛志にとって。
本当に梅さんがいなかったら、二人の仲はどうなっていたのでしょうか。
家庭を知らず育った梅さんが、本当に心から寛志を、わが子のように思っているという言葉に泣けてきます。

千春も、信頼できて、頼れる女性がそばにいるのは心強いでしょうね。
女性同士だからこそ分かる話や感情もあるから、これから、梅と千春の関係もより仲良くなっていくと思う。

今回は二人のコラボで大成功したから、梅と千春が今後、どんな、やりとりで、寛志との関係を守っていくのか、楽しみですね。


←前話 次話→

まとめ

「離縁は致しかねます!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

漫画で読みたい!というあなたに向けて、無料で読む方法を調べました。

「離縁は致しかねます!」をめちゃコミックオリジナル漫画のため、無料ポイントが使えるサイトでは配信されていません。

離縁は致しかねます!を無料で読むことはできませんが、好きな漫画を無料&最安で読める方法があるんです。

実際の方法をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料