たっぷりのキスからはじめて16

この記事ではデジタルマーガレットで連載中・梨花チマキさんの「たっぷりのキスからはじめて」16話のネタバレと感想をお届けします!

たっぷりのキスからはじめて 1表紙

 


←前話 次話→

たっぷりのキスからはじめて16話のネタバレ

さぎり先生に抱きしめられて思わず顔を赤くするひばり。

佑馬はとっさに隠れる。

ごめんね、小宮ちゃん、顔叩かれちゃって、少し腫れてる・・・とさぎり先生がひばりの頰に手を当てながら心配する。

僕の映画のために色々言ってくれてありがとう、と言うさぎり先生に、そんな・・当たり前です、柳先輩と黒澤さんのことでびっくりして動揺してしまって、大半私の私情になってしまいました、本当に申し訳ございませんでした、と頭をさげるひばり。

僕のことは心配しなくて平気、小宮ちゃんは彼とのこと思うように動いていいから、とさぎり先生に言われる。

さっきは君たちお互い誤解したみたいだけど黒澤さんは女優だから上手くやってくれるしね、と励ますさぎり先生。

あーあ、こんな時いつもの僕ならこーやってさ、と言ってひばりをぎゅっと抱きしめるさぎり先生に思わず、きゃーと叫ぶひばり。

美味しいシャンパンと良いホテル連れてって丁寧に朝まで挿れっぱなしで癒すんだけど、と話すさぎり先生の発言に、挿れっぱなし!?と驚くひばり。

小宮ちゃんは若旦那にしてもらいな、と笑顔で言うさぎり先生。

僕、いま好きな子いるから浮気したくないし、と堂々というさぎり先生。

上手くいくといいですね、とひばりも笑顔で答える。

隠れながらその会話を聞いている佑馬は顔を赤くしている。

だから小宮ちゃんも若旦那ともう一度会いなさい、会って、ちゃんと話せるといいね、とさぎり先生が続ける。

どういうことだ小宮!と電話の向こうで編集長が叫んでいる。

黒澤美羽のマネージャーから今後、小宮は現場には来るなと出禁の連絡が来たぞ、と編集長に言われ謝るひばり。

私が失礼なことを言ってしまって、と話すひばりに、どうしたんだよ、お前らしくないなあ、と編集長も言う。

電話を切った後、「私らしくない」か・・と呟くひばり。

ったくもう、しっかりしろよ、私、と自分にイライラし始める。

プライベートと仕事、一緒にして黒澤さんに何も言えねっつの、と独り言を言う。

黒澤さんに色々言われて、頭が真っ白になって、と会話を思い出すひばり。

柳センパイと書かれた電話番号を表示するひばりだが、手で覆い、やっぱりかけられない、迷惑かけたくないし、と動きを止める。

美羽が言っていた「柳が慌てて電話を取る相手なんて、本命がいたなんて」という言葉を思い出して、本当ならすごく嬉しいけど、と思うひばり。

そんなこと言ってたって黒澤さんと結婚するくせに、なんで私が本命なのよ、とまた独り言を繰り返す。

忘れたいのに思い出させる、柳先輩にいつまでも揺さぶられてる、どうしたらいいのよ、と思い悩むひばりだった。

ひばり!こっちの部屋、とひばりに声をかけるメイ子さん。

タイミングよく誘ってくれてありがとう、いつも夜遊びしててくれて嬉しい〜とメイ子さんに抱きつくひばり。

若干、けなされてない?と言いつつ、ふたりじゃなくてごめんね、今日は先約があって、と話すメイ子さん。

うちの営業の梶くん、とメイ子さんが男性を紹介する。

初めまして、梶です!こんなカワイイ人と飲めるなんて超ラッキーだな、と挨拶をする梶くん。

こうやって口が上手いからスタッフにモテんのよ、今日は何人喰ったか聞き出してやろうと思って、とメイ子さんに言われ、喰ってねっすよ!と反論する梶くん。
メイ子さんと話している梶くんを見て、話しやすそうな人だな、と思うひばり。

電話がかかってきて席を離れる梶くん。

ひばり忙しくなるんじゃなかったの?と聞くメイ子さんに、そうなんだけど飲みたいなって、と答えるひばり。

結局、柳センパイとも会ってないんでしょ?と聞かれ、ひばりは気まずそうにうん、とだけ答える。

それであの黒澤美羽になんで叩かれたのよ、と直球で聞いてくるメイ子さん。

答えようとしないひばりに、素直じゃないわね、早く彼を好きって認めないともっとひどいバチ当たるわよ?と脅すメイ子さん。

電話が終わり、梶くんも席に戻って来る。

出版社って大変ですか?と梶くんに話題を振られるひばり。

編集の話や漫画の話になる。

漫画が好きと話す梶くん。

でも嫁に家で見てると邪魔だってケツ蹴られますけど!という梶くんの発言に、ん?嫁?本当だ、梶さん、結婚してるんだ、と驚くひばり。

別にいいんだけど、逆に既婚者の方が何も考えなくていいしね、と思い、会話を続ける。

しばらくして、メイ子さんの電話に着信がなる。

熱出た?と話している。

ごめんね、ちょっと先に帰るわ、長女が熱出したみたいで、と帰る準備をするメイ子さん。

梶くん、ひばりに手出すんじゃないわよ、と言うメイ子さんに、平気っすよ!見てください、このプラチナの手錠、と諦めた様子で答える梶くん。

メイ子さんはその場を後にした。

もう一杯だけ飲んだら帰りますかね、と梶くんに言われ、そうですね、とひばりも笑顔で答えるのだった。

ひばりさーん、大丈夫ですか、と梶くんに肩を組まれながら歩くひばり。

完全に酔っ払っているひばりは、気持ち良さそうに、うーん、平気、とだけ答える。

まいったな、最後にテキーラなんか飲ますんじゃなかったな、と呟く梶くん。

タクシーでちゃんと送りますからね!家ってどこらへんで・・と話している梶くんだったが、ふと、ひばりの腰の細さにムラっとする。

今日って本当に超ラッキーなんじゃね?とムラムラしてきた梶くんは、酔っ払っているひばりにキスをする。

やべ!股間にくるわ、と興奮しながらひばりのお尻に手を回し、お尻を触りながらひばりさんとバックでやりてえ・・・ガバっと開いてアナルばっか舐めて嫌がらせてえ、と想像し始める梶くん。

眠るひばりの耳元で、ひばりさんとメイ子さんてそんなに普段仲いいんですか?

どっか行く?内緒にするから、と囁く梶くん。

ラブホテルへひばりを連れて来た梶くん。

とさっとひばりをベッドに寝かせる。

おお、いいね、いいね!好みだよ、かわいーわ、ひばりさん、と寝転ぶひばりの上に跨りグイグイと服を脱がしていく。

ひばりは酔っ払っていて起きる気配はない。

服を脱がせ、ブラジャーをずらし、やっぱおっぱいあるし、と嬉しそうに呟く梶くん。

グイグイとひばりのスカートも上へとずらしていく。

ひばりの股に顔を埋め、はあ・・オンナの匂い、と興奮する梶くん。

いっただっきまーす!と言って自分の服も脱ぐ梶くんなのでした。

 

たっぷりのキスからはじめて16話を読んだ感想

ひばりが柳を忘れられないのには納得してしまう。

そりゃあ確かに自分が電話をかけて慌てて出ようとしていたなんて聞いたら、まだ相手が自分のことを思ってくれているのかなと期待してしまうと思う。

期待しながらも自分からは電話にかけられない、勘違いだったら恥ずかしいし、悲しいしでどうしらいいのかわからない感じ。

10代の頃はそんな恋愛をしていたような気がする。

わからないからお酒に走ってしまう感じも共感してしまう。

それにしても梶くんは既婚者なのに、ひばりをホテルに連れていくなんて。

美羽といい、梶くんといい、この漫画を読んでるとみんな裏ではいろんなことしてるのかな、とか思ってしまう(笑)

←前話 次話→

まとめ

「たっぷりのキスからはじめて」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛8冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると全巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料