痴情の接吻 2

この記事ではプチコミックで連載中の大人気漫画・如月 ひいろさんの「痴情の接吻」

単行本1巻に収録されている2話のネタバレと感想をお届けします!

痴情の接吻 1表紙

 


←前話 次話→

痴情の接吻2話のネタバレ

昨夜遅くまで本を読んでしまい、寝ぼけながら自室を出る和華。

上条が朝ごはんを作りながらもう10時を回っていると言う。

上条は和華が下半身は下着姿なのを見て驚く。

今日から上条は年末年始の休みだったかと普通の様子で話す和華に
思わず下着を見続けてしまう上条。

その視線に自分が下着姿だったことを思い出した和華は叫びながら自室に逃げ込む。

さっきのことは寝ぼけててクセだから忘れてくれと言う和華。

上条はにこやかに和華がピンクのパンツで現れても気にしないと言う。

上条と暮らし始めて1週間。

上条はわざわざ和華の図書館に来て、書架にあの本がないことを確認して和華に所在を聞いてきた。

何が目的だろうと考えていると上条が作ったオムレツを差し出してくれる。

上条は休みの日は作ると言い、オムレツは高校のときに親の転勤でついて行ったドイツでよく食べていたと言う。

上条はオムレツをスプーンですくって和華の口元に差し出す。

自分で食べると言う和華に冷めるから早くと上条がせかす。

和華が差し出されたものを食べると、上条は照れたような仕草をする。

オムレツのおいしさに感動し、自分も明日作ろうかなと言う和華。

和華は今こうして上条と暮らしている不思議を改めて噛みしめる。

その回想の途中で先日のキスを思い出してしまい、忘れようと思う和華。

自分は今まで通り趣味に満ちた穏やかな生活を送ろうと考える。

そんなことを考えていると上条が唐突にキスしたらまた怒るかと聞いてくる。

なんかしたくなったと言う上条にキス魔なのかと聞くと、和華にだけだと言う。

上条は自分は器用貧乏で小さい頃から興味がないことも何でも器用にできたと言う。

興味や執着を持たなくてもできてしまうことが自分にはコンプレックスだったと言う。

しかし和華は自分とは反対だったと言う。

高校時代、和華は読書のし過ぎで先生に怒られていた。

休み時間や下校時間が過ぎても読書に夢中になって時間を忘れていた。

上条にはそんな夢中になれる和華がまぶしかったと言い、
キレイだと思っていたしそれは再会しても変わらないと言う。

間合いを詰めて真剣に見つめる上条に和華はよく真顔で言えるわねと茶化すように言い、これじゃまるで告白みたいだと言う。

すると上条は和華を壁ドンし、告白みたいじゃなくて告白だと言う。

真っすぐ和華を見つめながらはっきり言わないと意識しなさそうだからと言いかける上条に、和華は本屋に行くんだったと言って逃げ出してしまう。

混乱しながら本屋に逃げ込み、辞書で「告白」の意味を調べる和華。

真剣な上条の顔を思い出して真っ赤になりならどんな顔をして帰ればいいんだろうと思う。

上条の想いに驚きながら、それなら高校時代のキスの後の顔は何だったのだろうと思う。

大量に買い込んだ本を両手に下げて本屋を出ると待ち構えていた上条がそれを持ってくれる。

後をつけてきたのかと聞くと、あのまま自分が告白したせいで帰ってこなかったらと思うとじっとしていられなかったと言う。

その背中にもしかしたら上条は不安になっていたのかもと思う。

家に着くと、自分は曙市に戻ってきたくて転勤願を出したのだと言う。

和華に会いたかったと頬に触れる上条。

高校時代は親に養育される身でドイツに行くときも思いを告げずにいたが、ついうっかりキスをして後悔していたという。

その言葉にあの時のしまった顔の原因に納得する和華。

時間とともに思いは変わると思ったが誰と付き合っても和華のことが忘れられなかったと言い、上条は和華に好きだから付き合ってほしいと真っすぐ告げる。

それに対して和華は「ごめん、それはない」とあっさり断る。

好意は嬉しいが一人が十分楽しいし趣味に没頭できるし、全然付き合いたいと思わないと言う。

上条は和華がそのつもりなら自分のことを好きになってもらうと言い、
壁ドンしながら自分が唯一執着したのは和華だけだから覚悟しておいてと言うのだった。

 

痴情の接吻2話を読んだ感想

なんだか甘酸っぱいなぁ。初々しくて微笑ましい。
こんなイケメンが真正面から口説いてくれて高校の時から好きだったと言ってくれて全く揺らがないのかと驚いたけど、だからこそ上条が好きになったんだろうね。

それほど何かに夢中になれる和華に。

上条も高校の時は転校が決まってて言えなかったけど、大人になった今は正面から口説けるしね。
お断りするなんてもったいないと思ったけど、思いを告げた上条はこれから全力で口説いてくるだろうし、もっとドキドキ展開が待ち構えてそうだからすごく楽しみ。

しかし口説かれているイケメンと一緒に暮らすって色々心臓が持たなさそう。

←前話 次話→

まとめ

「痴情の接吻」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料