痴情の接吻6

この記事ではプチコミックで連載中の大人気漫画・如月 ひいろさんの「痴情の接吻」

単行本2巻に収録されている6話のネタバレと感想をお届けします!

痴情の接吻 2表紙

 


←前話 次話→

痴情の接吻6話のネタバレ

上条と付き合うことになったと改めて反芻する和華。

二人で和華の手料理を食べながら、見た目がアレじゃないご飯も作れたんだねという上条。

嬉しそうな顔で自分を見つめる上条を見ながら、付き合うとなった今、上条からしてみれば
何の遠慮もないわけでこの流れでヤらなくてどうするのという展開だろうかと考える。

食事を済ませ、ケーキのためにコーヒーを淹れると席を立つ上条。

その背中を見つめながらコーヒーとは「今夜は寝させないよ」的なアプローチかと考える。

その時はいつ来るのかと身構える和華。

お風呂に入り、ふろ上がりにソファーで本を読んでいると上条が和華の髪に触れてくる。

思わず赤面すると風邪をひくから髪を乾かした方がいいと言う。

上条はおやすみと言って自室に戻っていった。

肩透かしを食らった和華は別に期待してたわけじゃないけどと思いつつ真っ赤になる。

あんなに喜んでたし、今まで好き好きアピールしてたのに何だろうと思う。

翌朝図書カウンターでため息をつく和華。

同僚に何かあったのかと聞かれ、何もなかったのだし言えないと思う。

そのとき親子が「キツネにからかわれた太郎」という絵本を返却に来る。

それを見て、ひょっとして自分は昨夜上条にからかわれたのではと思う。

またはひょっとして好きと言うのは嘘で騙されているのではとも考えてしまう。

そこへ上条が職場に現れる。

近くで打ち合わせがあったので来たと言い、みんなで食べてと差し入れをくれる。

どうしたのかと聞く和華に、上条はついでに彼女に会いに来たんだと満面の笑みを浮かべる。

その言葉を聞いた同僚はニヤニヤしながら昼休憩にと送り出してくれた。

帰ったら会えるのにと言う和華に、そうだけど顔が見たくなったのだと言う上条。

その言葉に変に勘ぐったが思い過ごしだったのかもと思う。

昼食が終わり職場に帰る前、目が赤いと上条に指摘される。

頬に手を触れ顔が近づいてきてキスされるとぎゅっと目をつぶると
そろそろ行くよと離れていく上条。

てっきりキスするのかと思って待ち構えていた自分がバカみたいだと思う。

夜はもうご飯も一人で食べたしお風呂も済ませたからとさっさと自室にこもる和華。

そこへ上条がホットミルクを持ってきてくれる。

寝不足だと言っていたから飲めばリラックスできると上条は言ってくれる。

しかし和華は今日もとっとと寝ろと言うことなのかと思ってしまう。

和華はそれを飲み干すと上条の服の裾を掴んで上条の部屋に行ってもいいかと聞く。

付き合うことになったのに何もしてこないしという和華に、何かしてほしかったのかとニヤニヤ笑う。

上条は和華に自分のことをもっと想ってほしかったのだと言う。

上条は以前「僕のこと好きになってもらう」と言ったが、まだそれほど自分のことを好きじゃないだろうと言う。

好きじゃなければ自分からキスはしないと言う和華に、自分の和華への想いは谷崎の「痴人の愛」のように狂気に近いと言い、温度差があると言う。

だから自分のことで一喜一憂している和華のことを見たかったのだと言う。

赤面する和華の頬に触れ、ごめんねと微笑む上条。

嬉しそうに謝るなと怒る和華に、自分にそこまでさせているのは和華だと微笑む。

そうして手を引いて自分の部屋へ招いたのだった。

 

痴情の接吻6話を読んだ感想

付き合うとなった当日からその勢いでヤるのだろうかと身構えてしまう気持ちは分からないでもないけど。
変に期待して身構えて肩透かし食らって自分だけバカみたいって思ってしまうよね。

でも付き合うことにあれだけ躊躇してたのに、いざ付き合うとなったら
和華はそこへのハードルは意外と低いんだなぁと思ってしまった。

というか、自分の気持ちに疎いだけでだいぶ上条に惚れてるのかな。

そして上条も簡単に手を出さなかった理由は和華を大切にしているからかと思ってたら、
自分の愛情の深さに見合うほど自分に惚れてほしかったってとこなのか。

いよいよお互いの気持ちを確かめ合って上条の部屋へってことで次回が楽しみ。

 


←前話 次話→

まとめ

「痴情の接吻」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元
⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料