東京卍リベンジャーズ1

この記事では、週刊少年マガジンで連載中の大大大人気漫画・和久井健さんの「東京卍リベンジャーズ」1巻に収録されている1話のネタバレと感想をお届けします!

東京卍リベンジャーズ1表紙



←前話 次話→

東京卍リベンジャーズ1話のネタバレ

荒れた部屋で寝ころびながらテレビを見ていた武道の耳に飛び込んできたのは、
人生で唯一できた中学時代の彼女・橘日向(ヒナタ)が暴力団の抗争に巻き込まれて亡くなったというニュースでした。

花垣武道(はながきたけみち)26歳は、アパートの大家にもアルバイト先のレンタルビデオ屋店長にも叱られてばかりの冴えないフリーター。

ボロアパートに住み、年下の店長に見下され、中学以降彼女もいない人生、いったいどこで間違えたのか悶々とする日々を過ごしていました。

そんなある日、駅のホームで電車を待っていた武道は、突然誰かに背中を押され線路に落ちてしまいます。

迫りくる電車を前に死ぬと思った瞬間、武道が思い出したのは中学時代の彼女、橘ヒナタでした。

走馬灯のように思い出されるのは、イケてる不良グループに属し、唯一彼女がいた武道の人生の全盛期、中学2年生の時のことでした。

自分の名前を呼ばれて我に返った武道の目の前には、中学時代のツレのマコト、山岸、アッくん、タクヤの姿。

懐かしさに浸るのもつかの間、武道は鏡に映った自分の姿をみて驚愕します。

そこに映っていたのは、ダサいヤンキー姿の中学生の武道でした。

ポケットの中にあったガラケーを開いてみると、2005年7月4日の文字。

ホームから突き落とされた日のちょうど12年前です。

あまりにリアルな走馬灯に驚く武道をよそに、彼らは今から渋谷三中の2年に喧嘩を売りに行くのだと意気揚々としていました。

10年以上していない喧嘩にビビる武道。

しかし、これは走馬灯だと気分を落ち着かせます。

結局、街をどれだけ探しても渋谷三中2年は見つからず、武道たちは公園でひとやすみ。

渋谷三中の不良をギャル男崩れのシティーボーイなどと言っていると、明らかに武道たちより強く怖そうな不良集団に声を掛けられます。

彼らは、探していた不良たちの先輩である渋谷三中の3年で、暴走族のメンバーでもある本物の不良です。

渋谷三中の3年には武道のイトコであるマサルもいましたが、頼みの綱のマサルも彼らのパシリでしかありませんでした。

絶望した武道たちは彼らに半殺しにされてしまいます。

ボロボロの姿で土下座する武道たちに、「東京卍會」の兵隊になるよう言う不良たち。

その名を聞いて、武道は自分の人生が落ちぶれていった原因を思い出します。

彼らにこき使われ続け、中学卒業と同時に家を出てからというもの、何もかも上手くいかず謝って謝って謝り続ける人生。

最悪な走馬灯だと嘆き怒る武道ですが、武道はきっと成功するという橘ヒナタの姿が浮かび、橘ヒナタが亡くなったのは東京卍會のせいだと思いだす武道。

しかし、武道はヒナタの顔を思い出すことができません。

武道はあいまいな記憶を頼りに、ヒナタの家へ向かいます。

武道の顔をみて、また喧嘩したのかと心配するヒナタ。

そんなヒナタの様子に、武道は思わず涙がこぼれてしまい、顔が見たかっただけだと言ってその場を去ろうとします。

しかし、いつもと様子が違う武道が気になったヒナタに引き留められ、武道は今日の出来事を話します。

そうしているうちに、武道は小さくて気が強くて明るいヒナタのことが好きだったと思い出しました。

ヒナタと別れた後、公園で感傷に浸る武道の耳に、カツアゲしている少年たちの声が聞こえてきます。

その声にイラついた武道はカツアゲしている少年たちの一人を殴り、彼らを追い払います。

助けられた少年に度胸や覚悟を説く武道。その少年に名前を聞くと、彼は橘直人だといいます。

橘直人(ナオト)はヒナタの弟であり、ヒナタと同じ日に亡くなった男でした。

その後、二人はブランコに座って少し話をします。

武道はナオトに、駅のホームから落ちて死んだと思ったら過去の同じ日に戻っていたこと、12年後にヒナタとナオトが死ぬことを伝えます。驚くナオトに、その日を忘れずに必ずヒナタを守れと言う武道。

未来を変えたい、やり直したいと思いながら、武道はナオトにすべてを託し握手を求めました。

ナオトが武道の手を握り返した次の瞬間、武道は駅の医務室で目覚めます。時は2017年に戻っていました。

そこになんと、大人になったナオトが現れます。

武道はナオトから、武道はタイムリープしていたこと、それによって未来を変えたことを聞かされます。

ナオトは12年前に武道からヒナタを守るよう言われたことにより、現代では刑事になっていたのです。

しかし、手を尽くしても結局ヒナタを救うことはできなかったナオト。

そんな彼は武道に、ヒナタを救うため協力してほしいと依頼するのでした。

東京卍リベンジャーズ1話を読んだ感想

実写映画化もされて今話題の作品ですが、とっても面白そう!

基本的に喧嘩とか不良系の話は苦手ですが、タイムスリップものは大好物なので読んでみたところ、大当たりの予感です!

しかし、2005年にもこんな「いかにも」な不良はもういなかった気がするんですが、、、

中学生で暴力団ってどういうこと⁉中学生の不良ってもっとかわいらしい感じだったと思うので、設定にちょっと笑っちゃいました(笑)

でも、これからどうやってヒナタを救うのか、とても楽しみです。


←前話 次話→

まとめ

「東京卍リベンジャーズ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
\500円分無料+100冊半額クーポンGET/
>>まるごと1冊タダ読みできる♡<<