東京卍リベンジャーズ187

この記事では、週刊少年マガジンで連載中の大大大人気漫画・和久井健さんの「東京卍リベンジャーズ」21巻に収録されている187話のネタバレと感想をお届けします!

東京卍リベンジャーズ21表紙



←前話 次話→

東京卍リベンジャーズ187話のネタバレ

千冬が河原で水切りをしています。

勢いよく石を投げて跳ねた回数を数えていると、なんと12回に成功し、得意げに後ろにいる武道の方を振り返り、見たかと自慢します。

しかし武道は千冬に声をかけられたことで返事をしますが、その返事は適当な物です。

武道はただうつろに地面を見ていました。

千冬は武道の様子になんとも言えず、頭をかきながら武道の横に腰を降ろします。

そして今回の関東事変で、エマ、イザナが死んでしまい色々あった以上、気持ちは晴れないだろうと武道の気持ちに理解を示します。

すると武道は、稀咲の話を始めました。

稀咲とはどんな人物だったのか、という武道の言葉を千冬が聞き返すと、武道は稀咲がタイムリーパーではなかったことを話します。

千冬はその言葉に驚きました。

武道はずっと稀咲も自分と同じタイムリーパーであると勘違いしていましたが、実際の稀咲はたった1度の人生で日本一の不良までのぼりつめた凄いやつだったのです。

喧嘩が弱いから頭脳と度胸だけでのし上がり、東卍を操り沢山の人を殺した稀咲。

武道は稀咲が日本一の不良になるためにどれだけ震える夜を過ごしたのかが気になっています。

稀咲は本当に凄いやつだった、そういう武道を見て千冬は立ち上がります。

稀咲がどれだけ凄いやつであっても死んで当然であることは変わらない糞野郎、死んでしまったことで武道が悩む必要はないと千冬は言います。

千冬はまだ言葉を続けようとしますが、ここで武道も立ち上がりました。

そして武道は突然大声で叫び、川に向って走っていきます。

驚く千冬が武道の名前を呼んだ時には既に武道は川に飛び込んでいました。

大きな水しぶきがあがり、ぶくぶくと泡が浮かびます。

千冬は驚愕し、武道の名前を叫んで川に近づくも水面は静まり返っています。

千冬が固まって水面を見ていると、武道は無事に出てきました。

何をやっているのだと怒る千冬の言葉を無視する武道は千冬に背中を向けたまま千冬の名を呼び、大声で話し始めました。

自分は稀咲のことが嫌いであり、憎くて憎くて仕方がない、絶対に好きにはなれないと言う武道の目には涙が溜まっています。

千冬は黙って武道の言葉を聞いてくれています。

武道の言葉が続き、絶対に好きにはなれないが全て日向のためにやって来たことで武道のことをリスペクトしていると言っていた稀咲ともっと向き合いたかったと武道は言います。

武道は号泣しながら、悔しそうに水面を殴ります。

千冬は武道が気持ちを吐き出したことを確認すると、早く水から出て来いと優しく笑いかけます。

武道は振り返ってやるせないと千冬に言います。

分かると言ってくれる千冬は、どんな悪人でも知っている人間が死んでしまうのはしんどいものだと武道に言ってくれました。

数日後、マイキーに呼び出された武道は特攻服に身を包みいつもの集会場所へやって来ました。

マイキーは突然呼び出したことを謝ると、未来からやって来た武道がこれまで何をしてきたのかを聞きたいと武道に言いました。

 

東京卍リベンジャーズ187話を読んだ感想

日向を助けるため、初めから稀咲を殺せば良かったと一時は殺す覚悟を決めていた武道が、稀咲との最後の数分間を過ごしたことで色々なことを考えてしまうようになっていました。

ここからやはり武道が他人を思いやれる優しい人物であることが見て取れます。

正直どれだけ苦境に立たされても稀咲は生きている限り絶対に日向を不幸にしたと思っています。

武道が日向を守りたいと思い続けるのであれば、稀咲が死ぬことは必要不可欠な要素です。

何かを手に入れるために何かを失わなければならないのです。

千冬が言っていた通り武道が気を揉むことではありませんが、それでもここで悩むことが出来るからこそ武道は武道なのだなと思いました。


←前話 次話→

まとめ

「東京卍リベンジャーズ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料