東京卍リベンジャーズ2

この記事では、週刊少年マガジンで連載中の大大大人気漫画・和久井健さんの「東京卍リベンジャーズ」1巻に収録されている2話のネタバレと感想をお届けします!

東京卍リベンジャーズ1表紙



←前話 次話→

東京卍リベンジャーズ2話のネタバレ

2017年7月6日、武道は猛烈な眠気に襲われながら、ナオトによって犯罪組織「東京卍會」についての知識を叩き込まれていました。

ナオトは今や組織犯罪課の刑事で、東京卍會の内部事情の詳細を知っています。

ナオトは、武道が12年前の同じ日に戻ることができるタイムリープ能力の持ち主だと言います。

2017年7月1日、武道の中学時代の彼女・ヒナタは、東京卍會の抗争によって祭りに突っ込んできたトラックに撥ねられ亡くなりました。

そんな彼女を救うには、12年前に戻り現在の東京卍會のツートップである佐野万次郎(さのまんじろう)と稀咲鉄太(きさきてった)のどちらかに接触し、彼らが出会って現在の東京卍會ができるのを阻止する必要があります。

どうしたらまた12年後にタイムリープできるか分からないと言う武道。

しかし、ナオトはタイムリープの引き金はナオトとの握手だと断言します。

12年前初めて武道とナオトが公園で握手した瞬間に、武道の中から「現代の武道」が居なくなるのを感じたのだと言います。

ヒナタを救いたいという気持ちはナオトに負けていないと、武道は覚悟を決めてナオトと再び握手します。

次の瞬間、武道は喧嘩賭博の場にいました。

携帯で慌てて日時を確認すると、2005年の7月6日。

ナオトとの握手によって本当に12年前へのタイムリープに成功していました。

しかし、それを確認するや否や相手に殴られ気絶してしまう武道。

目が覚めると、渋谷三中のトップである清水将貴(キヨマサ)とその仲間達が武道を取り囲み、武道が喧嘩に負けたせいで賭けに負けたと文句を言っています。

武道は当時毎日のように喧嘩をさせられ、負ければヤキを入れられる毎日に嫌気が差し、家族もヒナタも捨てて逃げ出したことを思い出します。

武道は東京卍會の一員であるキヨマサに、佐野が稀咲に会いたいと言いますが、それを聞いたキヨマサにバットでボコボコにされてしまいます。

次にその名前を出したら殺すと武道を脅すキヨマサ。

その恐ろしさに、武道は自分には東京卍會をなくすことなど無理だと諦め、未来に帰るためナオトに会いに行こうとします。

ナオトの家の前に着くも、逃げ出してよいものか迷う武道。

すると帰宅したヒナタに声を掛けられます。

ボロボロの武道を見て、自分が男だったら武道を守ってあげられるのにと言い拳を突き出すヒナタ。

それを聞いた武道は、ヒナタを死なせてはいけない、自分がヒナタを守るのだと改めて決意を固めます。

翌日学校に行くと、その日の喧嘩賭博のファイターは体が弱いタクヤだと知らされます。

しかしキヨマサ達にそんなことを言ってもファイターを変更してもらえる訳がありません。

武道の仇をとってくると笑顔で言うタクヤに、皆は励ましの言葉を掛けます。

武道は中学時代の自分に良い仲間がいたことをしみじみと感じていました。

そして迎えた喧嘩賭博の場、試合開始に沸く会場にそれを制止する武道の声が響きます。

もう逃げない、自分が変わらなければと覚悟した武道は、なんとキヨマサに対しタクヤ達の試合の代わりに自分とタイマンをするよう持ちかけるのでした。

 

東京卍リベンジャーズ2話を読んだ感想

あの一回の握手だけで武道のタイムリープの引き金が自分との握手だと確信したナオト天才ですね!

そもそも普通はタイムリープなんてすんなり受け入れられないと思いますが、実際に経験している武道ではなくナオトがそれを信じているのが凄いです。

しかもナオトと握手するだけで過去と現代を行ったり来たりできるなんてとっても簡単だし便利ですね(笑)

それはさておき、友達のためにあんなに強そうで怖い相手に対し喧嘩を売れる武道は、既に当時の武道よりだいぶ成長していてかっこいい!

弱虫ながら真っすぐに立ち向かう主人公はやっぱり応援したくなりますね。

次回、タイマンの結果はどうなるのでしょうか、、、。

←前話 次話→

まとめ

「東京卍リベンジャーズ」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
\500円分無料+100冊半額クーポンGET/
>>まるごと1冊タダ読みできる♡<<