「東京卍リベンジャーズ」全巻ネタバレまとめ|最新話から最終回まで随時更新!

この記事では週刊少年マガジンで連載中の大大大人気漫画・和久井健さんの「東京卍リベンジャーズ」のネタバレをまとめてお届けします!

1話から最終回まで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

東京卍リベンジャーズ2表紙


目次

「東京卍リベンジャーズ」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

1巻

1話 2話 3話 4話
5話

2巻

6話 7話 8話 9話
10話 11話

21巻

180話 181話 182話 183話
184話 185話 186話 187話
188話

22巻

189話 190話 191話 192話
193話 194話 195話 196話
197話

23巻

198話 199話 200話 201話
202話 203話 204話 205話
206話

24巻

207話 208話 209話 210話
211話 212話 213話 214話
215話

25巻

216話 217話 218話 219話
220話 221話 222話 223話
224話

26巻 収録予定

225話 226話 227話 228話
229話 230話 231話 232話
233話

 

27巻 収録予定

234話 235話 236話 237話
238話

最新話が配信され次第、更新していきます♪

「東京卍リベンジャーズ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪



あわせて読みたい
お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!




「東京卍リベンジャーズ」1話から最終回までのネタバレ

1話ネタバレ【Reborn】

荒れた部屋で寝ころびながらテレビを見ていた武道の耳に飛び込んできたのは、
人生で唯一できた中学時代の彼女・橘日向(ヒナタ)が暴力団の抗争に巻き込まれて亡くなったというニュースでした。
花垣武道(はながきたけみち)26歳は、アパートの大家にもアルバイト先のレンタルビデオ屋店長にも叱られてばかりの冴えないフリーター。

>>ネタバレの続きはこちらから

2話ネタバレ【Resist】

2017年7月6日、武道は猛烈な眠気に襲われながら、ナオトによって犯罪組織「東京卍會」についての知識を叩き込まれていました。
ナオトは今や組織犯罪課の刑事で、東京卍會の内部事情の詳細を知っています。
ナオトは、武道が12年前の同じ日に戻ることができるタイムリープ能力の持ち主だと言います。

>>ネタバレの続きはこちらから

3話ネタバレ【Resolve】

東京卍會のトップに会うには奴隷のままではいけないと、覚悟を決めてキヨマサにタイマンを申し込んだ武道。
しかし、最初の一発からすでに武道に勝ち目がないと分かるほど、二人の力の差は歴然でした。

>>ネタバレの続きはこちらから

4話ネタバレ【Relieve】

武道に今日からダチと告げたマイキーは、キヨマサにお前が喧嘩賭博の主催かと尋ねます。
そうだと答えたキヨマサに突然の蹴りを入れるマイキー。

>>ネタバレの続きはこちらから

5話ネタバレ【Revolve】

武道が他校の不良たちに連れ去られたと聞き、マイキーをいきなりビンタしたヒナタ。
ヒナタは驚く武道の腕をつかむと、こんな人達の言いなりになってはいけないと言いながら歩き出します。
自分が武道を守るというヒナタの精悍な顔つきとは裏腹に、その腕は震えていました。

>>ネタバレの続きはこちらから

6話ネタバレ【Return】

ある日電車に乗って一緒に下校する武道とヒナタ。
同じ車両には座席を占領し大声で騒ぐ不良男子たちがいました。
周りの大人たちも迷惑そうにしていますが誰も彼らを注意することができません。

>>ネタバレの続きはこちらから

7話ネタバレ【Rejoin】

ナオトは武道の二度目のタイムリープで分かったことがあると得意気に話し始めました。
ナオト曰く、武道が過去にタイムリープしている間、現在での武道の身体に意識はなく仮死状態だったとのこと。

>>ネタバレの続きはこちらから

8話ネタバレ【Reseparate】

武道が来るのをずっと待っていたというアッくんに、武道がどういう事かと尋ねると、アッくんは外で二人で話そうと言いました。
ここで待っているといったナオトは、部屋を出ていく武道に気を付けてと声を掛けますが、武道は大丈夫だと笑顔で答えます。

>>ネタバレの続きはこちらから

9話ネタバレ【Releap】

久しぶりにバイト先のレンタルビデオ店に行った武道は、店長からいきなりクビを言い渡されます。
武道が過去にタイムリープしている間、現代でも同じように時が流れているため、武道は2週間も無断欠勤をしたことになっていました。
今まで働いた分は払ってもらえるものの、貯金残高はなんと20580円。

>>ネタバレの続きはこちらから

10話ネタバレ【Reply】一番大切なもの

武道が再びタイムリープした途端、武道は見知らぬ下着姿の女の子とカラオケボックスで二人きりでした。
「チューはダメ」という巨乳美女を前に、武道は顔を赤らめながらもとても困惑しています。

>>ネタバレの続きはこちらから

11話ネタバレ【Reburn】仇討ちと運命の日

いくじなし君とはどういう事かと尋ねるヒナタに、必死に弁明しようとする武道。
しかしエマは、自分の下着姿を見たくせに武道が逃げたと話します。

>>ネタバレの続きはこちらから

180話ネタバレ【Run after】逃げ続ける稀咲を追って

稀咲を掴み逃げて行った半間のバイクを追いかけていた武道は、半間のバイクが転倒して2人が投げ出されてしまったことでようやく追いつくことが出来ました。
これで遂に稀咲を追いつめることが出来ました。

>>ネタバレの続きはこちらから

181話ネタバレ【Take a vow】忘れられない場所

少しの間殴り合いが続いた武道と稀咲でしたが、どちらも倒れることがないまま一度離れ、息を切らしながらお互いをじっと見つめています。
すると武道はふとこの場所がある場所であることに気がつき、ドクンと心臓を鳴らします。

>>ネタバレの続きはこちらから

182話ネタバレ【Present to the mind】稀咲が日向を殺す理由

武道の頭の中に、これまで見たことがない光景が流れ込んできました。
雪の降る中、傘をさしている女性とさしていない男性が武道たちの今いる駐車場にいます。
男性は指輪を取り出し、女性に差し出すも女性は断りました。

>>ネタバレの続きはこちらから

183話ネタバレ【Lay the plan】初めからこうしていれば

稀咲、武道共に中2だった時の夏。
ある目的のために動いていた最中の稀咲は偶然武道を見かけました。
それは本当に偶然、武道が堤防を歩いていた時です。

>>ネタバレの続きはこちらから

184話ネタバレ【Wind something up】殺せなかった武道!しかし…

半間を足止めしているドラケンは、息を切らすこともなくどっしりと構えていました。
半間と戦う前よりは少し顔に傷があるものの大した傷ではありません。
対する半間は髪が乱れ、口からも血を流して息を切らしています。

>>ネタバレの続きはこちらから

185話ネタバレ【Meet his fate】稀咲死亡で関東事変閉幕

トラック運転手はその瞬間、不運にもあくびをしてしまっていました。
眠たい状態でトラックを運転していることからあくびの際に目をつむり、涙が滲んだ目を開けて再び前を見た時に道の真ん中に立つ稀咲に気づきます。
驚きで叫び声を上げて急いでハンドルを切るも間に合わず、ドン。

>>ネタバレの続きはこちらから

186話ネタバレ【It’s been real】ドラケンの本当の気持ち

関東事変の犠牲者となってしまった佐野エマの葬儀が、お寺にて執り行われています。
大人たちの他、東京卍會の隊長、副隊長たち、エマの同級生、そして武道、日向が参列しています。

>>ネタバレの続きはこちらから

187話ネタバレ【Way to go】やるせない気持ちがある

千冬が河原で水切りをしています。
勢いよく石を投げて跳ねた回数を数えていると、なんと12回に成功し、得意げに後ろにいる武道の方を振り返り、見たかと自慢します。

>>ネタバレの続きはこちらから

188話ネタバレ【The lion of the day】頂点の今だからこそ

集会所に武道を呼び出したマイキーは、武道が未来から来て行ってきた全てのことを話してほしいと言います。
武道は、12年後の未来で日向の死を知った後、ホームから突き落とされて電車に轢かれ、死んでしまったことが全ての始まりであるというところから話し始めます。

>>ネタバレの続きはこちらから

189話ネタバレ【Break up】総長の決断に異論なし

武道との会話の後、マイキーは東京卍會の解散を宣言しました。
頂点の今だから終わらせる、しかし全くの予想外であったメンバーたちは、マイキーの突然の発表に耳を疑います。

>>ネタバレの続きはこちらから

190話ネタバレ【Until next time】解散記念のタイムカプセル

2006年3月15日、武道、マイキー、ドラケン、三ツ谷、八戒、千冬、ペーやん、スマイリー、アングリーの9人は武蔵神社に生えている木の根元に1つの缶を埋めていました。
遡ること1週間前の3月8日。
東卍の解散がマイキーから告げられた最後集会が行われた日です。

>>ネタバレの続きはこちらから

191話ネタバレ【Be the world to me】12年後の約束

2006年3月16日、タイムカプセルを埋めた翌日、自転車の後ろに千冬を乗せている武道は、自転車を運転しながらタイムリープしたいことを千冬に伝えます。
一度聞き返す千冬でしたが、武道がいずれ帰らなくてはならないことを分かっている千冬はいよいよかと言いました。

>>ネタバレの続きはこちらから

192話ネタバレ【Just be close at hand】現代へ!早速結婚式!?

武道が日向にプロポーズした後、直人も公園に呼び出されていました。
直人は2人が結婚すると聞いた驚きで思わず大声を出してしまいます。

>>ネタバレの続きはこちらから

193話ネタバレ【Feel great!】今までで最高の未来!

目の前で日向が死んでしまった日。
武道は何度失敗しても諦めず、絶対に日向を助けると誓いました。
その日向が今、目の前にいるのです。

>>ネタバレの続きはこちらから

194話ネタバレ【The keepsake】手に入れた幸せな日々

マイキーはどこにいる?という武道の質問に対し、ドラケンは今のマイキーは海外で飲食店を経営していると答えます。
続けて千冬も、本来は今日来る予定だったが仕事で来られなくなったらしいと答えました。

>>ネタバレの続きはこちらから

195話ネタバレ【Lingering scent】ドラケンの嘘!今のマイキーは?

武道はTVのニュースに映る梵天メンバーの1人、白髪の男のことが気になり思わず起き上がりました。
しかし、それが誰だかまではわかりません。
男の首に入っていた刺青に見覚えがあるような気がしている武道は次の日もずっとこのことを考えており、隣にいる日向がずっと話しているにもかかわらず何も聞いていなくて怒られてしまいます。

>>ネタバレの続きはこちらから

196話ネタバレ【Can say that again】梵天首領佐野万次郎!

悲痛な唸り声が響く冷凍倉庫の中。
三途春千夜は上を向き、口を大きく開けて1錠の薬を落としました。
そして飲み込んだ直後、裏切者に梵天の鉄槌を加えることを大声で宣言します。

>>ネタバレの続きはこちらから

197話ネタバレ【Be left behind the times】もうタイムリープは不可能!?

過去のマイキーに会うため、直人に握手をしてもらった武道でしたが武道の精神は過去に飛んでいきません。
おかしいと思いながらも手を握り続ける武道は、やはりタイムリープ出来ないことを確認するとどうして出来ないのだと心から疑問を持ちました。
手を離し、考えた末直人はある考えに辿り着きました。

>>ネタバレの続きはこちらから

198話ネタバレ【Lose myself in memory】それぞれが入れたもの

2006年3月15日、東卍マイキー、ドラケン、パーちん不在の各隊長、副隊長は武蔵神社にてタイムカプセルを埋めました。

12年後の東卍結成日となる6月12日にこのメンバーで集まり、タイムカプセルを掘り上げることを約束し、遂にその日がやってきました。

しかし、マイキーだけは夜になっても武蔵神社に来ません。


>>ネタバレの続きはこちらから

199話ネタバレ【Sincerely yours】離れていても繋がっている

最後にタイムカプセルの中に残ったのは、この日来ていないマイキーの手紙。

ドラケンはマイキーが来ないのだから自分達が開けようと言います。

12年前、未来の自分に手紙を書こうと言い出したのはマイキーです。

武道はあの日のマイキーがどうして手紙を書こうと言ったのかが気になると共に、現代のマイキーの居場所に繋がる手がかりがあるかも知れないと期待を込めて手紙を開けました。


>>ネタバレの続きはこちらから

200話ネタバレ【Crack a smile】マイキーの笑顔の裏

佐野家の古いホームビデオが一転、12年前のマイキーが12年後の武道に当てたビデオメッセージの映像に切り替わりました。

驚きつつも武道は映像に釘付けになります。

手紙の中ではどれだけ離れていても繋がっているのだと皆に残したマイキーでしたが、武道にだけ伝えたいことがある、と少し恐い顔をしたマイキーは言います。


>>ネタバレの続きはこちらから

201話ネタバレ【What’s up?】悲願の対面、現代のマイキー!

再びマイキー探しに乗り出した武道でしたが、梵天という名自体がかなりリスキーなワードのようで武道は調査のために訪ねた店を追い出されるどころか店員に暴行を受けてしまいます。

梵天に目をつけられたくない、それが普通の店の反応なのです。

店を訪ねる度にどんどんボロボロになっていく武道。

理由が分からないものの明らかに焦っている様子の武道を心配する一虎は、どうしてそんなに焦っているのだと聞きます。


>>ネタバレの続きはこちらから

202話ネタバレ【Get away】幸せそうじゃないのは君だけ

武道がようやくマイキーを見つけていた時、日向は武道の部屋を訪ねていました。

チャイムを鳴らしても武道が出てこないため、日向は合鍵を使い鍵を開けて部屋の中に入ります。

武道の名前を呼びながら部屋に入ると相変わらずの汚部屋が日向の目に飛び込んできます。

少し来ないとすぐ汚くなることに文句を言いながらも、日向は片づけをするために部屋の窓を開けました。


>>ネタバレの続きはこちらから

203話ネタバレ【Don’t give a damn】何度だって君を助けに行く

3発の銃弾を浴びた武道は床でうなだれるように座り、ヒューヒューとなんとか息をしている状態です。

服は血に染まり、辺りは血の海、ゲホゲホと吐血もしたため口の周りも血まみれです。

マイキーはそんな武道の近くに来て武道を見下ろしながら、こうなるしか無くなってしまうから会いたくなかったと抑揚のない声で言います。


>>ネタバレの続きはこちらから

204話ネタバレ【Give me a hand】助けて!マイキーの叫び

マイキーを死なせないと窓枠にしがみつきながら右手でマイキーの右手首を掴む武道。

地上の野次馬たちはこの様子をスマホで撮影していたりと誰も助けにこようとはしません。

武道は端と口からぼたぼたと血を落としながらも、マイキーに手を掴み返すように呼びかけます。

マイキーは顔面に武道の血を浴びながら、武道のしていることをバカなことだと呆れます。


>>ネタバレの続きはこちらから

205話ネタバレ【番外編The picaresque】半間を満たした稀咲

2005年7月、当時16歳にして既に歌舞伎町の死神と呼ばれ名を馳せていた半間はその日も10人を相手に喧嘩し、一方的な勝利をしていました。

やられた不良たちはもう意識もありません。

タバコをふかす半間は勝利をしようと何も満たされません。


>>ネタバレの続きはこちらから

206話ネタバレ【番外編Let you down】三途にとって王とは?

マイキーの忠誠を誓った男、ムーチョこと武藤泰宏。

武藤は東京卍會伍番隊隊長の任を与えられ、それが自分の居場所であると思っていました。

ある日、武藤は集会のあとマイキーから個人的に声をかけられます。


>>ネタバレの続きはこちらから

207話ネタバレ【これが最後!やって来た12年前】

何が起きたのか全く理解出来ていないまま、とにかく走っている武道。

部屋にあったカレンダーは2008年6月のページを開いていました。

武道が向かっていたのは学校。

なんと武道は12年前ではなく10年前にタイムリープしていたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから

208話ネタバレ【3つの勢力が拮抗する時代】

千冬の元に来た武道は今が12年前ではなく10年前であることを再確認しました。

あれから2年経ったのかと武道が考えていると、千冬があることに気がつきました。

それはマイキーがタイムリープのトリガーになっているという事は簡単に未来に戻ることは出来ないという事です。


>>ネタバレの続きはこちらから

209話ネタバレ【巻き込んではいけない!】

現代のマイキーを助けるため、この時代でマイキーをぶっとばす決意を固めた武道でしたが、マイキーをぶっ飛ばすために具体的に何をしたらいのか見当もつかず千冬に相談します。

また武道が突拍子もないことを言い出したと呆れ気味の千冬に、武道は真剣なのだと伝えます。

しかし千冬は呆れつつも武道の相談に答えてくれて、まずは仲間集めだと言いました。


>>ネタバレの続きはこちらから

210話ネタバレ【六波羅単代、寺野サウス登場!】

武道はドラケンから電話を貰い、ドラケンのバイクショップを訪ねてきました。

とりあえず武道が久しぶりの挨拶をすると、ドラケンはバイクをいじり武道に背中を向けたままで返事をしました。

そしてスッと立ち上がると武道の方を振り返り、汚れた手をタオルで拭きながらバブを直しておいたと笑顔で武道に言います。


>>ネタバレの続きはこちらから

211話ネタバレ【最強を続けるか、負けて死ぬかの二択】

武道たちを取り囲んだ人数は100人を優に超えています。

武道は周りを見渡しながら、これが六波羅単代なのかと口をあんぐり開けていました。

ドラケンは着地をしたまま低い体勢でいる乾を気遣い、乾は大丈夫だと答えます。


>>ネタバレの続きはこちらから

212話ネタバレ【瓦城千咒登場!】

六波羅単代の寺野サウスがドラケンを勧誘しに来て既に一触即発だった場に、三天の1つ梵まで現れてしまいました。

目の前には東京三大勢力三天の2つがいるという異様な光景に、武道は思わず唾を飲み込みます。

ここで雨が降り始めました。


>>ネタバレの続きはこちらから

213話ネタバレ【初代黒龍創設メンバー】

サウスと対峙する人物こそ、梵の首領瓦城千咒。

武道はとても小柄な千咒がトップであることを信じられず驚いています。

サウスが首をコキコキ鳴らし、千咒に笑いかけながら効いたと千咒のかかと落としの感想を言いました。


>>ネタバレの続きはこちらから

214話ネタバレ【ドラケンは変わってない?】

交通渋滞が発生し、早く進みたい運転手たちがクラクションをならしていますが、渋滞の原因を知る人はほとんどいません。

この渋滞の原因は梵と六波羅単代という2つのチームが道のど真ん中に集合し、対峙していることです。

サウス、梵幹部、そしてドラケンが向かい合う中、サウスはドラケンを仲間にせずともここで梵を潰すことが出来ると笑います。


>>ネタバレの続きはこちらから

215話ネタバレ【武道が梵に加入!?】

10年前のドラケンが梵のメンバーになっていると聞いた武道は、そのままドラケンのバイク店にお邪魔しています。

部屋に上がらせて貰い、濡れた服を脱いでタオルで髪を乾かしながら考えている武道に、乾が飲み物を持ってきてくれました。


>>ネタバレの続きはこちらから

216話ネタバレ【千咒はカワイイ女の子!?】

伝えられた通りに原宿で千咒を待っていた武道の前に現れたのは、セーラー服を来た1人の女子高生です。

これから買い物に行くからと武道に荷物持ちをさせる気でいる少女ですが、武道は突然現れた美少女が誰なのか分からずに戸惑っています。

たまらず誰かを尋ねる武道に、少女は武道に気づいて貰えないことがショックだと言いながらも自分は千咒だと答えました。


>>ネタバレの続きはこちらから

217話ネタバレ【未来が見えてるの!?】

雨が降る屋外、約束を守ったと得意げに話す笑顔の千咒は倒れており、武道はそんな千咒の頭を膝の上に乗せてただ千咒の顔を見ています。

これは買い物の帰り、千咒との別れ際に武道の頭に突然流れ込んで来た映像ですが、武道はその映像に全くの見覚えがなく何の映像なのか全く分かりません。

そのことを考えていると、前を歩いていたドラケンは意識ここにあらずの様子の武道を不思議に感じて声をかけました。


>>ネタバレの続きはこちらから

218話ネタバレ【武道、梵に正式加入!】

2008年7月7日、千咒の元を1人の中年男性が訪ねてきていました。

男性が訪ねて来た理由は売春斡旋に手を出したがために、暴力団との関わり合いになり家族に危険が及ぶかもしれないため力を貸して欲しいというものです。

仕方がない、と不満そうに受け入れた千咒に中年男性は一安心。


>>ネタバレの続きはこちらから

219話ネタバレ【千咒と武道は友達】

梵天の全体集会後武道の家を訪ねて来た千咒は、武道を遊園地につき合わせました。

相談があると言われて出てきた武道は若干呆れ気味ですが、前を歩く千咒はずっと来たかったのだと武道の方を振り返り無邪気に笑います。

そんな千咒は小学2年生以来来たことがなかった遊園地のキラキラに目を輝かせて大喜び。


>>ネタバレの続きはこちらから

220話ネタバレ【狙われていたのは?】

降り始めた雨は止むこともなく時間だけが過ぎていきます。

武道と千咒は雨宿りがてら軽食を買いましたが、武道は全然食べておらず千咒にどうしたのだと疑問に思われます。

ぼーっとしていた武道は千咒がトイレに立ったことをきっかけに考え込みます。


>>ネタバレの続きはこちらから

221話ネタバレ【三発の銃弾の行方】

降り始めた雨は勢いを増し、ザァァァァァという音が夜の東京を包み込みます。

ある高層ビルの窓際に立ち、ずっと外の様子を見ているマイキー。

九井はパソコンを操作しながら、どうしたとマイキーに聞きます。


>>ネタバレの続きはこちらから

222話ネタバレ【マイキーが見たことのない空】

雨の音がうるさく聞こえ続けているはずであるのにドラケンの耳には何の音も聞こえてきません。

視界は暗く、手も思うように動きません。

見上げているはずの空がどんどんかすんできました。

ごくりと唾を飲み込む動作をしたドラケンは、横から武道が何度も自分の名前を呼んでいることにやっと気がつきます。


>>ネタバレの続きはこちらから

223話ネタバレ【最後に思い出されるのは】

武道は何度もドラケンの名前を呼びながら運ばれていくドラケンに付き添おうとしますが、救急隊からは離れるように言われました。

千咒は不安そうにドラケンを見つめています。

既に顔色が悪く、目もうつろでゼーゼーと息をしているドラケンの頭に、カウントダウンが聞こえてきました。


>>ネタバレの続きはこちらから

224話ネタバレ【梵と六波羅単代の衝突!?】

バーのような場所のシーンから始まります。

ここは六波羅単代のアジトです。

サウスはドラケンを撃った下っ端たちに、余計なことをしたなと激怒し酷い制裁を与えていました。


>>ネタバレの続きはこちらから

225話ネタバレ【異常な戦争!マイキー不参加?】

ドラケンが死亡し梵と六波羅単代が一触即発となっている現場に、無敵のマイキー率いる関東卍會も現れました。

何台ものバイクがうるさくエンジンを負荷しています。

頭が働いていない武道も、マイキーが来たことには気がついていました。


>>ネタバレの続きはこちらから

226話ネタバレ【日本最強、ワカとベンケイ】

六波羅単代VS関東卍會の構図が出来上がり、元天竺最悪の世代も六波羅単代の構成員たちをなぎ倒しています。

その中でも特に勢いがあるのが喧嘩屋と呼ばれる鶴蝶です。

山のようにいる関東卍會の構成員を次々殴り倒す鶴蝶の表情からは怒りの感情が見て取れます。


>>ネタバレの続きはこちらから

227話ネタバレ【寺野サウスという男】

ブラジル・リオの貧民街。寺野南はこの場所で育ちました。

常にベッドで横になっている母と南の二人暮らし。

幼い南は部屋の片隅に会った調律の狂ったピアノを弾くことだけを娯楽に毎日を過ごしていました。


>>ネタバレの続きはこちらから

228話ネタバレ【サウスを動かす衝動】

掛け声と共にサウスがワカとベンケイコンビに殴りかかります。

勿論2人もサウスに向かって飛び出して行きました。

今牛はサウスの拳からスッと下に避けるとサウスの死海から消えます。

サウスが驚くと、次の瞬間…


>>ネタバレの続きはこちらから

229話ネタバレ【梵の首領は自分だ】

雨が酷く降り続いています。

同じく、三チーム入り混じった乱戦も終わることなく続いていました。

それでも倒れている者の数もかなり多くなって来た時、直線上にいた関東卍會の構成員を全て倒して進んで来た鶴蝶がマイキーの元まで辿り着きます。


>>ネタバレの続きはこちらから

230話ネタバレ【ナンバー2の明司武臣】

初代黒龍は天下統一を果たし、伝説と呼ばれました。

その副総長を務めた男が明司武臣です。

明司の采配で戦況が決まると恐れられた明司は、いつしか軍神と呼ばれるようになっていました。


>>ネタバレの続きはこちらから

231話ネタバレ【マイキーを包む黒い衝動】

各チーム関係なく構成員が倒れています。

そんな中で鶴蝶はマイキーを殴っていました。

倒れることのないマイキーですが、何度殴られてもやり返すことはしません。


>>ネタバレの続きはこちらから

232話ネタバレ【マイキーを止めることは不可能】

マイキーがやっと出て来たことでサウスは感心している様子です。

一方のマイキーは何も言わず、表情も変えません。

武道はマイキーの名前を呼び、飛ばされてきた鶴蝶は血だらけの顔をして仰向けのままむせています。


>>ネタバレの続きはこちらから

233話ネタバレ【殺しても止まらない衝動】

マイキーが馬乗りになりサウスの顔を殴り続けています。

ゴッゴッと無機質な音が一定間隔で聞こえてきます。

武道は折られた腕を押さえながら必死にダメだと叫びますが、マイキーは一切武道の言葉に反応することなくサウスを殴り続け、遂にグシャっと潰れる音が聞こえました。


>>ネタバレの続きはこちらから

234話ネタバレ【お前が戻って来たから】

武道は殴られながらかすれるようにマイキーの名前を呼びました。

しかし、マイキーの殺意に満ちた目は変わることがなく、グシャっと無機質な音が響きます。

次の瞬間武道は病院にいました


>>ネタバレの続きはこちらから

235話ネタバレ【今の武道がすべきこと】

三転戦争から1週間が経過していました。

武道の病室にはアッくん、タクヤ、マコト、山岸とおなじみ溝中五人衆がお見舞いに来ていました。

学校帰りの彼らはみんな制服を着ています。


>>ネタバレの続きはこちらから

236話ネタバレ【自分らしくマイキーを助ける】

入院中ではあるが身動きが取れるようになった武道は、日向に連れられて病院の屋上に行きました。

出ると同時に聞こえてくる大きな爆発音と眩い光。

この日は花火が上がっていたのです。


>>ネタバレの続きはこちらから

237話ネタバレ【2人のメンバー追加加入!】

相棒、松野千冬に続いて武道が声をかけにいったのは、同級生であり元東京卍會弐番隊副隊長であった柴八戒です。

八戒はあっさりチームに入ることを承諾。

八戒があまりに簡単に決めてしまったため、武道はもう少し悩まないのかと逆に心配してしまいます。


>>ネタバレの続きはこちらから