寄生列島 33

この記事では、ヤングマガジンで連載中・江戸川エドガワさんの「寄生列島」33話のネタバレと感想をお届けします!

寄生列島 4表紙


←前話 次話→

寄生列島33話のネタバレ

大きな艦船から、今すぐこの海域から離れるようにと警告される千尋たち。

千尋は大声で待ってください!と叫びます。

そして自分の父親が大変な状況であるため、助けて欲しいとも告げます。

しかし船から反応がありません。

寛太は声が届いていないのかもしれないから近づいてみよう、とボートを船に近づけました。

繰り返し警告を流す艦船。

寛太は両手を上げて、病人がいるのだと告げます。

繰り返しアナウンスを流そうとした艦船ですが、寛太の声で一度艦船からの声が途切れます。

瑞樹がボートの上で唸り声を上げました。

そんな時寛太は、海上のあることに気付いてしまいます…

海にはバラバラになった漁船のかけらが――

寛太は千尋に捕まるように言って、突如船を島の方へと戻しました。

海には漁船のオイルと、船体の破片があったと話す寛太。

あの艦船は、命令を無視した船を沈めているのだろうと寛太は推察するのでした。

ここいらの海域はすべて封鎖されているため、島に戻るしかないのだと寛太は話します。

その事実にダメだよ…と漏らす千尋。

苦しそうな父親を目の前に、千尋は絶望の叫びを上げるのでした…

三人は島へと帰ってきました。

すると島からは火の手が上がっています。

どうしてこんなことになったの?とその光景を見ながらつぶやく千尋。

そんな千尋に「おねえちゃん」と声を掛ける者が居ました。

港にやって来たのは防護服を着た政府の連中、住人たち、それからぼこぼこに顔を腫らした化け物のような莉子でした。

莉子は私のことを守ってくれると言ったよね?と千尋に言います。

そしてその後、千尋なんて噓つきだから死んでしまえ…そう告げるのでした。

向かってくる住人たちに、千尋はもう終わりだと察してその場に膝を付いてしまいます。

瑞樹を負ぶった寛太もどうすることもできずその場に立ちすくんでいました。

しかしそこにやってきたのは――

荷台に蜷川を乗せた軽トラでした。

蜷川は千尋の胸倉を掴み、こんな壊れた世界だとしても…まだあきらめるのは早いのでは?そう言って千尋を荷台へと投げ込みます。

そして寛太と瑞樹も荷台に乗せ、軽トラは莉子たちの前から逃げ去りました。

逃げる最中、寛太はどこに逃げるのかと蜷川に尋ねました。

島にはもうどこにも逃げ場がないはず…そう零す寛太。

しかし蜷川は、なんと寄生虫の巣に向かうのだと告げるのでした。

 

寄生列島33話を読んだ感想

蜷川はいつもいいタイミングでやってきますね。

というか蜷川ってどうしていつも千尋のことを助けてくれるのでしょうか?

人助けとかするタイプではないように思えるのですが…

それよりお父さんはすぐに病院に連れていかなくちゃだめなはずなのに、このまま島に留まっていていいのかな?

海域が抜け出せなかったから仕方ないとはいえ、このままでは本当に大変なことになっちゃ気が…

その辺も蜷川辺りが秘策とか持っていてくれればいんですが。


←前話 次話→

まとめ

「寄生列島」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる

1冊693円⇛93円で読める
ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると、1950円分無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料