寄生列島42

この記事では、ヤングマガジンで連載中・江戸川エドガワさんの「寄生列島」42話のネタバレと感想をお届けします!

寄生列島 4表紙


←前話 次話→

寄生列島42話のネタバレ

最後にド派手なのを見せてやろうと、アタッシュケースを開けた蜷川。

そこにあった起爆ボタンを蜷川は押しました。

しかし押しても何も起こりません…

莉子は蜷川のことを指さして、大噓つきだと告げます。

そして感染者たちが蜷川達のもとへと押し寄せてきました。

すると蜷川はアタッシュケースを感染者にぶつけ、千尋たちに階段を上がるように指示します。

すると給水塔の中に大きな音が響きました。

その音に驚いて立ち止まった千尋を担ぎ上げ、フィナーレだと告げる蜷川。

莉子は何をしたのかと蜷川に尋ねます。

蜷川が答えるより早く、壁に亀裂が入り大量の水が上から降ってきました。

水は上から下へと流れ、感染者たちは水に流されていきます。

外に出ている鴻島と住人たち。

給水塔の中部が爆発し、折れて行く様子が見られました。

上から降ってきた水に、莉子だけがどうにか耐えていました。

莉子は千尋に手を出し、お姉ちゃんと呼びます。

しかし蜷川と保険医が飛び出そうとする千尋を止めました。

蜷川は莉子はすでに感染していると再度事実を突きつけ…

莉子を助けるのであれば、今度は自分たちが危険なことになるけれどそれでもいいのかと千尋に問う蜷川。

それでも私が守る、と言って千尋は手を伸ばします。

手が届きそうな時、莉子は差し出した手を引っ込めて千尋に別れを告げました。

そして大量の水が降ってきて、その跡にはすでに莉子の姿はありません。

呆然とその様子を見つめる千尋。

そして感染者は誰一人もおらず、大量の水だけが流れています。

千尋はその場にうずくまり、言葉にならない声を漏らすのでした。

その傍に寄り添う瑞樹も、声をかけられないでいます。

閉じられていたはずの扉ですが、歪んでいて簡単に開くことができました。

先にひとり、外に出る蜷川。

外から見た給水塔は完全に壊れていて、蜷川の足下は水が流れていました。

そしてその水は町にまであふれ、道はまるで川のようになっています。

鴻島たちが高台へと向かうとそこから海の様子が見えます。

海の向こうには何隻もの艦隊の姿が見えました。

一方学校では――

籠城していた双子たちは、表が静かになったことに気付きます。

そしてある部屋には桂が。

フェイスシールドをし、車いすにのっていますが、手は拘束されている桂。

そんな桂は時が来たようだ、と体育会部活幹部たちに向かって告げるのでした。

寄生列島42話を読んだ感想

千尋があそこまでされてまだ莉子を守ろうとしていることにびっくりしました。

莉子が感染者を導いていて、どんなことをしていたかも知ってるのに。

なんかちょっと暢気すぎないかなと思ってしまいました。

にしても蜷川は塔を壊すスイッチを作っていたんですね。

感染者はみんな水で流れてしまいましたが、それで解決したのでしょうか?

生きていたらまた感染者がでてしまいそうな気がしますが。

あと寛太がどうなったのかも気になりますね。


←前話 次話→

まとめ

「寄生列島」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる

1冊693円⇛93円で読める
ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると、1950円分無料で読めるのかぁ~

 

半額で読める!

サービス名 特徴


無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪