この音とまれ100

この記事では、ジャンプスクエアで連載中・アミューさんの「この音とまれ!」24巻に収録されている100話のネタバレと感想をお届けします!

この音とまれ! 24表紙



←前話 次話→

この音とまれ!100話のネタバレ

宇月は名都にさっきの件をお願いと念押しして去っていきます。

そんな宇月を無言で見送る名都。

学校では来栖が倉田から勉強を教わっていました。

友人の深優から筝曲部は全国一位を取れそうなのかと訊かれます。

深優はテレビを見て、期待をしているそう。

水原、堺、足立の三人は部室へと向かっていました。

するとドアの前では由永が…

どうして中に入らないのかと尋ねられると、答えより先に近くからチカとさとわの言い争う声が聞こえてきます。

二人も部室の前にやってきます。

部室に入らない一同を見て不審に思うチカ。

由永がドアに貼ってあるこれが何か気になって…と言います。

そこに貼ってあったものを見て、目を見開くチカ。

紙には「おかえり」とただ一言書いてあったのです。

それを見てチカが思い出すのは宇月のことでした。

チカがまさか楽器を壊されているのではと焦って中に入りますが、特に変わった様子はありません。

ほっとするも、チカは心臓がどくどくと脈打っていました。

そして練習後は哲生も含めての勉強会。

ぼんやりするチカに哲生がデコピンを飛ばします。

チカがトイレに行くと、哲生は部活で何かあったのかと堺と水原に尋ねます。

水原が部室におかえりって書かれた紙が貼ってあって、それを見てからだと答えました。

何かを察した様子の哲生。

チカは手を洗いながら自分の思い過ごしだと考えます。

きっと何かの偶然…そう思いますが、もしも偶然ではなかったらと考えてしまうのでした。

次の日――

哲生は下駄箱で名都と接触します。

そして宇月の弟なのかと単刀直入に尋ねるのでした。

表情を失くす名都を、人気のない場所に連れ出す哲生。

名都は誰から聞いたかを確認してから用件は何なのかを哲生に訊きました。

哲生は部室に貼り紙をしたのはお前かと尋ねます。

しかし名都は知らない様子…

哲生はチカと宇月の関係を知ってて筝曲部に入った目的は何か問い詰めます。

名都は話が良く見えないと言いました。

そして名都はチカと兄が友人であるとも。

それを聞いて哲生はチカの事件の真相について知らないのかと尋ねます。

名都は、チカがやったことになっているけど誰かにハメられたのだと知っていると答えました。

それを聞いて、哲生は真実を告げるか迷います。

ですが、ハメたのは宇月本人なのだと名都に告げるのでした。

それを聞いて混乱する名都。

哲生は兄弟だから信じろとは言わないと告げますが、名都は腹違いの兄弟だからそこまであいつを知っているわけではないと言います。

哲生は真実を知ってしまった名都に大丈夫かと尋ねますが、名都は身内は噓つきばかりだから慣れていると言いました。

そんなことに慣れるな、と言う哲生。

名都は、チカが自分と宇月が兄弟だということを知らないのかと確認します。

哲生は自分の口から言うつもりはないと。

ただ哲生は名都を使ってまた何かするかもと懸念していたのです。

それを名都も見抜いていました。

あながちそれは間違いではないと言う名都。

昨日、宇月がチカのことで自分に会いに来たと名都は告げるのでした。

一方筝曲部では。

チカの様子がおかしいことに倉田もさとわも気付いていました。

テスト勉強のせいだと言うチカに、倉田は本当に?と真剣な顔で確認します。

チカは絶対に筝曲部のみんなを守ると心の中で誓い、倉田に嘘を吐きました。

哲生は名都から話を聞いて、その目論見を止めようと動き出します。

宇月が名都に会った時――

宇月は世間話から、筝曲部の話に持っていきました。

名都の入部動機はチカだからだと言います。

正月にショッピングモールで演奏している姿を見て、昔宇月と一緒に居る頃から別人のようになっているのを見たから、何がそんなに変えたのか気になったのだと言う名都。

宇月はその理由はわかったのか尋ねると、宇月はなんとなくわかったと言います。

一方宇月は最近は何も楽しくないと話しました。

その上で、宇月は名都にお願い事をするのでした。

チカとケンカをしてしまったから、仲直りを手伝って欲しいと――

名都は部に入ってから、チカに貰った言葉の数々を思い出します。

それに加えて先ほどの哲生からの衝撃の事実。

名都はどうにもできずその場にしゃがみこんでしまうのでした。

明陵高校にて。

宇月が学校から出てくるとゆいじが待ち伏せしていました。

ゆいじは一足先にチカにおかえりというラブレターを届けたと言います。

そして宇月は、チカに本当にいるべき場所がどこなのかわからせてやらないと…そう話すのでした。

 

この音とまれ!100話を読んだ感想

宇月がチカにすごい執着ですね…

名都のことまで利用しようとするなんて。

名都は筝曲部でチカの姿を見て漸く変わってきたっていうのに。

でも血の繋がってない兄貴ではなく、チカの味方をしてくれるのかな?

あと哲生もチカのことを守ろうと動いてくれています。

どうにかしてくれるといいけど…と思う一方、一人で動いて危険な目にあったりしないかちょっと心配ではあります。

チカが守りたいと言う筝曲部。

何事もなくこのまま進めますように…!


←前話 次話→

まとめ

「この音とまれ!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると3巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料