にぶんのいち夫婦58.59

この記事ではマンガボックスで連載の人気漫画・夏川ゆきのさん、黒沢明世さんの「にぶんのいち夫婦」分冊版30巻のネタバレと感想をお届けします!

マンガボックスに58話59話で掲載されている内容です。

にぶんのいち夫婦
原作・夏川ゆきの
漫画・黒沢明世



←前話 次話→

にぶんのいち夫婦58話59話のネタバレ

文の母から連絡をもらい、すぐさま文のもとに向かおうとする和真。

しかし玄関で自分の恰好を見直して、スーツに着替えて和真は文の元へやってきました。

早朝からピンポンが鳴らされ、出るべきか迷う文。

すると二回目のピンポンで文の母が玄関へと向かいます。

母が来客に向けた言葉で、その相手が和真だと知り、狼狽える文。

朝早くに来たことを和真が詫びると、それはいいけど家出娘も連れて帰ってと母は言います。

気まずそうに顔を出した文に、和真は嬉しそうに名前を呼びました。

残りの荷物は宅配で送るから、必要なものだけ持って行きなさいと母は文に告げます。

そして文は和真と一緒に帰ることに。

その途中、階段を降りる文の手を取り、指を絡めて手を繋ぐ和真。

そんな様子に、今日の和真はちょっと強引だなと文は考えました。

桜が美しく咲く、川沿いを歩く二人。

その途中、文は和真に話しかけます。

母と連絡を取っていたのかと尋ねる文。

和真は、文の気持ちが落ち着いたら連絡を貰う手はずだったと話します。

そして和真は文の手を解くと、頭を下げて謝りました。

和真の言葉を遮って、文は座って話そうと近くのベンチに誘います。

文は、黙っていても気持ちは通じない…ケンカになったとしても思ったことを話そうと決心します。

和真に嘘を吐かれたことが嫌だったと告げる文。

イブの日に裏切られたことで、もう和真を信じれないと思ったのだと文は言います。

そして文は、時計の件を追求しました。

どうして立川と同じものになったのかと訊かれた和真。

さやかに勧められたは言えない…そう思うも、誤魔化したら前の自分と同じじゃないかと考えて真実を話しました。

薬を盛って来た相手のことを信じたのかという文。

自分の意見がないの?と文はイラつきます。

キスしたことも許せないのに、そんな女が選んだものを贈るなんて信じられないと…

和真は言葉が返せません。

今まで揉め事を避けてきて、それで何か失ったとしても縁がなかったと納得させてきた和真。

そんな自分が今、一番大切なものを失いかけていると和真は実感していました。

文は、頭では和真が悪くないことはわかっていると言います。

でも嫌なものは嫌なのだと言って、文は立ち上がりました――

そして激しく和真が他の女に触られたこと、さやかと秘密を持ったこと、密会したこと。

それらがすべて嫌なのだと言う文。

和真は文の本心に対して黙っています。

文は言いすぎてしまった、もう終わりだ…そう思った時…

和真は文のことを抱きしめました。

そして他に怒っていることはないのかと尋ねます。

文の不満や怒り、嫉妬もすべてを受け止めて自分を変えて行きたいと言う和真。

それはすべて文と一緒に生きて行くために…

文は涙を浮かべて、次々と不安だったことを話します。

そして一番嫌だったことは、和真のことを信じられなくなった自分だと言う文。

和真を疑うたびに自分が嫌いになっていったと文は話しました。

和真は揉め事を避けるために他人の本音に向き合うことを恐れていました。

そんな性格をさやかは見抜いていたのだろうかと思う和真。

和真は文に辛い思いをさせたことを謝りました。

そして本当のことを知らせたら文が傷つくと思い込んで、嘘を正当化していたと和真は告げます。

自分もよくなかったと言う文ですが、和真は文は悪いことなんてしていないと言いました。

文は知ったら傷つくこともあるけれど、大事な人となら乗り越えられると返します。

だから些細なことでも、もう嘘はつかないで――と。

和真はそれを誓いました。

そして文もなんでも話すようにすると…

そして、樋口に告白されたことを告げる文。

和真が驚かなかったことに文は意外そうな様子。

二人で食事にいった時に宣戦布告されたと和真は言います。

そんなことをしていたのかと驚く文。

和真は樋口のことを悪い奴ではないと評価していました。

文も樋口は真面目な子だと言います。

そして文は、告白されてどうなったか気にならないのかと言います。

気になるけど、だからこそ聞けない…そう返した和真に、キスをされたと告げる文。

受け入れたわけではないけどいきなりだったから避けられなかった…怒ってもいいよと文は和真に言います。

しかし和真は少し困ったような表情を見せてから、それから樋口はどうしたのかと。

文が何も言う間もないまま去って行ったと聞いて、和真は樋口なりのけじめだろうと考えました。

怒らないのかと再度尋ねる文に、和真は怒るよ!と。

そして和真は、文は無防備すぎで今後どんな奴に言い寄られるかが不安だと頭を抱えます。

文は気を付ける、と言ったあと自分を信じてほしいと告げました。

何があっても、私は和真が好きだから。

そう告げられて、和真も文に好きだと告白をします。

頼りなくて未熟だけど、ずっと一緒にいてください…と。

文は涙を浮かべながら微笑みます。

そんな二人は桜が舞い散る中、キスをしました。

その後――

母のところからも荷物が返ってきて、普通の生活に戻った二人。

文は、母のところに行った時眠れるか不安だったと話します。

でも意外と平気だったと。

しかし少ししたらこの家であったことばかりを思い出していたと言う文。

和真も離れている時はこの家での出来事ばかり思い出したと話します。

そこで文は、自分たちは1+1で2人ではなく、2人で1つの家族になったのだと話します。

それを聞いた和真は、ということは自分たちは1/2ずつなんだなと言いました。

未熟な自分たちに合っていると文も笑います。

この先、きっと色んなことがあるだろうけど…

また一人になることもあるかもしれない。

しかし自分たちには帰る場所がある。

それは1/2の家族が待つ家なのだと、文は思うのでした。


にぶんのいち夫婦58話59話を読んだ感想

文が和真に自分の気持ちをちゃんと伝えられてよかったです。

樋口の言った通り、文の本音を聞いて和真は嬉しそうでしたね。

文がキスしたのもさやかと会っていたのもみんな嫌!と言っている時、すごくかわいかったです。

やっぱり文と和真は一緒にいるのがしっくりきますね。

あと「にぶんのいち夫婦」ってそういう意味だったんだとようやくわかりました。

1+1じゃなくて、二人で一つっていうのが素敵な考えだったと思います!

幸せな終わり方でよかった~!

←前話 次話→

まとめ

「にぶんのいち夫婦」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛8冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると全巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料