教えてください、藤縞さん!4

この記事では、ラブコフレに掲載されたなえ・淡路さんの「教えてください、藤縞さん!」4話のネタバレと感想をお届けします!

教えてください、藤縞さん! 1表紙

 


←前話 次話→



教えてください、藤縞さん!4話のネタバレ

俺になにをされても文句はないな、と言いながらリオに覆いかぶさる藤縞。

そうだ、こいつが気になるのは欲求不満のせい、無理矢理にでも抱いてしまえば、と考える藤縞だった。

しかし、リオは藤縞の思惑には全く気付かず、大丈夫ですか!?躓きました!?それとも滑ったのかな、さっき手を洗った時に床を濡らしちゃってました!?ごめんなさい、すぐに拭きますね、と見当違いなことを言い出すリオ。

思わず藤縞も無言になる。

リオの反応を見て、自信喪失する藤縞は、分かったぞ・・お前俺のことを男と思ってないんだろう、と死にかけたように言う。

なんてことだ、仕事に追われている内に俺はもう男として終わっていたのか・・とボソボソ呟く藤縞に、なに言ってるんですか!大丈夫ですよ!自信持ってください!と励ますリオ。

藤縞さんを見てると妄想が捗るのも男性として魅力的だからで、藤縞さんがヒロインとどんな恋をするのか考え出すともうワクワクですよ、と話しだす。

ヒロインをどう口説き落とすだろうとか、どんなキスをするのかなーとか、する時は強引で優しくて、自分で書きながらドキドキしちゃって、と話しているうちに、私、何言ってるの、どうしよう、すごく恥ずかしいと思い、どんどん顔が赤くなっていく。

あの・・と詰まるリオに、どんなエロい妄想してるんだか、と藤縞がツッコミを入れる。

それはその、教えて貰った事を参考に、と照れるリオの腕を引っ張り、突然ぎゅっと抱きしめる藤縞。

後ろから抱きしめられた状態のリオの耳元で、強引で優しいのがいいのか、と囁く藤縞に思わず、ひゃうっと声をあげるリオ。

耳も敏感なんだな、とクスッと笑いながらリオの服を捲り上げていく。

あの、何するんですか、と胸があらわになったリオが言う。

何って今、想像してる事、と言いながら藤縞がリオの胸に手を伸ばし、揉んでいく。

ダメです、と言いながらも耳がぞわぞわすることに快感を覚えるリオ。

なにがダメなんだ、と藤縞も言いながら、リオの耳に舌を入れ舐め始める。

藤縞さんの声でいっぱいになって何も考えられなくなる、と思いながら息を荒げていくリオ。

リオがそっと振り返り、藤縞の顔を見ると、とても嬉しそうで、なんだか嬉しそうですね、と藤縞に言う。

俺が嬉しそうだって?と思いながらも、リオの服を脱がせ、首、背中、と順にキスをしていく。

ずるっとズボンまで脱がされ、パンツだけの状態になるリオ。

四つん這いになったリオを見ながら、悦んでいるのはお前の方だろ、と言う藤縞。
パンツを濡らし、アソコをヒクつかせながら、うそ、だってまだ何もしてないのに、と答えるリオ。

ゴロンとリオの体制を仰向けに変え、なら自分で確かめてみろ、と藤縞がリオのアソコをパンツ越しに指で擦り始める。

ほら見ろ、下着が透けるくらい溢れてる、ココだって膨らんで、と言いながら、リオの膨らんだ部分を指でなぞる。

ソコ、ビリビリってなるとこ、とリオも思いながら期待する。

しかし、フイっと藤縞は突然、擦っていた指を止める。

はあ、とため息をつくリオに、なんだ、期待したか?と意地悪そうに言う藤縞。

そう言われ、顔を真っ赤にするリオ。

ああ、確かに、コイツの言う通り喜んでいるな、俺に翻弄される姿に、と藤縞は思いながら、またリオの体を舌で舐め始める。

胸を舐めながら、ほら、また溢れてきた、とリオのパンツが濡れていることを言う。

お前ほんとに感じやすいな、と言いながら、次はリオの手の指を舐め始める。

ゆび、舐めてる、とリオも思いながら、藤縞さんが触るところ全部アソコに繋がってるみたい、とどんどん自分のパンツが濡れていくのを感じる。

ビクビクと反応するリオの体を見て、物欲しそうに腰が揺れてるな、どうされたい?と嬉しそうな表情で聞きながら、指でリオのアソコをなぞる藤縞。

い、いじったり、舐めたり、して欲しい、です、と素直に答えるリオ。

藤縞は了解、とだけ言って、口で強くリオの片方の胸を吸い上げ、片方の胸は手でクリクリと撫で回す。

胸を口に含み、舌を使って刺激する藤縞に、リオは感じながらも、あ・・やあ・違・・と言う。

途中で止める藤縞に、そんな途中で・・とアソコをヒクヒクとさせながら残念そうに言うリオ。

どうした、違うって言ったから止めたんだが、どこを弄って欲しいかちゃんと言ってみろ、と藤縞が息を切らしながら言う。

でも・・と気まずそうに照れるリオは、立ち上がり、自分でパンツを脱ぎ全裸になる。

藤縞の前に立ち、自分でアソコを少し広げて、ここ・・切なくて変になりそうです、と言うリオ。

ゴクと唾を飲み込み、見つめる藤縞。

わかった、お望み通り弄ってやる、と言ってリオを自分の膝の上に向かい合って跨がるように座らせる。

コレでな、と自分のモノをリオのアソコに擦り付ける藤縞。

藤縞さんのっ、と言うリオに、そういえばお前見たがっていたな、ほら、よく見てろ、お前のここを弄ってるところ、と言いながらアソコをなぞるように擦り付けていく。

アソコから蜜が溢れ出す様子を見て、ヨダレを垂らしてるみたいだな、と言う藤縞。

ほらココ、と少し力強く擦り付けられ、あ、入っちゃ・・と言うリオ。

穴の周りも気持ちいいだろう、と際どい部分にグリグリと押し当てる藤縞。

もっと、もっと欲しい、と言うリオ。

しかし、藤縞は自分のモノを離し、どうだ、焦らされる気分は、と意地悪をする。

イヤな感じです、と素直に答えるリオに、お前に言われたくない、とツッこむ藤縞。

ほら握って、と言ってリオの手に自分のモノを握らせる。

これ以上が欲しいなら自分でしてみろ、と挑発する藤縞。

男の人って擦ったら気持ちいいんですよね?こうしたらどっちも気持ちいい、っと言いながら藤縞に跨り、藤縞のモノと自分のアソコを擦り合わせるリオ。

ぐちゅぐちゅと音を立てるリオに、おまえ、こんな技、誰に教えられたんだ、と聞く藤縞。

そんな、藤縞さんしか知らない・・と答えるリオに、ゾクッとした藤縞のモノがさらに大きくなる。

やっ大きくなった、とリオがさらに激しく動く。

バカお前、そんな激しく、と言う藤縞に、だって、ゴリゴリって当たって腰止まんないです、きもちいい、とトロけた表情でリオが言う。

そんなリオを見て、ドピュッ、ピュッと絶頂を迎える藤縞。

それが顔にかかり、驚くリオ。

しまった、と思いスマン、と藤縞が少し焦って言う。

これがあの有名な精子・・・!とまさかの感動をするリオをみて、少し引く藤縞。

あのこれ、持ち帰っても?とリオに尋ねられ、いい訳あるか!と即ツッコミを入れるのだった。

ほら眼鏡洗ってきてやるからティッシュで拭いとけ!とリオの眼鏡を外し、洗面台へ向かう藤縞。

眼鏡を洗いながら、不覚だ、溜まっていたとはいえあんなすぐ果ててしまうとは、とショックを受ける。

まぁあのままいくと絶対に突っ込んでたし、性欲発散できて結果的にはよかったか、とスッキリした表情で自分に言い聞かせる。

ドタンと物音がして、何してるんだ、と藤縞が出て行くと、よく見えなくて、と言いながら倒れているリオがいた。

というか服着るの早いな、と言う藤縞に、裸では何かと不便と思いまして!と誇らしげに答えるリオ。

あの私っては我を忘れてしまって、今からでも何か私に出来ることは、と言おうとするリオに、無い、ときっぱりと答える藤縞。

いいからもう帰ってくれ、と言われ、でも、私も藤縞さんの役に立ちたいんですとしゅんとするリオ。

さっき役に立ったことも言いづらいな、と思いながらも、あーあれだ、ゴキブリを駆除してくれてすごく助かったぞ、と言う藤縞。

本当ですか?と聞くリオに、ほんとほんと、と答える。

それを聞いて、満面の笑みで、よかった、嬉しいです、と言うリオ。

そんなリオに顔を近づけ、無言でキスをする。

キスの後、シーンとなる二人。

沈黙の後、突然、すまん、顔が滑った、と言ってリオに眼鏡をつけ、用事は済んだな、さあもう帰れ、とすごい速さでドアを閉める藤縞。

ドアを閉めた後、クソ・・なにやってるんだ、俺は、と頭を抱えるのでした。

帰り道、キスしちゃった、人生初めてのキス、と考えながら、ぽてぽてと歩くリオ。

ゴッと電信柱に頭をぶつけ、痛みに震えながらも、藤縞さんと!と顔を赤くする。

いやいや何を照れているのか私!もっと色々すごいこともしちゃってるのにあんな一瞬のキスで、と頭をブンブンと横に振る。

でも、もう一度してみたい、と唇に手を添え、藤縞のことを思い返す。

さっきまで一緒にいたのに、藤縞さんに会いたくなってきちゃった、でも恥ずかしい、何だろうこのきもち、叫びたくなるような、と自分の気持ちに制御がつかないリオ。

恋をする気持ちに初めて気付くのだった。

出版社のオフィスで前田さんと打ち合わせに来たリオ。

終始ぽわ〜〜とお花畑状態のリオに、水原さん、ヨダレ垂れてます、と前田さんが注意する。

彼氏でもできたんですか?と聞かれ、いえ、まさか、そんな、彼氏なんかじゃないですよ、そもそも水原リオの恋人はお仕事ですから、と明らかなリアクションをする。

ただすごく親切な人で、色々教えてくれるし、あとカッコいいですね、と照れながら話すリオに、もしかして前に話していた人と続いてるんですか、と引く前田さん。

まあでも執筆の糧になっているようですし、弱点だったシーンも見違えるようになってますし、いいんじゃないですか、セフレがいても、と前田さんに言われ、キョトンとした表情をするリオ。

じゃあ次のお話をどれで進めるか相談しましょうか、と話し始める前田さんに、セフレって・・とリオが尋ねる。

するだけの割り切った関係の事ですね、と前田さんにきっぱり言われショックを受ける。

大丈夫ですよ、今時珍しくないですし、あまり人に言うことでもないですけどね、と淡々と話す前田さん。

確かにそうだ、いつも藤縞さんと会うとそういうことをして色々なことを知って、それだけ、と思い返すリオ。

前田さんに話しかけられ、あ、すみません!次のお話ですよね、となんとか切り替えようとする。

今の水原さんなら何を書いてもいい作品になりそうな気がします!と言われ、そんな、嬉しいです、と答えるもどこか上の空な状態のリオ。

執筆のために藤縞さんに協力してもらってちゃんと成果も出てる、最初に望んだ通りになってる、と思いつつ、それとは違う感情が自分の胸にあることに戸惑うのでした。

教えてください、藤縞さん!4話を読んだ感想

藤縞さんも絶対、変わった性癖がありそうとは思っていましたが、ありますね、これは(笑)欲求不満発散のため、とずっと言ってますが、途中で盛り上がってたのはリオだけじゃなかったし、最後に思わずキスしちゃってるし。

それにしても藤縞さんのドSっぷりがすごい。

それに動じないリオも。

リオみたいに本人は無意識でエロい人って私はまだ出会ったことがないけれど本当にいるのかな。

わざとじゃなくて、仕草とかがエロい人。

いるなら会って、勉強してみたい(笑)私個人の意見としては、欧米系の外国人の人がビキニだとエロというよりスポーティな健康美って印象を受けるけど、日本人がビキニを着てるとなぜかエロく見える人が多いのは偏見かな?


←前話 次話→



まとめ

「教えてください、藤縞さん!」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読める!

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛8冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛3冊分無料

ぱる太ぱる太

どっちも無料登録すると全巻無料で読めるのかぁ~

半額で読める!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料
DMMブックス 画像 初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料