ゆびさきと恋々2巻5話のネタバレと感想【Someone is thinking of someone】

この記事では、デザートで連載中の漫画・森下suuさんの「ゆびさきと恋々」5話のネタバレと感想をお届けします!

ゆびさきと恋々 2表紙

\無料登録で1350円分ポイントがもらえる♪/

←前話 全話まとめ 次話→

ゆびさきと恋々5話のネタバレ

雪の手を握りしめたままの逸臣の手が離れる。

少し名残惜しそうに手を見つめる雪。

洗濯機がピーピーと音を鳴らし、終わったことを告げる。

逸臣が立ち上がり、洗濯機の方へ行って初めて、あ、終わったんだ、と気づく雪。

もう帰っちゃうのかな、と残念そうに思っていると、雪、ゆーき、おまえ、門限ある?ない?と逸臣が聞いてくる。

「あります、門限22時です」とメッセージを送って返事をする。

あと、1時間ちょいか、と言って、逸臣がベンチに戻ってくる。

次、なんの手話?もっとの次は、と楽しそうに、ニヤニヤしながら雪が教えた“もっと”の手話をしながら聞く逸臣。

恥ずかしくなりながら、何がいいですか?と聞き返す雪。

まだ一緒にいていいんだ、と心の中で安心し、嬉しくなる。

一緒にいる時間はどうしてこんなに短いんだろう、と思うのでした。

いや、送るって、家どっち、とランドリーショップの前で話す二人。

帰り道にぐいっと雪を壁側に押し、車道側を歩く逸臣。

ひかれんなよ、と言う逸臣の口を読み取る。

「惹かれるな」じゃないよね、車に轢かれるなだよね、と考えながら、手のひらの上で転がされたりもするのに今は守られてる感じがする、と思う雪。

みんな逸臣さんのこと好きになっちゃうんじゃないかな、と店で見かけた女の子のことを思い出す。

はっ、店長さん、「友達」って言ってたし、モヤモヤしなくていい、何かポジティブなこと考えて・・と切り替えようとする。

“もっと頑張んなきゃ、ね、雪”とりんちゃんが言っていたのを思い出す。

ぴたっと足を止めた雪は、トンと指で逸臣の腕をそっと触って合図する。

でも何を考えても、そこへ結びついてしまう、と思いながら、携帯に「この間、お店に来てた女の人って彼女ですか?」と打ち込み、逸臣に見せる。

それを見てから一瞬黙り、誰?と逸臣が聞き返す。

「2人ともすごく酔っ払ってて連れの人がサングラスかけてました」と続いて言う雪に、あー、あいつらか、と思い出す。

タタ、とまた何かを打ち込んでいる雪をそっと見つめる逸臣。

こういう時に目を合わせなきゃいけないのは残酷に感じる、と目を合わせられない雪。

トントン、と優しく指で雪の頰をツンツンとする逸臣。

やさしく・・トントン・・と思いながら顔を上げる雪に、彼女いない、エマは友達、と答える。

友達・・・「エマ」かな?と口を読み取る雪。

本人から聞くと安心感が違う、でもあの人は逸臣さんのこと、と考えていると、逸臣が、雪は?と聞いてくる。

え?と驚く雪に、いたじゃん、大学で仲良さげに手話してたやつ、と言う。

あの時、逸臣さん、見てたんだ、と桜志と話していたことを思い出す雪。

「ただの幼馴染です、学校も初めて大学で一緒になっただけです」と笑顔で答える。

「手話も桜志くんのお姉さんが勉強していて、そこから自然と覚えたみたいです」と話す雪に、それいつ、と聞き返す。

「私に初めて使ったのは「アホ」で小2くらいです」と答える雪に、そう、とだけ反応する。

「普段ほとんど関わりないです」と画面を見せながら、最近よく会うけど、と思う雪。

もういいわ、この話題、またちょっと降ってきたな、と雪が降る空を見上げる逸臣。

出た、マイペース、と思いながら雪も話を終える。

じっと逸臣が雪を見つめるので、?という表情をする雪。

雪ん子みてえだな、おまえ・・雪ん子って呼んでいい?と逸臣が聞くので、いいですよ、雪は好きです、と嬉しそうに画面を見せる。

いや、呼ばんけどな、俺も雪は好き、と言う逸臣。

ドキーーーッとする雪。

私のことじゃないのに、と思いながら、とっさに手話で雪を表す。

あ、それ、雪の手話?好き、は?と聞かれ、手話をしてみせる。

こうか、いつか使うわ、とあまりにもあっさり言うので、え、誰にですか?と画面を見せて尋ねる雪。

いや、旅が好きとかで、とクールに答える逸臣。

早とちり、話題変更、と焦る雪は、「次いつ会えますか?」と画面を見せる。

店休日・・木曜、あ、それ「約束」か、と雪のする手話を見て言う。

約束の指切りをするために、小指を差し出す逸臣。

雪も照れながらも小指を出し、小指と小指を絡ませる2人。

絡ませた小指をぶんぶんぶんと振る雪。

帰るか、と逸臣も優しい表情で言う。

風の向きへちらばって、今わーってしてる自分の心みたい、なんておうじょうぎわの悪い、帰りたくなんてないよ、と心の中で雪は思うのでした。

自宅に帰って来た雪。

こんなに門限ぎりぎりだったのは初めてだった。

遠い国のコイン、逸臣さんがくれたから持ってるだけでどこへでも行けそうな気がする、とコインを見つめる。

あ、りんちゃん、とスマホのメッセージを確認する。

「今度のお店の休みに店長の買い出しに付き合うことになったよ♡」と嬉しそうなメッセージが来ているのをみて、「えー!すごいね、りんちゃん」と雪もすぐに返信をする。

「でも車で2人きりはまだハードル高いから、雪ちゃんと逸臣さんと4人で行かない?」とすぐにりんからの返信がくる。

木曜日・・この予定になってもいいかな、と考えながら、よーし・・誘ってみよう、と気合を入れる雪。

どこへでも行ける気がしても今の私には行きたい場所なんてひとつしかない、と思うのでした。

ウィーンと自動ドアが開き、建物の中に入っていく逸臣。

いや、いつから?とセキュリティの前で立っているエマを見つける。

さっき、お酒買ってきた、とビニール袋を見せ、逸くん、泊めて、と言うエマ。

前、泊めたの心もいたからだろ、と言う逸臣に、知ってるよ、家族、帰国してないよね?とエマが確認する。

エレベータに乗りながら、ないな、と逸臣が答える。

すると、コツンと頭を逸臣にくっつけ、泊めてって意味わかるでしょ、と甘えるエマ。

エレベータのドアが開き、くっつくなって、と言いながら降りる逸臣。

ガチャと玄関のドアを開け、上がれば?と言って家へ入っていく。

家に入れてもらえたことに嬉しくなるエマ。

何飲む?と嬉しそうにリビングに座るエマに、いい、と逸臣が答える。

え?と聞き返すが、その辺のやつ、てきとーに使っていいから合いカギは玄関、と言って家を出て行こうとする逸臣。

待って、とエマが追いかけるが、カギ、心に渡すなよ、と言って逸臣は玄関へ向かう。

逸くん、どこに行くの?と逸臣の腕にしがみつく。

しがみつかれた腕を見ながら、夜遅ぇし雪降ってるからおまえ、もう外出るな、とだけ答える逸臣。

そんなに私が来るのイヤ?と泣きそうになるエマに、もうこんなことすんな、と言う。

逸くんだからしたんじゃん、と涙を浮かべるエマを見て、エマ、あんまうちの前で泣くな、近所迷惑、とあっさりと言う逸臣。

そんな言われようにショックを受ける。

逸臣が家を出た後、帰るし、1本飲んだら、フツー他人を実家に置き去りにする!?と1人で怒りながらリビングに座っているエマ。

リビングのテーブルに置いてある手話ノートを見つける。

ピンポーンとインターホンが鳴り、ドアを開けると、泊めて、と逸臣が立っている。

あと、腹減ってんだよね、俺、と京弥(店長)の家に来た逸臣。

まあ、理由は聞かねーけど、大体わかる、と京が答える。

パッタイを食べながら映画を見ている逸臣。

この映画、字幕にしていい?法廷もの、と尋ねる逸臣に、いつもやってんじゃん、勝手にしてくれ、と答える京弥。

英語で話している俳優のセリフに続いて、同じ言葉を繰り返す逸臣。

シャドーイングだっけ、それ、おまえ、ペラペラでもまだそーゆーことすんだなあ、と言う京弥に、忘れんじゃん、使わねーと、とご飯を食べながら答える。

やっぱなんでもそうやって地道な努力がいるんだなあ、と感心する京弥の言葉を聞きながら、雪と桜志が手話で話していた光景を思い出す逸臣。

雪に教えてもらった「もっと」という手話を練習している逸臣。

それって手話?と京弥が話しかける。

moreと答える逸臣に、雪ちゃんに習ったのか・・・手話ってさ、英語とかと違って習っても今のとこあの子にしか使えねーじゃん、それなのに覚えんのってなんで?それも夢のため?と質問を続ける京弥。

聞かれている間も逸臣は、冷蔵庫にドリンクを取りに行く。

雪ちゃんって逸のこと、好きっぽかったな、エマちゃんの件もあるし、あーゆー子が泣いてる所見たくないしな・・心配、と思う京弥。

ビールやる、と言いながらリビングに戻って来る逸臣。

いや、それ俺のな、と京弥が答える。

あれ、おまえ、りんと約束してんの?と逸臣がスマホを見ながら京弥に聞く。

あーそう、おまえも行くか、コストコ、と逸臣に尋ねる。

へえ、りんとねぇ、と意味深な様子で言う逸臣に、なんだよ、なんでもねーよ、りんちゃんとは、と照れながら京弥が言う。

スマホを見ながら、雪からの「一緒に行きませんか?」というメッセージに「いーよ」と返信する逸臣。

電車もうすぐだ、と駅のホームで待っている雪。

うれしい緊張と心配の緊張、“4人”だと会話が大丈夫かな、と鏡で前髪のチェックをする。

「うちで待機しとくね」というりんのメッセージに、店長さんの車で家まで迎えに来てくれるって言ってたけどなんとなく来てもらうの申し訳ないし、この間みたく桜志くんに見つかりたくない、と思い出す雪。

すると、ちょうど同じホームにいた桜志が雪を見つけ、おい、どこ行くんだよ、と歩いて来る。

なんで、と衝撃を受ける雪に、なんだよ、その態度は、たまたま用事あったんだよ、と怒る桜志。

落ち着こう、と思いながら、“図書館行くの”と手話で答える雪。

“そういや、こないだ、何時に帰ったんだよ”と聞いてくる桜志に、ツーンと冷たい態度で答える。

電車に乗り、席に座る雪のすぐ近くに立つ桜志。

ビシビシと頭にチョップをしてくる桜志に、逸臣さんと比べると本当子供に見える、と思う雪。

雪の隣に、ドカッと座る桜志。

くるくると雪の髪を指に絡ませて遊んでいる。

ぱっと雪が手で払いのける。

雪の横顔を見つめた後、雪の肩にもたれかかる桜志。

何かを訴えかけたそうな、不満そうな表情をしている。

“重い”と雪に言われ、また切ない表情になる。

ヴヴと雪の携帯が鳴り、チェックすると逸臣から「改札出たとこにいる」とメッセージが来ている。

迎えに来てくれた・・と嬉しくなる雪。

プシューと駅に到着した電車のドアが開き、雪が立ち上がる。

おい、ここ、図書館じゃねーぞ、と桜志が声をかけるが気づいていない。

わ、今日、人多い、と人混みに揉まれながら改札をフラフラと出て行く雪を、雪、と大声で呼びながら追いかける桜志。

逸臣さん、どこー・・・と探していると、ドドドド、とまた人の波が来る。

そんな雪のところにすっと手が伸びてきて、逸臣が、回収、と言って助けてくれる。

そんな逸臣にドキッとする雪。

すると、雪、と大声で叫ぶ桜志の声に振り返る逸臣。

逸臣の視線の先に目を向ける雪は、桜志くん、と困惑する。

“用事ってそいつかよ”と手話で言う桜志をプイッと無視する雪に、また、おい、と怒る。

何?と逸臣が答える。

ぐいっと雪を後ろから抱き寄せる逸臣。

そいつ、聴こえねーんだから後ろから抱きつかねぇ方がいいですよ、と真剣な表情で言う桜志を見ながら、何か話してる・・?と思いつつ、雪には口元が見えない。

雪は、俺だったらいいんだって、と逸臣が桜志に言う。

は?と逸臣を睨みつける桜志なのでした。

 

ゆびさきと恋々5話を読んだ感想

外国のコインって特別な感じがしていいですよね。

しかも好きな人にもらったなら、なおさら♪

りんちゃんも積極的だし、そのまま雪も逸臣を誘ってみるところが可愛い。

逆にエマはあからさますぎると言うか、それでも諦めない精神はすごいなと思いますが。

私ならエマほど大胆にはできないかな、しかもあんまり脈なしそうな相手なら・・。

逸臣と京弥が話しているシーンで、逸臣の「夢」の話が出ましたが、夢ってなんなんだろう。

マイペースと言うか、肝心なところは濁すのが上手な逸臣だから何も答えてなかったけど気になります。

あとは最後の桜志と逸臣のシーン。

逸臣の私服も素敵だし、人混みから雪を助けるシーンもキュンとしました。


←前話 全話まとめ 次話→

まとめ

「ゆびさきと恋々」のネタバレと感想をご紹介しました。

気になる続きは、どんどんネタバレ更新していきます!

下では、漫画を無料で読む方法と、半額で読む方法を紹介しています。

漫画を読みたい方は、参考にしてくださいね。

では、実際のやり方をご紹介していきます♪

漫画を無料またはお得に読む方法

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録で無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいのクーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

無料で読む方法

 

オススメ
 順位
サービス名 お得ポイント
1 コミック.jp
  • 30日間無料お試し期間にもらえる1,350円分ポイントを使って、漫画が読める

2  

U-NEXT

  • 31日無料お試し期間にもらえる600円分ポイントで、漫画が読める
  • 雑誌は77誌が読み放題
  • ドラマ、アニメが見放題
  • 漫画も動画も作品数が桁違い

3
  • 無料登録で500円分ポイントもらえる
  • 初回50%OFF(100冊までOK)
  • 登録無料
  • 本を買うたび20%ポイントバック

 

漫画2巻無料で読める!

コミック.jp

料金 無料期間の30日終了後、月額1,100円(税込)
無料作品数 2,000冊以上
お得ポイント
  • 初回利用は30日間無料!
  • 初めての無料登録で1,350円分ポイントがもらえる
  • 10冊買うと1冊もらえる!
公式サイト >>コミック.jp

コミック.jpは無料で1,350円分のポイントがもらえるという太っ腹さ!

しかも無料期間内に解約すれば、料金はいっさい取られません

今すぐ無料で読みたい漫画がある時は、とりあえず試してみて損はなし。

無料期間が終わると、月額1,100円(税込)で毎月1350円分のポイントが付与されます。

さらに最大10%還元もあり、毎月1,000円以上漫画を読んでる人はお得です。

\30日間無料+初回1350PをGET/

 

 

漫画1冊無料&100冊を半額で読める!

料金 登録は無料、読みたい時に購入する都度課金
無料作品数 2,000冊以上
お得ポイント
  • 無料登録で500円分ポイントがもらえる
  • 初回登録時半額クーポンがもらえる(100冊まで購入OK)
  • LINE友達になると、毎週10%オフクーポンがもらえる
  • 毎日ミッションをクリアするとポイントがたまる
  • 少女漫画・女性漫画が強い
公式サイト >>Amebaマンガ

Amebaマンガの推しポイントは、
初回登録時にもらえる500円ポイントと、半額クーポン!

500円分の漫画をタダ読みできて、

さらに、100冊まで半額で購入することができるので、マンガをよく読む人にはAmebaマンガがおすすめ。

読む予定の漫画があるなら、これは絶対狙ったほうがいいです。

不定期のセールは還元率が高くてかなりお得!
半額・30%引きでマンガコインが購入できたり、対象作品の割引キャンペーンなど、割と頻繁に開催されています。

 

最安で読む方法

オススメ
 順位
サービス名 お得ポイント
 

1

 

まんが王国 画像

  • 毎日最大50%OFFクーポンがもらえる
  • 無料マンガが豊富
  • 無料会員でも無料作品が読める
  • BL・TL・大人向け漫画の品揃えが豊富♡

 

2

 

ebookjapan 画像

 

  • 初めてのログインで50%OFFクーポンがもらえる
  • PayPay還元率がすごい

 

3

 

コミックシーモア 画像

  • 初めての登録で50%OFFクーポンがもらえる
  • 1週間無料お試し期間あり

 

無料で読める漫画が豊富!

まんが王国 画像

料金 1冊ごと購入
 または
月額ポイント購入
(1,000円以上はボーナスPあり)
無料作品数 3,000作品
お得ポイント
  • 会員登録無料!

     

  • 読みたい時に読みたい分だけ購入OK!

  • 毎日来店ポイント付与

  • 毎日最大50%ポイント還元

     

  • 5の付く日は5倍、LINE提携してる人は+1ポイントもらえる

     

  • 無料作品が3,000タイトル以上!

     

  • BL・TL・大人向け漫画の品揃えが豊富♡
公式サイト >>まんが王国

まんが王国には、無料会員有料会員の2種類があります。

無料会員:登録無料・購入時に料金発生。
お得なキャンペーンが不定期開催。
有料会員:月額料金制。
毎月セールやポイントバックがある。

 

無料会員でも登録さえしておけば、

  • 会員限定の無料漫画が見れる
  • 試し読みページ数が増える
  • 無料マンガもマイ本棚にストックしておける

などの特典ももらえます。

まんが王国のウリは、ポイント還元率の高さです。
・ポイント購入時
・ポイント使用時

Wで還元される仕組みになっています。

ポイントがためやすくて、漫画をよく読む人にオススメです。

 

ポイント還元率がダントツ!漫画好きでPayPayユーザーならここ!

ebookjapan 画像

料金 1冊ごと購入
無料作品数 2,000冊以上
お得ポイント
  • PayPayポイント還元率がえげつない
  • セールが多い
公式サイト >>ebookjapan

60万冊以上という漫画の品揃えはダントツ

初めてログインした人には、50%OFFクーポンがもらえます。

登録料はかからないので、無料でログインするだけというハードルの低さは嬉しいポイントですね。

PayPay還元率がえげつないことになっています。

  • いつでも購入額の1%分PayPayポイント還元
  • 初めて購入した月は、+10倍のPayPayポイント還元
  • セット購入で+5倍のPayPayポイント還元
  • 新刊を予約して購入すると、+5倍のPayPayポイント還元

 

さらにYahoo!プレミアムの会員ソフトバンクユーザーだと

  • 5の付く日は+10倍のPayPayポイント還元
  • 毎週金曜日は+20倍のPayPayポイント還元

セールも頻繁にやっていて、お得に購入したい人には間違いなくおすすめできます!