彼女、お借りします214

この記事では、週刊少年マガジンで連載中・宮島礼吏さんの「彼女、お借りします」214話のネタバレと感想をお届けします!

彼女、お借りします 24表紙


←前話 全話まとめ 次話→

彼女、お借りします214話のネタバレ

ごめん…と言って和也のもとから走り去って行った千鶴。

残された和也は教会の前にあった椅子に座りました。

何も言葉を発しないまま和也はぼんやりと座っています。

そして逃げ出した千鶴は――

扉を閉めると息を乱しながらもスマホの画面を覗きました。

そこには麻実とのトーク画面が。

とある部屋番号の写真と、もう着いたと言う一言——

千鶴は今から向かうから待ってくださいと麻実にメッセージを送ります。

するとすぐさま、ロビーで待ってると言う返信が来ました。

千鶴はすぐさまその場から走り出します。

実はこのトークの前に麻実と千鶴は話していたのです。

もう限界かも――という麻実の言葉。

千鶴は結論を待たせて申し訳ないけれどちゃんと考えるつもりだと伝えていました。

しかし麻実は和が今朝の嘘のことについて知ってしまって、自分はこれ以上嘘を吐けない…千鶴のためにも今告げるべきだと言うのです。

一緒に指輪を持って行こうと言う麻実。

しかし千鶴は、はぐらかしてもらうのが申し訳ないとは思ってるけれどもう少しだけ猶予が欲しいと返します。

お願い――と千鶴は祈ります。

千鶴の送ったメッセージが既読になりました。

そんな時、和也が千鶴の前へと現れたのでした。

そして千鶴は現在、ロビーで待つ麻実の元へと向かっていました。

千鶴は向かいながらも、もう打つ手がないと考えています。

麻実はやはり本気——

ロビーまでは来てくれたけれど、自分にこれ以上何ができるのかと千鶴は思います。

麻実は口では優しいことを言いながらも着々と終わりへと導いていると考える千鶴。

やっぱり最初からバラす気だったのかと千鶴は考えます。

とにかく今は説得をするしかない――と思う千鶴。

そして千鶴は走りながらも和也の告白のことを思い出します。

千鶴とすれ違う男性客。

可愛いーと口にしながらも、変じゃないかと男性達は口にしました。

顔が真っ赤でどうしたのか、と――。

そしてロビーについた千鶴。

そこには麻実の姿がありました。

二人はソファーへと並んで座ります。

麻実は和のメッセージになんと返せばいいかわからなくて既読無視していると話します。

千鶴が被害者——そう和が言ってるけれど、こんな時のマニュアルはあるのかと麻実は笑いながら告げました。

結局こんな結論しかなくてごめんねと麻実が話します。

自分も意外とメンタルがきていたと――

しかし千鶴が覚悟してきてくれてうれしいと麻実は口にします。

そして麻実は、束縛されている女子の話を始めました。

そう言った子のほうが彼氏への依存傾向が高いのだと…

始めは嫌がっていたはずでも、逆らえない立場で抑えられているうちに感情移入し、その人の言うことが正しく思えるようになるのだと麻実は話します。

そして例えば、お金をもらってる――そう言った人ももしかしたら、という麻実。

それは特に優しい子に多いのだと麻実は続けます。

自分はこれでも千鶴を救う方法を考えたのだと。

しかしWebサイトにはどこを見ても環境からの脱却が最優先だと書かれていたのだと麻実は言います。

千鶴は説得をしなければと思い、話を遮ろうとしました。

しかし麻実は先にお金はどうなっているのかと尋ねます。

これ以上隠しても逆効果になると思った千鶴は正直に話しました。

和也は変則的な状況が多かったので特殊な形をとっていると言う千鶴。

後から該当時間分の予約を入れてもらい、実際にはデートをしないそう…

それを聞いた麻実は「やば」と口にします。

それじゃもうなんでもありだし、なんか「やっぱり」って感じだと言いました。

そして麻実は部屋に指輪を取りに行こうと立ち上がります。

千鶴は、麻実にもう少しだけ――とお願いしようとしました。

すると麻実はある封筒を千鶴へと手渡します。

それから麻実は、あなたの意見は聞いていないときっぱり言いました。

和也が悪くて、千鶴が被害者。

今なら庇ってあげられるのに何か問題があるのかと麻実が言います。

そして言い訳を上げると言う麻実。

封筒は自由へのチケットーー

自分と一緒に行くのであれば受け取り、まだ先延ばしするのであればそれはNOの返事だと。

麻実は千鶴をレンタルさせて欲しいと言うのでした。

 

「彼女、お借りします」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

いつでも安く読みたい

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

彼女、お借りします214話を読んだ感想

麻実、容赦なさすぎる…

千鶴の意見は聞いていない、とか。

千鶴は言わないでくれって言ってるのに、麻実は自分の正義をふりかざしすぎだと思いました。

正義なのか、面白がってるのか知らないけれど、ちょっとやりすぎ。

というか和也から告白をされそうになって顔を真っ赤にして走ってたって、これは脈があるんじゃないでしょうか。

千鶴と麻実があーだこーだやってるうちに、和也が先に和に話してくれないかな。

そうすればとりあえず問題は片付くのに…


←前話 全話まとめ 次話→

お団子女の子

続きを無料で読みたい時はこちら

あわせて読みたい