215彼女、お借りします

この記事では、週刊少年マガジンで連載中・宮島礼吏さんの「彼女、お借りします」215話のネタバレと感想をお届けします!

彼女、お借りします 24表紙


←前話 全話まとめ 次話→

彼女、お借りします215話のネタバレ

皆は「恋」が好きだな、と思っていた麻実。

運命の相手でもレンタルでも好きにすればいいと。

そして麻実は人生は死ぬまでの暇つぶしだと思っていました。

初めて大事な物を捨てられたのは麻実が四歳の時。

ぬいぐるみのベア太がゴミ袋に入れて捨てられました。

品格は教養から——それが麻実の父の口癖。

姉弟が粗相をすると母が怒られ、主観的イデオロギー外の物は排除されてきました。

ある人と出会ったのは九歳の時。

家柄の良い人たちの食事会は麻実にとって日常でした。

その人のことを、麻実は少し歳の離れたお兄さんとしか思っていなかった麻実。

そして中高は一貫性のお嬢様学校へと麻実は進みます。

風紀に厳しく異性との交流はなく、校長や担任にまで父親の息がかかっていたそう——

学校から帰ってくると、部屋が整頓されていたり、写真や本など捨てられていることも。

品行方正で、意のままの娘——こんなペットがいたならば自分だって飼ってみたいと麻実は思います。

しかし当時まだ疑問と思うほどではなかったと…

幼いころから麻実にとってそれは当たり前でした。

スマホは母親のおさがり。

しかしそれがあれば最低限の友人とは繋がれていたのだと…

父親の唯一の誤算——それは麻実にも自由へのあこがれがあったこと。

ある日、麻実はとある男の子と付き合うことになりました。

彼は隣の高校の男子生徒。

誠実で明るく家族思いの優しい人——

共通の知人を通して、同じゲームをしていたことで盛り上がって、その三週間後に付き合うようになったのだそう…

彼の名前は浦島太郎君でした。

勿論、麻実はそれを両親には内緒にしていました。

麻実が事情を話せばゆっくりでいいとも言ってくれた浦島。

どこにでもいるような変哲もない二人だったと麻実は思います。

月並みのデートをして、ケンカをして、デートをして、将来を語って、青臭く何か誓いあったりもしたと…

必ず幸せにする、と浦島は麻実へと告げました。

そしてその後、変化が起きます。

今まで親の言う通りに生きて来た麻実…

人生初の脱線行為は自分の中の何かを照らし出すのに十分であったと、麻実は考えていました。

浦島との未来を行きたい——当時の麻実はそこまで考えていたのです。

自分にとっての革命——

15年と言う月日の中でわずかに光、この先の自由を勝ち得るかもしれない希望の灯だったのだと——

しかし…

ある日、父親から太郎と別れろと言われ明日。

麻実は白馬と結婚するのだと言う父親。

どうして父親にそんなことを決められなくてはならないのかと麻実は反論します。

父親は代々守ってきたこの家や家族がどうなってもいいのかと返しました。

麻実は自分の非力さを棚上げして、家族を政治利用してまで何が父親なんだと…

人の人生を何だと思っているのかと非難する麻実。

すると父親は麻実に平手を食らわせました。

そして後日――

浦島に接触する人物が…

浦島から、他に好きな人ができたから別れようと言うメッセージが麻実へと届きます。

そのメッセージに、笑いながら涙を零す麻実。

その瞬間、自分の中にある小さな赤ちゃんが死んだような気分だったと麻実は思います。

家を出て違う人生を——考えなくもなかったが、進学前で自立など現実味がなく、実現する勇気も知恵も何もなかった麻実。

つまりは、そこまでではなかったのだと麻実は思います。

父親に投げるために夢中で掴んだ石は特大のブーメランだったのだと…

そしてそれは初めからだったのかも、と麻実は思いました。

浦島と幸せになりたいと思いながらも、親を疎ましく思う幼稚なそれ——恋ではなく反抗期。

真実は未だどっちだったのか麻実はわかりません。

そもそも恋も愛も飲み会で盛り上がる為の後付けのものだとしか麻実は思えなかったのです。

だからこそ、恋する二人を見ると壊したくなるのだと——

そして現在。

麻実は真実を話しに行こうと言いながら、千鶴をレンタルするためのお金を差し出していたのでした。

 

「彼女、お借りします」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

いつでも安く読みたい

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

彼女、お借りします215話を読んだ感想

麻実…途中まで可哀想だなって思ってたんですが、結局太郎といたい!って言ってたのが反抗期なのか恋かわからないって言うのがもう…

やっぱりちょっとどっか壊れてるのかなって思っちゃいました。

白馬と言う婚約者的なものが居るんですねー

今もそれは有効なのかな?

ていうかぶっ壊したくなるって、それ実はひがんでいるだけなんじゃ?って思っちゃいました。

自分は手に入れられないからこそ、自由に恋愛している人が嫌いなんじゃないでしょうか。

ますます嫌な女だ~


←前話 全話まとめ 次話→

お団子女の子

続きを無料で読みたい時はこちら

あわせて読みたい