魔王城でおやすみ237

この記事では少年サンデーで連載中・熊之股鍵次さんの「魔王城でおやすみ」237話のネタバレと感想をお届けします!

魔王城でおやすみ 19表紙

←前話 全話まとめ 次話→


 

魔王城でおやすみ237話のネタバレ

昨日、姫に同期の話をしたあくましゅうどうし。

同期のマザーと言う男とは話せなかったと、あくましゅうどうしは話しました。

入ってすぐの頃は先輩に世話になっていたけれど、彼はすぐ部屋にこもってしまったのだと——

何年もきちんと話してないから、惜しいことをしたかもしれないと話すあくましゅうどうし…

そして翌日、姫はマザーを抜け穴からあくましゅうどうしの部屋へと連れてきたのでした。

連れてこられたマザーはカーテンの隅で隠れうようにしていました。

あくましゅうどうしはお茶でも…と声を掛けますが、警戒している様子のマザー。

マザーはあくましゅうどうしを危険流出先Aと呼んでいます。

姫もマザーが警戒していることを察していました。

あくましゅうどうしは、こうやって話すのは1、2年振りくらいだっけかと口にします。

百年以上は前だと言うマザー。

あくましゅうどうしは、お茶菓子もあるからとりあえず座ったらどうかと告げます。

そしてマザーは姫へとこっそり話を…

マザーはあくましゅうどうしが昔とキャラが違いすぎていて怖いと言うのでした。

マザーと話していた頃はまだ郷の感じが抜けなくて、それ以降殆ど話していないのだと——

そもそも最初はマザーのことを呼び捨てにしていたと思い出しました。

あくましゅうどうしはマザーを呼び捨てで呼び、お前だって昔とは違っているはずだと告げます。

するとマザーは、キャラ変をしたならば無理をしなくていいとスヤリス姫越しに伝えてきました。

キャラ変と言うのをやめてくれるか!と赤くなるあくましゅうどうし。

そしてこの話は止めよう——と。

あくましゅうどうしは、マザーがおはぎを食べていることに気付きます。

スヤリス姫が、美味しいって言ってるよと伝えてくれました。

あくましゅうどうしは、気を遣ってくれているのではないかと考えます。

マザーだったらもっと今風のものを食べているはずだ——と。

しかしマザーはあくましゅうどうしが出したおはぎを食べ終わっていました。

間がもたないから食べているだけかもしれない…と思うあくましゅうどうし。

しかしスヤリス姫が、マザーの動いている尻尾に、あれはごきげんの尻尾だと話します。

意外と喜んでいてくれているのか…?と思うあくましゅうどうし。

そしてマザーは、祖父の家の匂いがするとカーテンの匂いを嗅ぎます。

そしてソファーの上でくつろぐマザー。

マザーは他とは関わりと断っているのに、どうして自分の部屋ではこんなにものびのびしているのだろうかとあくましゅうどうしは考えます。

部屋を出る前にハードルがあるようだと言う姫。

部屋から出すのも大変で、ロボで押したのだと…

あくましゅうどうしは自分が姫に同期と話をしていないと話したからこうなったと、すまない、と告げます。

しかしマザーは別にいいと言いながら横になって本を読んでいました。

とりあえずマザーが嫌がってなくてよかったと思うあくましゅうどうし。

そしてどうして姫にスイッチが入ったのかとわからないけど…とあくましゅうどうしは思います。

するとマザーは…

奴(姫)は自分の部屋にある毛皮を狙っていたから警戒したけれど、自分と話したいと言う男がいるから部屋を開けたのだと話します。

そして今現在、姫はいなくなっていました。

恐らく姫は盗みに行っている——そうあくましゅうどうしは告げるのでした。

そして姫は毛皮を盗み出し、健やかに眠りました。

そしてその後マザーは、あくましゅうどうしが迎えに来ることで10回に1回は会議に出るようになったそう…

 

「魔王城でおやすみ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料

ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

魔王城でおやすみ237話を読んだ感想

マザー、最初はめちゃくちゃ警戒していたのに、おはぎ食べたりソファーで寝っ転がったりと…慣れるのが早すぎますね(笑)

祖父の家の匂いが~って言ってたから、あくましゅうどうしに祖父っぽさを感じたのかな?

わからなくもない…

しかしこの作戦、あくましゅうどうしのためを思ってとかではなく…毛皮欲しさの作戦だったとは。

結果的にはマザーがたまにだけど会議に出てくるようになったからよかったのかな。

キャラ変を恥ずかしがってるあくましゅうどうしは面白かった。笑

 

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きの漫画で読みたい時はこちら

あわせて読みたい