魔王城でおやすみ255

この記事では少年サンデーで連載中・熊之股鍵次さんの「魔王城でおやすみ」255話のネタバレと感想をお届けします!

魔王城でおやすみ 20表紙

←前話 全話まとめ 次話→


 

魔王城でおやすみ255話のネタバレ

あの糸車は、昔自分が人間の姫に仕掛けて大変なことになったものだとシルモスは思います。

思い出したくなもなく、出来たらかえって欲しいと思うシルモス。

しかし大事になる前に伝えなくては——と

あれは100年ではなく1日で解ける魔法なんだということを…

シルモスは今ならたった二人にバレるだけだと思い、シルモスは家の外へと出ます。

しかし告白をしようとした瞬間、そこには魔王率いる十傑が勢ぞろいしていたのでした。

魔王は100年の眠りの魔法を解いてもらうと口にします。

シルモスは再び家の中に入りました。

確実に大事になってきていると察するシルモス。

これではまたあの時みたいになってしまう——そしてシルモスは50年以上前のことを思い出しました。

シルモスは同年代の姫へとちょっかいをかけていました。

しかし姫は何をしても怖がりません。

そこでシルモスは脅かしてやろうと糸車を作ったのでした。

しかし怖がったのは姫以外の大勢。

包囲網を敷かれたシルモスはなんとか逃げ延びました。

それ以降姫には合っていないのだと——

その事件は魔界では偉業だと称えられ、シルモスは十傑になることに。

しかしきっかけはただのやらかしだったのです。

だからこそ、今回も大事になるとまずいと思うシルモス。

魔王まで来てしまったけれど、今なら少人数にバレるだけだとシルモスは覚悟して外に出ます。

しかしそこには魔王以外にも大勢の魔物たちが…

シルモスは再び家の中に戻りました。

水系の魔物たちが軒並み来ている様子…

ポセイドンが愛されていると言うことを知ったシルモスですが、そうだとしてもここまで魔王城まで距離があるのに集まりすぎではないかと思います。

するとシルモスはワープホールができているのを見つけました。

シルモスはもっと早く言えばよかったと後悔します。

どうしようかと悩んでいると、魔王がこっそり窓から声を掛けました。

何か要求があるのであれば応じると——だからなるべく早くお願いしたいと言う魔王。

どうしてなのかとシルモスが返します。

みんながピクニックとかを初めて、収拾がつかなくなってきたのだと——

そんなこと知らないと言うシルモス。

シルモスはもう大事は避けられないから、ただ過去のやらかしを掘り起こされただけか…?と思います。

しかしあの時とは違うのだと。

自分は人間の姫と関係は最悪のままだったけど、あいつらは違うと姫とポセイドンのことを思います。

きっとポセイドンは目を覚ましたら前よりもっと仲良くスヤリス姫と仲良く悪口を言い合うだろうと…

自分だけバカを見て虚しくなると思うシルモス。

しかし言おうと決意sて、扉を開けました。

するとそこにはスヤリス姫が待っていて…

自分が民話に憧れて糸車を見つけたせいなのだと言うスヤリス姫。

そのスヤリス姫の目を見て、シルモスは人間の姫なのかと尋ねます。

 

「魔王城でおやすみ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料

ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

魔王城でおやすみ255話を読んだ感想

みんなが続々と集まってきて、そのたびにシルモスが諦めて家に入る…この流れが面白すぎますね。

しかもワープホールまで作られているから無限にやってくるという。(笑)

シルモスが言い出せない気持ちもわかります。

自分が知らない間に噂が大きくなって引っ込みがつかなくなったんですよね。

しかもそれを暴露すれば恥ずかしい想いもするし…

シルモスが姫が人間の姫だということに気付きました。

きっとシルモスの言う「姫」はスヤリス姫の祖母ですよね?

シルモスは姫に対してどんな反応をするのでしょうか…

 

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きの漫画で読みたい時はこちら

あわせて読みたい