あっ、次の仕事は バケモノ退治です ネタバレまとめ

この記事では漫画アプリ”サイコミ”で連載中・市村基さんの「あっ、次の仕事はバケモノ退治です。」のネタバレをまとめてお届けします!

最新話から最終回まで随時更新していきますでの、お好きなところをチェックしてくださいね!

あっ、次の仕事はバケモノ退治です 1表紙



目次

「あっ、次の仕事はバケモノ退治です。」ネタバレ一覧

読みたい話数をタップすると、詳しいネタバレを読むことができます♡

7巻

75話 76話 77話 78話
79話 80話 81話 82話
83話 84話 85話 86話

 

8巻

87話 88話 89話 90話
91話 92話 93話 94話
95話 96話 97話 98話

 

9巻 収録予定

99話 100話 101話 102話
103話 104話 105話 106話
107話 108話 109話 110話

 

10巻 収録予定

111話 112話 113話 114話
115話 116話 117話 118話
119話 120話 121話 122話

続きは随時更新していきます♪

「あっ、次の仕事はバケモノ退治です。」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

 

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分660円→60円に



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分600円→100円に
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね


あわせて読みたい
お団子女の子

もっと詳しく知りたい時は、こっちの記事をよんでね!




「あっ、次の仕事はバケモノ退治です。」最新話から最終回までのネタバレ

75話ネタバレ【ドッキリを受けたアオハル】

映像が途切れ、画面は砂嵐となりました。

無駄な情報が多くないかと疑問の声が上がります。

天馬は宇佐美らしいと笑いました。


>>ネタバレの続きはこちらから

76話ネタバレ【天馬たちの目的】

HHC魔界支社計画について話を始める天馬。

国と帝通が推進しているものは何だと思うかと天馬がアオハルに尋ねます。

わからないと答えるアオハル。


>>ネタバレの続きはこちらから

77話ネタバレ【月島の次の仕事】

クーラーボックスの中を漁る宇佐美。

宇佐美はその中から笹団子を取り出します。

一緒に食べようよ、と宇佐美は月島を誘いました。


>>ネタバレの続きはこちらから

78話ネタバレ【出発した月島と宇佐美】

ポッポの頭から触手のようなものが生えてきました。

そしてそれは二股に分かれて、そのままプツンと切れて、月島と宇佐美の前へと落ちました。

その触手は一人でに動き、月島の足を張って頭の中へと。


>>ネタバレの続きはこちらから

79話ネタバレ【タレントについて説明する宇佐美】

宇佐美と月島が乗った車が走り続けます。

宇佐美がおさらいになるんだけど、と口を開きました。

今は魔界の瘴気の影響で人間は三種類のタレントに変異できるとわかっていると——


>>ネタバレの続きはこちらから

80話ネタバレ【宇佐美とカニの戦い】

カニのハサミを受け止めた宇佐美。

しかしカニはもう一方のハサミを宇佐美に向けてきます。

宇佐美はタイミングよく、それを避けました。

そのことに驚く骸獣。


>>ネタバレの続きはこちらから

81話ネタバレ【骸獣化の進んだ大脳】

宇佐美は月島に肉を勧めます。

しかし宇佐美が不味いって言ってたから嫌だと答える月島。

あれは有名なギャグなのだと宇佐美が返しました。


>>ネタバレの続きはこちらから

 

82話ネタバレ

宇佐美に鎖で引かれながら、月島は四つん這いのまま進みます。

地べたを裸の膝のままで歩いているため、月島は痛いと声を上げました。

静かにするようにと宇佐美が指を立てます。


>>ネタバレの続きはこちらから

83話ネタバレ【情報を探す月島と宇佐美】

あるアパートの一室に入った宇佐美と月島。

部屋にはベッドや水、カロリーバーがありました。

月島はカロリーバーを食べています。


>>ネタバレの続きはこちらから

84話ネタバレ【おじさんとの再会】

犬の顔を見て驚く宇佐美。

月島は、やっぱり犬じゃなかったと漏らします。

犬に変化した骸獣では——と思った宇佐美でしたが、それにしては目が…と気付きます。

犬のようなおじさんは、月島に久しぶりだなと声を掛けました。


>>ネタバレの続きはこちらから

85話ネタバレ【戦場に向かうことになった三人】

梅宮を待たせてしまってやばいと口にするクチャクチャと咀嚼音をさせる男——大橋。

そもそも座標がずれているけどセットしたのは誰なんだと声を上げます。

市原と言う女性が、自分だと言って手を上げました。


>>ネタバレの続きはこちらから

86話ネタバレ【骸獣との戦いのルール】

マネージャーたちが倒れているアイカのもとへとやってきます。

骨が折れている!と叫ぶマネージャー。

大橋は、びびるんじゃないと口にします。


>>ネタバレの続きはこちらから

87話ネタバレ【骸獣に武器を向ける危険さ】

最悪なのは恐怖心を持ったまま、武器を骸獣に向けること。

そんなことをしたら骸獣は——と宇佐美が漏らします。

猫田は、その所為で人類が滅びかけたのだと続けました。


>>ネタバレの続きはこちらから

88話ネタバレ【変化を見せた骸獣】

市原が銃を向けたことで梅宮手にしていた骸獣が変化しようとします。

ドクン、と身体を震わせる骸獣。

大橋は梅宮と目を合わせてから、市原に早く撃てよと告げました。


>>ネタバレの続きはこちらから

89話ネタバレ【宇佐美の圧力】

骸獣に攻撃された市原を救ったのは、宇佐美たち——

宇佐美は座り込んでしまった市原に、大丈夫かいと声を掛けて手を差し出しました。

大橋は宇佐美たちを見て、あいつら骸獣なのか?と漏らします。


>>ネタバレの続きはこちらから

90話ネタバレ【宇佐美と月島のコンビネーション】

ツッキーにやるよ!と声を掛ける宇佐美。

月島はそれに応えます。

ワイヤーフーを設置し、宇佐美は空へと飛びあがりました。


>>ネタバレの続きはこちらから

91話ネタバレ【力を合わせた梅宮と宇佐美】

社長は叫び声を上げ、身体が溶けていきました。

それを見て叫び声を上げる大橋。

社長はそのまま倒れてしまいます。

そして骸獣の一匹が大橋たちのもとへと…


>>ネタバレの続きはこちらから

92話ネタバレ【現れた王】

社長は叫び声を上げ、身体が溶けていきました。

それを見て叫び声を上げる大橋。

社長はそのまま倒れてしまいます。

そして骸獣の一匹が大橋たちのもとへと…


>>ネタバレの続きはこちらから

93話ネタバレ【突如喋り出した王】

王を守る骸獣によって、この間自分たちは全滅させられたのだと言う月島。

それを聞いた宇佐美は、だったら本気を出さなくてはと言います。

月島もペンと手帳を取り出し、瘴気を宇佐美に送りました。


>>ネタバレの続きはこちらから

94話ネタバレ【通信をしていた正体】

宇佐美に、お前はまだ生きていたのか…と告げる王。

その発言に宇佐美も驚きます。

月島もその言葉を聞いて、宇佐美を知っているというのはなんなんだあの骸獣は——と思いました。


>>ネタバレの続きはこちらから

95話ネタバレ【必殺技をくらった宇佐美】

いくぞーと声を出し、左手を上げた王を守る骸獣。

その右手から黒い竹刀が現れました。

骸獣は黒い竹刀を構えます。


>>ネタバレの続きはこちらから

96話ネタバレ【助けに来たポッポ】

やっぱり耐えられなかったかと漏らした菊岡。

ダメダコリヤを受けた宇佐美は黒焦げになって地に落ちました。

その傍へと駆けつけた月島。

ちくしょう…と月島が漏らします。


>>ネタバレの続きはこちらから

97話ネタバレ【捕まって行く人間】

人間狩りだ!と言う菊岡。

まだこのあたりにはたくさんの人間がいたはずだと辺りを見渡します。

そして逃げる人間を見つけ、あそこだー!と指を指しながら告げる菊岡。


>>ネタバレの続きはこちらから

98話ネタバレ【月島と大橋の過去】

王を守る骸獣の手から気を失った梅宮が落ちて行きます。

そしてホールは今も吸収をしていました。

大橋は吸い込まれないよう、石に捕まって必死に耐えています。


>>ネタバレの続きはこちらから

99話ネタバレ【助けに来たアオハルたち】

吸い込まれそうになった月島を助けたのは——

アオハルでした。

猫田がお前は…と思わず口にします。

アオハルが助けてくれたことに驚き、アオハルの名前を思わず口にする月島。


>>ネタバレの続きはこちらから

100話ネタバレ【再会した梵と月島】

次から次へと現れた人間たちに向かって、どこから湧いてきたんだよと菊岡が骸獣の口を通して発言します。

しかしこうなったからにはとりあえずみんな黙らせようと——

王を守る骸獣の手からは再び黒い竹刀が出てきます。


>>ネタバレの続きはこちらから

101話ネタバレ【再び舞を見せる骸獣】

王と、王を守る骸獣に対峙するアオハルたち——

双方が睨みあうようにして立っていました。

その時、ルカがアオハルの名前を呼びます。


>>ネタバレの続きはこちらから

102話ネタバレ【本気を出した三人】

変化した梵が雄たけびをあげ、王を守る骸獣のもとに飛び込んでいきます。

そして極牙破・螺旋と言う技を王を守る骸獣に食らわせました。

そのことに驚く菊岡。


>>ネタバレの続きはこちらから

103話ネタバレ【逃げ帰る骸獣】

一般骸獣の姿になった王と王を守る骸獣。

それを見た猫田は、まさか自分のご主人様なのかと思います。

しかしその姿を見ても全くわからない猫田——


>>ネタバレの続きはこちらから

104話ネタバレ【アオハルが魔界にきたきっかけ】

マイクロバスに乗るアオハル、ルカ、新之介ら。

月島は梵の背中に乗って走っていました。

月島はまさか魔界に梵がいるなんて驚いたと告げます。


>>ネタバレの続きはこちらから

105話ネタバレ【帝通の施設に来たアオハル達】

謎の施設に到着したアオハルたち。

ぱっと見、ただのトレーニング施設のようだけれど——と思いながらもアオハルは身体に違う空気感を受けていました。

すると横にいたルカと梵たちが突如変化を始めます。


>>ネタバレの続きはこちらから

106話ネタバレ【アオハルらが施設にいた経緯】

変化した梵とルカ。

その場にアオハルたちもやってきました。

それを見た葵は、自分も早く第三世代になりたいと憧れを口にします。


>>ネタバレの続きはこちらから

107話ネタバレ【石黒への報告】

子会社の社長を含めた五名が死亡。

さらに研修中の本社新卒社員が四名、子会社マネージャー五名、タレント五名。

以上が骸獣に拉致されたと言う報告をされた石黒。


>>ネタバレの続きはこちらから

108話ネタバレ【菊岡家へと向かう一同】

ピンチのあとにチャンスはやってくるのだと思う石黒。

その時、青ハウが宇佐美のことを知りたいのならば…それを提供する代わりに、帝通が魔界でしようとすることの詳細を教えるように告げます。

条件を出す気か?!と思う石黒。


>>ネタバレの続きはこちらから

109話ネタバレ【駿堂の庭】

菊岡家は日本を代表する名家のひとつ——

現当主である菊岡駿堂は財政会や宗教組織、暴力団などあらゆる団体に影響力を持つ人物でした。

庭を歩きながら、都内にこんな場所があるなんて——と驚くアオハル。


>>ネタバレの続きはこちらから

110話ネタバレ【アオハルを知っていた駿堂】

まさかこんなことが、と漏らした駿堂。

ということは、アオハルはあの時の少年なのかと駿堂が続けます。

意味のわからないアオハルがどういうことなのかと尋ね、自分とは初対面だろうと…


>>ネタバレの続きはこちらから

111話ネタバレ【菊岡正太郎とは?】

アオハルは元々魔界暮らしだったんだーと月島が感心します。

だから瘴気への順応度が高かったんだ、と新之助が納得しました。

月島はアオハルは魔界の黒い水を飲んだり、骸獣が口から出したアレを生で食べられてすごいのだと自慢げに話します。


>>ネタバレの続きはこちらから

112話ネタバレ【正太郎が骸獣という理由】

宇佐美は元々菊岡家の御用聞きヤクザ、梅宮組の組員だったそう——

そんな話をしていると、自分も詳しく聞かせてくれと言って梅宮が現れます。

梅宮の横には母がいました。


>>ネタバレの続きはこちらから

113話ネタバレ【アオハルの家へと向かった二人】

骸獣を早く滅ぼせと叫ぶ駿堂。

進之助が落ち着いてくださいと駿堂のもとに駆け寄りました。

アオハルの見た骸獣は確かに自分の息子の正太郎だと言います。


>>ネタバレの続きはこちらから

114話ネタバレ【アオハルの家族を襲ったのは…】

扉を開けるとそこには骸獣が。

咄嗟にアオハルは構え、月島は腰を抜かしてしまいました。

骸獣がどうしてここに?!と驚く月島。


>>ネタバレの続きはこちらから

115話ネタバレ【アオハルの反撃】

待っていたよ——と言って、アオハルの名前を呼ぶ骸獣。

アオハルも月島も、その声に聞き覚えがありました。

菊岡正太郎…と告げるアオハル。


>>ネタバレの続きはこちらから

116話ネタバレ【起き上がった秋彦】

HHCのタレント寮に避難してきた月島とアオハル。

二人はそこに住んでいるアオハルのチームメンバーに情報の共有を行いました。

月島が魔界で生きていたこと、謎の敵である菊岡正太郎のこと——そして先ほど骸獣の襲撃を受けたと言うことを話します。


>>ネタバレの続きはこちらから

117話ネタバレ【瘴気を欲しがる秋彦】

自分はタレントなのだと秋彦が言います。

そんな話一度も聞いたことがない!とアオハルが返します。

しかし秋彦は魔界に居た時に手術を受けたからタレント能力に目覚めているのだと大きい声を出します。


>>ネタバレの続きはこちらから

118話ネタバレ【秋彦ではない何か】

秋彦の口から出て来た骸獣の触手。

秋彦はアオハルの名前を呼びます。

そして秋彦はアオハルの横を通り過ぎ、後ろにいた千夏のもとへ向かいます。


>>ネタバレの続きはこちらから

119話ネタバレ【人類の中に埋め込まれたもの】

秋彦の姿のそれに触手で苦しめられるアオハル。

宙に持ち上げられ、秋彦は触手で締め付けられます。

苦しい声をアオハルが上げました。


>>ネタバレの続きはこちらから

120話ネタバレ【寝返った大橋】

菊岡正太郎に、大橋君と呼ばれた秋彦の姿のそれ——

秋彦ではなくそれは大橋が乗っ取ったものだったのです。

大橋は、はい!正太郎様と返します。


>>ネタバレの続きはこちらから

120話ネタバレ【大橋を殴るアオハル】

電柱から千夏を見ていた大橋ですが、力を入れ、蛙のような跳躍力で千夏の名前を叫びながら大橋は寮の部屋へと向かいました。

大橋は千夏の前へと着陸するとエッチしようと言い出します。

千夏は悲鳴を上げました。


>>ネタバレの続きはこちらから