十字架のろくにん63

この記事では、別冊少年マガジンで連載中の注目漫画

中武士竜さんの「十字架のろくにん」6巻に収録されている63話のネタバレと感想をお届けします!

十字架のろくにん 5表紙



←前話 全話まとめ 次話→



十字架のろくにん63話のネタバレ

要と漆間がホテルに入って行くのを目撃した人物——

それは純でした。

絶望したような表情を浮かべた純は、どういうことなんだと漏らします。

幼いころの純に声を掛ける、同じく幼い頃の要。

何か悩み事があるのかと純に要が尋ねます。

別に、と純は答えました。

せっかく双子に生まれてきたのだから、悩みは分け合おうと要は言います。

そんな要に純はありがとうと言って笑いました。

幼いころは何でもお互いのことを知っていた要と純…

しかし要が怪我されたあの日から、わからなくなってしまったのだと純は思っていました。

現場にいたのは要と漆間だけ——

問い詰めても二人は答えません。

だから自分だけがカヤの外だと思っていたのです。

要がおかしくなってしまったのは漆間が現れてからだと純は考えていました。

夜——

要の部屋に突如入ってくる純。

要はノックをしてよと告げます。

しかし純は何も話そうとしません。

どうしたのかと要が尋ねます——

純は昨日の夜、漆間と何をしていたのかと口を開きました。

要がそのことに動揺し、自分が何をしたって勝手だと言って純から顔をそむけます。

純は要の肩へと掴みかかりました。

本当のことを言ってくれと問い詰める潤。

要は漆間に脅されているんだろう——と。

要が離してと言っても純は話を聞きません。

何か弱みでも握られているのか——言ってくれたら自分がなんとかすると…

要は純に掴まれたところが痛く、純のことを突き飛ばします。

自分のことは放っておいてと言う要。

そして要は、純に向かって気持ち悪いと告げるのでした。

純は家を出て、一人で夜道を歩いています。

どうしてこうなったのか——何を間違えたのかと純は考えました。

要…と声を漏らす純。

自分たちは完璧な双子だったはずなのに、アイツ——漆間に洗脳されてしまったのだと純は考えます。

そして漆間を憎み、憎悪の表情を浮かべる純。

そんな純に声を掛けるものが——

白川純君?と尋ねられ、純は誰なんだと口にして振り返ります

そこに居たのは至極。

至極は自分の名前を名乗りました。

 

「十字架のろくにん」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

いつでも安く読みたい

サービス名 特徴
まんが王国 画像 毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
登録無料
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

 

十字架のろくにん63話を読んだ感想

まさかこんな展開になるとは思いませんでしたね。

純に至極が接触するとは…

純は要の兄弟だし、確かに漆間は簡単に殺したりはできないですもんね。

至極は要のことも知っていたからこそ純と接触したのかな?

純をけしかけて、漆間とぶつけようとするのでしょうか。

そうだとしたら、無実の人を殺して病んでる漆間はどうするのでしょうか。

また殺めてしまうのか、それとも漆間が痛い目を見るのか…

どういう結果になっても、要が再び傷つきそうな気がして怖いですね。


←前話 全話まとめ 次話→


お団子女の子

続きを無料で読みたい時はこちら

あわせて読みたい