明日、私は 誰かのカノジョ137

この記事ではサイコミで連載中の漫画、をの ひなおさんの「明日、私は誰かのカノジョ」137話のネタバレと感想をお届けします!

明日、私は誰かの彼女 9巻表紙
←前話 全話まとめ 次話→



 

明日、私は誰かのカノジョ137話のネタバレ

ぽぽろは新幹線の中にいました。

もうバシモトのことなんて前みたいに信じられないとぽぽろは思います。

今まで通りに推せる気がしない…と。

今日だって行かないつもりだった——けれどチケット代も勿体ないし、新幹線の用意もしてもらったから仕方なく行くのだとぽぽろは思います。

その上あの謝罪配信はなんだったんだと思うぽぽろ。

掲示板を見る感じ皆も納得していない…バシリスやってることを馬鹿にされるし、もう嫌だとと、ぽぽろは強く思うのでした。

隣に座っていた母親が、ずっとスマホばかりいじって…そんなにハシモトが好きなのかと告げました。

ぽぽろはバシモトだってばと言います。

それから自分はもう好きじゃないとも——

しかし母親は毎日ご飯の時もスマホを見て勉強もしてないし困っちゃうと言いました。

会場に入ったぽぽろ。

バシモトのペンライトを握りしめながら、お渡し会でバシモトに向かって担当を降りると言ってやるとぽぽろは思います。

そして——

スポットライトが輝き、ライブが始まりました。

メンバーが出て来て歌い始めます。

その空間はまるで輝いているかのようでした。

憤っていたぽぽろも、目を輝かせそれを見ていました。

メンバーは今日のライブに来てくれたお礼を言いつつ、謝りたいことがあると——

申し訳ございませんと言う言葉と共に、バシモトは頭を下げていました。

リーダーが、自分たちを応援してくれる子たちを後悔させないと言い、推してよかったと思われるようなグループにするから着いてきてといいます。

その言葉に拍手を送るオタクたち。

公演の終了——

みんな席を立って行きます。

ぽぽろの後ろを通った人達が、本物のバシモトがかっこよかったと話します。

スタイルもすごくよかった…炎上さえしてなければと言う声が。

話していたもう一人もそれに同意します。

炎上が怖くて推せない…と。

席に未だに座っていたぽぽろは、バシモトのことがどうしても信じられないと思います。

お渡し会に向かうぽぽろ。

しかし確かにライブは楽しかった。

だから降りたくても降りられないとぽぽろは思います。

スタッフが次の日とは前に進むようにと誘導します。

前に出るぽぽろ。

アクリル板越しに、ぽぽろはバシモトの前に立ちました。

ぽぽろは目を合わせることができません…

バシモトがぽぽろに、今日は来てくれてありがとうとお礼を告げます。

ぽぽろは、あの…と第一声を漏らすのでした。

 

「明日、私は誰かのカノジョ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料

ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

明日、私は誰かのカノジョ136話を読んだ感想

新幹線で来たぽぽろは都心から離れた場所に住んでるんですね。

母親に新幹線代出してもらったりついてきてもらったり、なんかまだまだ子供なんだなぁって再実感しました。

しかし本人に担当降りるって言うとかやばい。

別に言わないでもいいのに、怒ってますよアピールがしたいんだろうな。

そんなこと言われてもバシモトは困らないのに…むしろ害悪オタクとしか思われなさそう。

あとぽぽろはやっぱ中学生っぽい恰好で周りから浮いてたな~

配信で暴れてるキッズだって身バレしちゃわないのか不安です。

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きを無料で読みたい時はこちら

あわせて読みたい