魔王城でおやすみ270

この記事では少年サンデーで連載中・熊之股鍵次さんの「魔王城でおやすみ」270話のネタバレと感想をお届けします!

魔王城でおやすみ 20表紙

漫画「魔王城でおやすみ」を
お得に読むならこちらがオススメ!!

初回登録特典で500円分のポイント

100冊分に使える40%OFFクーポンがもらえる



←前話 全話まとめ 次話→


 

魔王城でおやすみ270話のネタバレ

姫はある日、催眠術での睡眠を試していないことに気付きました。

出張から帰って来たサンドドラゴン。

城が静かすぎることに気付きました。

すると場内で眠っているみんなを見つけます。

しかし姫がそこには——

この惨状は一体、と声を掛けに行くと…

姫は硬貨をぶらさげた紐を揺らし、催眠をかけます。

眠ろうとしたサンドドラゴンに、眠ってはダメだと頬をひっぱる姫。

あなたが催眠術をかけてきたんでしょとサンドドラゴンが返します。

そしてどうして、とサンドドラゴンは姫に事情を尋ねました。

催眠術で眠ろうと思ってから習得は簡単だったと言う姫。

しかし自分自身にはかけられなかった——だから誰かに教えて、掛けてもらおうと思ったのだと。

それで手本を見せていたら全員眠ってしまったと…。

姫は辛いと漏らします。

自分が催眠術の天才なのが憎いと姫は言うのです。

珍しい悩みだと言うサンドドラゴン。

そして残りはサンドドラゴン一人。

サンドドラゴンだけには催眠術を覚えてもらわなくてはならないと言う姫。

自分まで寝たら城が無防備になってしまう…一旦逃げようと思ったサンドドラゴンですが、紐で拘束されてしまいます。

サンドドラゴンは直接見せるのでは姫が参考にしたテキストなどを見せてほしいと言いました。

自分はフィーリングでやってるから…と答える姫。

しかし姫はサンドドラゴンは絶対に眠らせないと言います。

城が無防備になるのは困るから、と言う姫。

姫の考えを聞いて、これなら酷いことにはならないはずとサンドドラゴンは思いました。

しかしサンドドラゴンは手首と足首をまとめてうつ伏せのまま高いところに宙づりにされます。

寝たらロープを切ると言う姫。

ただの脅しじゃないかとサンドドラゴンは言います。

自分が死んだ多良元も子もないでしょと言うサンドドラゴン。

解いてくれと言っても、姫はできないと——

普通の状態なら寝ちゃうと思うから命の危険を感じ続けていてほしいのだと姫は言います。

冷静な人間の方が催眠術にかかりづらいから冷静にいて、とも姫は続けました。

そして姫は行くよ!と…。

待ってと口にするサンドドラゴンですが、この状況ならさすがに眠れるわけないはずと思います。

しかし——

うとうととするサンドドラゴン。

姫はサンドドラゴンにメントールを塗ります。

叫び、目覚めるサンドドラゴン。

それから二人は催眠術を繰り返しました。

心に迷いや悩みがあると催眠にかかりやすいのだと言う姫。

何か今悩みがあるの?と姫が尋ねます。

ミントまみれのサンドドラゴンはまさに今のことだと返しました。

お嬢の話とかなら聞くよ?と言う姫。

なんで今ここでお嬢の話になるんだとサンドドラゴンが返します。

そして再び催眠術習得が始めるのでした——

魔王城の皆に気持ちを綴るサンドドラゴン。

今自分は魔王城を守るために頑張っていると。

勇者戦の後、しばらく仕事をバックレてたことや、魔王様をさらったこと——それらは今回のこれで許してほしいと。

サンドドラゴンは紐を持ち、硬貨を揺らしました。

姫は催眠にかかって眠れます。

自分は姫のことを一人で寝かしつけることになった――それはこの城ではボーナスだと思うとサンドドラゴンは思います。

翌日、姫を寝かしつけることができると知って、魔王たちは数々の苦労が減ると喜びました。

しかし催眠での睡眠は質が悪く、姫には不評だったそう…

 

「魔王城でおやすみ」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分無料



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分無料

ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

魔王城でおやすみ270話を読んだ感想

催眠術ってこんなに簡単に習得できるものなの?って思ったけど、まぁ姫だから…って納得しちゃいました。

鏡に向かって術かけたらかかったりしないのかな?

しかしサンドドラゴン、ひどい目に遭いましたね。

宙づりにされたり、ミントをぬられまくったり…

あれはすでに拷問に近いのでは?って思って笑ってしまいました。

折角催眠術を習得したのに、姫は不評って…結局使うことがなさそうだけど、姫が暴れた時とかに眠らしちゃうのはいいのかもな。

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きを漫画で読みたい時はこちら

あわせて読みたい