二月の勝者116

この記事では週刊ビッグコミックスピリッツで連載中・高瀬志帆さんの「二月の勝者」116話のネタバレと感想をお届けします!

二月の勝者14巻表紙

←前話 全話まとめ 次話→


 

二月の勝者116話のネタバレ

12月27日、冬期講習前半も大詰めでした。

1月の前受校がほぼほぼ落ち着きそうだと言う黒木。

その一覧を講師陣に目を通すようにと黒木が告げます。

その時、佐倉がRクラスはほとんど「小学大九州」か「小学大四国」を受験するのだけれど過去問対策は必要かと尋ねます。

必要ないと答える黒木。

イレギュラーな事件などがなければ全員合格するだろうと——

全員合格と聞いて、佐倉は本当に?と口にします。

一月の前受学校では、普通に塾に通えている生徒であれば合格できるラインの学校があるのだと説明したはずだが…と黒木が言いました。

そもそもどうして一月の前受をさせるのか分かっているのかと確認する黒木。

本番慣れ、立ち位置の確認、合格して自信をつけさせる三つの理由だと佐倉は答えました。

1月受験では試験の結果や順位等のデータを公開する学校が多いと黒木が補足します。

だから模試代わり——と言いつつも、本番として受験ができる貴重な機会なのだと。

そしてRクラスのように、一番下のクラスは自信をなくしている生徒が多いため、この時期に必要な成功体験を与えることは必要なのだと黒木は言います。

更に黒木が受験料の話まで始めますが、もう聞かなくていいと桂がサクラに告げました。

佐倉は思いつきなのだけれど、今川理衣沙についてこの方法を試すのはありか——と提案します。

黒木は彼女に関してその案は良いと思うと賛同しました。

その後の授業にて。

過去問演習が行われます。

理衣沙は小学大九州の過去問にむぁい、溜め息を漏らします。

佐倉は授業開始10分前に理衣沙に声を掛けていました。

過去問演習で、自分の用意した過去問をやってみないかと…。

しかし理衣沙は、母親が吉女をやれとうるさいから困ると返します。

しかしここも大事な受験校だから、対策するように言われた——そう伝えてと佐倉が説得します。

小学大九州は安全校。

本来ならば対策をする時間を取るまでもない——

けれど、理衣沙の場合は…と佐倉は考えていました。

どう頑張っても無理な難関校の問題ばかりをやらされていた理衣沙。

だから、今の自分の実力で合格できるかもしれない学校を知ることは彼女を救うきっかけになるかもと佐倉は考えていたのです。

浮かない顔だった理衣沙は、問題がわかるとペンを進めることができました。

授業後、理衣沙は自己採点をし、合っているか見て欲しいと佐倉のところまでやってきます。

佐倉は解答を見て、ちゃんと合格ラインだと告げます。

理衣沙が頑張ってきた力で、合格をくれる学校はちゃんとあると佐倉は言うのでした。

その言葉に嬉しそうな理衣沙。

そんな顔をするほど、実力から遠い問題ばかりやらされてきたんだな…と思う佐倉。

全部落ちてしまうかもと言う恐怖とプレッシャーを抱え、意地を張ってきた理衣沙——今まで助けてあげられなくてごめん、と佐倉は思います。

彼女の手に合格を与えてあげるためになんとかする——そう佐倉は思うのでした。

授業後、進路資料を読み調べる佐倉。

その時、黒木が理衣沙はどうだったかと声を掛けてきました。

話を聞いて、プラスに働いたなら良かったという黒木

佐倉ならではの着眼点で引き続き注視をするようにと——

そして今後理衣沙の母親とは恐らくひと悶着、ふた悶着があるだろうと黒木が予想を口にするのでした。

そしてAクラスはどうプランを決めたかと桂に尋ねる黒木。

Aクラスは模試代わりにするのは同じで、1月の合否によって2月の作戦を練る役割にしていると。

だから2月の受験校に似た偏差値帯や、出題傾向のところを勧めたと言います。

生徒の性格を考えて計画を組んだのかと確認する黒瀬。

勿論だと桂は答えます。

性格によって合格自信に繋がったり、慢心になる子がいると——

不合格もまた然りであると桂が話します。

普段の生徒を見て、ある程度パターンを予想していてもその時にならないとわからないことも多いという桂。

もしマイナスの結果になったらどうするのかと佐倉が言います。

自信をなくした生徒にはさらに受かりそうな学校の受験を追加——

調子に乗った生徒は受からなそうな学校を追加するのだと…

桂と黒木が答えました。

そのことに佐倉は驚きます。

イイ感じに合格と不合格を一つずつ取らせるのだと言う桂。

自分は将来できる気がしないと佐倉が返します。

自分たちはプロだと言いたいけれど、中学受験は子供の数だけ違うのだと言う黒木。

だからお子さんを見てきたご両親から子供の些細な様子の変化などを連携し、臨機応変に併願プランを進めるのだと——

だからこそ保護者との関係は良好に、と言う黒木。

今までのような瞬間湯沸かし器は困るとも。

佐倉は気を付けると言います。

しかしどうやったら——黒木の冷静さはフェニックス時代に培ったのかと。

しかし黒木はフェニックスの保護者は落ち着いた人が多いから苦労したことがないと返します。

そう言った意味でも——中受塾以外の世界も知らなくてはと黒木が漏らしました。

そして今度はΩクラスの話をする黒木。

基本Aクラスの組み立て方と一緒だけれど、より戦略的にしなくてはと。

何故ならば、最上位クラスの1月の受験はお試しとは言えないデスロードなのだと黒木は告げるのでした。

 

「二月の勝者」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分1冊分605円→5円



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分550円→50円
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

二月の勝者116話を読んだ感想

合格して、調子に乗る子と自信がつく子がいるって…そりゃそうですよね。

相手は人間だから性格とか、その時のメンタルとかもあるだろうし。

でもそう言った性格の子たちに対して更に考えを練って受験をさせるってのがプロだなーって思いました。

お金も労力も沢山かかるだろうけど、今までしてきた子供たちの努力を考えたら仕方ないのかもなーってのもありますよね。

理衣沙が問題を解けた時の顔が嬉しそうでよかった…

何度もできない問題をやらされるのは不安だったんだろうなぁ。

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きの漫画で読みたい時はこちら

あわせて読みたい