二月の勝者117

この記事では週刊ビッグコミックスピリッツで連載中・高瀬志帆さんの「二月の勝者」117話のネタバレと感想をお届けします!

二月の勝者14巻表紙

←前話 全話まとめ 次話→


 

二月の勝者117話のネタバレ

最上位クラスの1月受験はデスロードだと言う黒木。

佐倉は的外れなことを想像します。

基本はAクラスと同じような立ち位置確認受験だけれども、それだけでは済まない事情があるのだと…

それはタイトルホルダー狙いの受験になりがち、と言うのが理由だと黒木が言います。

トップを目指す子は腕試しをしたがるのだと桂が補足しました。

地元のトップを取る前に、他の地域のそれぞれのトップ校と言うタイトルを取りたいのだと——

通学県内だけではなく、あわよくば関西…日本一を争うほど。

遠征して、灘を受ける子もいるのだと桂が言います。

しかし灘は本当に本当のトップクラスではないと受からないため、参加者は本気なのだと——

話がすごすぎてピンと来ないと言う佐倉。

そこまでしてタイトル取りをするのは、その学校が第一希望の子たちに申し訳ないと佐倉が漏らします。

黒木はきれいごとを語ってもクソの役に立たないと返しました。

いい加減そのことを別れと…

タイトルを狙うことで実力を伸ばす生徒もいる。

実際すでに特定の生徒にそのような発破をかけているのだと黒木が話します。

そもそも東京・神奈川でトップ校に合格できても、埼玉・千葉で敗北することはざらではないとくときは続けました。

いつも塾のトップの子たちが、不合格なのは想像以上の衝撃だと。

落ち込み、メンタルが崩れ、そのケアと2月の併願はどうするのか——

逆にやる気と学力を伸ばす起爆剤となるか…

どっちに転ぶかはわからないのだと黒木が言います。

どっちだとしても前受受験まであと10日。

自分たち講師陣が気を引き締めて挑むのは当然だと黒木は言います。

しかし世の中は浮ついている時期——雰囲気につられて浮つく生徒はゼロではないと…

生徒の気を緩ませないよう注視をするようにと黒木は二人に頼むのでした。

そして大晦日——

昼食中はわいわいと教室が騒がしそうでした。

今日の夜、テレビは何を見るかと言う話題で盛り上がる生徒たち。

それを佐倉はさりげなく聞いています。

そして佐倉は講師たちのもとへと戻り、生徒らは今夜観るテレビ番組の話題が出ていたと報告します。

アウト、と告げる黒木。

そして全クラス生徒を招集だと黒木は言い、木村先生に出番だと…

前生徒が教室に集まります。

騒がしかった室内を黒木が鎮め、伝えたいことがあると——

黒木は年末年始の過ごし方について話し始めました。

海斗に例えばどんなことがあるかと尋ねます。

海斗はテレビはみない、夜更かししない、いつも通りに過ごすことだと答えました。

しかし大晦日は推しのライブが!と騒ぐ者も…

黒木は視聴を禁止すると告げます。

どうして!と憤慨されるも、黒木は説明を木村に交代しました。

木村は自分も中学受験の経験者だと話します。

そしてアイドルオタクでもあると——

学生の頃は握手会に行っていたほどで、年末は大忙しだと目を輝かせる木村。

アイドルと年末の関係について木村は熱弁します。

自分がこんなんだから大友さんがライブを観たいのはわかると——

年末は面白い番組ばかりなのに、自分ばっかり…って思うのもわかると言う木村。

君たちの気持ちがわかるからこそ、間違えたことがあるのだと木村が話を始めます。

何年か前、木村は生徒からカウントダウンライブをたった二時間なら観てもいいよね…と言われました。

努力してきた子だし、同じ推しだったから二時間くらいなら大丈夫だろうと返したのだと。

しかしそのたった二時間のライブで彼は変わってしまったそう。

正月特訓で他がピリピリしているものの、彼だけがぼんやりしていたそう…

木村はそれが、今まで我慢していた分余計に頭が違う世界に持って行かれてしまったことがわかったのだと。

大みそかまで保っていた彼の顔つきが戻ることは最後までなかったのだと木村が話します。

だから自分は観てもいいと許可を出したのをずっと後悔していると…

生徒たちはそれを深刻な顔で聞いていました。

木村が話し終わった後、素晴らしかったと声を掛ける黒木。

これだけ脅せば大丈夫だろうと黒木が言います。

脅し…と言うことは話を持っているのかと佐倉が木村に尋ねました。

木村は事実だと答えます。

自分はこの仕事をしていく限り、このことを忘れることはないだろうと——

帰り道…

佐倉が歩いていると母親から電話がかかってきます。

年末年始は帰らないと告げる佐倉。

自分のお正月は教え子が全員合格するまでお預けだと、佐倉は話すのでした。

 

「二月の勝者」を無料または最安で読めるサイト一覧

文字のネタバレより、漫画で読みたい!絵を見ながら入り込みたい!
でも、一番安く…できればタダ読みしたい…という時は、電子書籍サイトを使うのがオススメです。

スマホで漫画が読める電子書籍サイトですが、初めての登録無料ポイントがもらえます。

このポイントを使えば、タダ読みすることも。

50%や70%くらいの割引クーポンをもらえることもあるんですよ。

サイトによって、もらえるポイントやサービス内容が全然違ってきます。
実際に比較しまくって絞り込んだ、良いとこ取りできるサイトをご紹介します。

とにかく安く読みたい!

サービス名 特徴
まんが王国 画像 登録無料
毎日来店ポイント
毎日最大50%還元
キャンペーンが多くてポイントがすぐ貯まる
ebookjapan 画像 初回50%OFF
初月10倍ポイント還元
登録無料

ぽる太ぽる太

スマホで読むなら、クーポン使わなきゃもったいないよね♪

好きな巻を無料で読みたい

サービス名 特徴
コミック.jp 30日間無料
初回1350ポイントもらえる
購入額10%還元

⇛2冊分無料

U-NEXT 31日間登録無料
初回600円分ポイントもらえる
⇛1冊分1冊分605円→5円



無料登録で500円分ポイントもらえる
初回50%OFF
100冊までOK)
登録無料

⇛1冊分550円→50円
ぱる太

無料登録すると2450円分無料で読めるってことだね

 

二月の勝者117話を読んだ感想

たった二時間で、彼は今までの努力すべてが無駄になってしまったんですね。

人間って集中力が切れると、そのままダメになっちゃうことがありますよね…

木村はどれだけ後悔したんだろうかと思います。

自分が観ちゃだめだよって言ってたらその子の人生は変わってましたもんね。

しかしこの話を聞いた生徒たちは、怖がってテレビを見なくなる子が多数でしょう。

信じていない子は二時間くらい…って思うのかもな。

でもその二時間、我慢することで努力が報われるのであれば我慢してほしいですね。

←前話 全話まとめ 次話→

 


お団子女の子

続きの漫画で読みたい時はこちら

あわせて読みたい